2012年6月24日 (日)

「セミ・クラシック」の巨匠、ルロイ・アンダーソンのこと。

2406121 とある時は、運動会のBGMで。
またとある時は、百貨店で。
そのメロディを聴く機会の大変多い作曲家ながらも、名前を聞いて「?」になる事が多いのが、このルロイ・アンダーソン(Leroy Anderson)ではないでしょうか。
ハーバードで音楽の教育を受けながらも 音楽家として活動するきっかけを掴めず、言語学者として大学で教鞭を執っていたのですが、とある時に大学の学生歌の編曲をやった事で ボストン・ポップスの常任指揮者だったアーサー・フィードラー(Arthur Fiedler)の目に止まり、コンサート向けのオリジナル曲を書くように依頼された…というのが、この人物の”作曲家”としてのデビュー(この時に作曲されたのが、「ジャズ・ピチカート/ジャズ・レガート」の二曲)。
その後、アーサー・フィードラー指揮ボストン・ポップス向けに数々の珠玉の名曲を発表し、それらは今でも ポップス・オーケストラやブラスバンドなどの「定番曲」として幅広く演奏され続けています。
正当な「クラシック曲」では無く、「セミ・クラシック(所謂、クラシックとポピュラー・ソングの”中間”)」という扱いを受けているせいか、その音楽をじっくりと聴かれる機会というのはそう多くはない印象なのですが、改めて聴いてみると、オーケストレーションの纏め方や和音の使い方など 心をぐっと掴む その豊かな”色彩感”に驚きます。
時計が時を刻む様子をウッドブロックで表現した「シンコペーテッド・クロック(Syncopated Clock)」、馬が雪上でそりを引く情景を鈴と鞭状の打楽器(ルーテ)で表現した「そりすべり(Sleigh Ride)」、猫の鳴き声をメロディに取り入れた「踊る子猫(Waltzing Cat)」、タイプライターのタイプ音を取り入れた「タイプライター(The Typewriter)」などなど ユーモア感溢れるメロディも特徴的で、時に「アメリカのヨハン・シュトラウス」と言われたりするのも納得…という感じです。
数あるオーケストラの演奏を聴き比べて見ましたが、個人的に一番しっくりときたのがアーサー・フィードラー指揮ボストン・ポップスの演奏で、元々 殆どの曲の初演がここで行われたという経緯から、やはり細かい所まで配慮が行き届いているという印象を受けます。
久しぶりにヘッドホンでじっくりと聴いてみたいと思った一枚でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

井上陽水「少年時代」

0709081 某KビールのCMでオンエアされているのをふと聴いて,思わずiTunesで購入。
日本の晩夏を強く印象づける曲調といい,思わず口ずさみたくなるメロディラインといい,やはり何度聞いても良いですな。

余談になりますが,古今東西を問わず「名曲」として歌い継がれている曲には,この筋のあるメロディラインが備わっていると思う訳で。
そういう意味で言ってみると,この曲「少年時代」もこれから歌い継がれて行くであろう”名曲”でしょう。

| | コメント (0)

2008年6月 4日 (水)

良い具合になってきた。

今年購入した STAXのコンデンサ型ヘッドホン・「SRS-2050A」ですが、エージングがきいてきたのか 良い音出し具合になってきました。
音の具合が良いと、やはり 積極的に音楽をかけようという気になります。
iPodなどの 「お気楽ポータブルオーディオ」が巷のメインになってきたご時世でも、自分がこういったピュアオーディオの世界に首を深く突っ込んでいる(?)のは、やはり何よりもリラックスして好きな音楽を聴きたいから。
「酔狂」、「趣味だからそこまでお金をかけられる」と言われればそれまでですが、自分のこだわりです。

| | コメント (0)

2008年6月 1日 (日)

On The Street Corner 3/山下達郎

クリスマス曲を集めた「Season's Greetings」を聴いて以来 すっかりファンになってしまった,山下達郎。
彼の’十八番’,「一人アカペラ」でお気に入りのナンバーを歌ったシリーズの第三弾であるこのアルバムを 密林で買っていまいました。
まだざっと流したばかりで じっくりとは聴き込んではいないのですが,時に「職人」と称される 凝った音作りはさすが!
彼自身のオリジナル曲である12曲目「Love Can Go The Distance」だけでも買う価値がありました。

0106081「On The Street Corner 3/Tatsuro Yamashita」

Warner/Moon WPCV-10032

| | コメント (0)

2008年5月31日 (土)

やっと手に入れた!

かなり前に図書館で借りていたく気に入り、ずっと欲しいと思い続けていたCDをやっと手に入れました。
そのCD自体は既に絶版になっており、手に入れるにはSecond Hand品しかなかったのですが(しかもプレミアム付き;)、この際問題なし!

3105081「Placido & Itzhark Together」ドミンゴ&パールマン”ダニー・ボーイ”
(東芝EMI TOCE-7552)

パールマンの色彩感豊かなバイオリンの旋律と,「三大テノール」プラシド・ドミンゴの深みのある歌声の掛け合いが大変心地よいです。
お気に入りは,一曲目の「トセリのセレナータ」と七曲目の「ホフマンの舟歌」,そして九曲目の「ダニー・ボーイ」。

スタンダードな歌曲が多いですが,「名手」がアレンジする”一品”は味わい深いと感じます。

| | コメント (0)

2007年8月15日 (水)

「You Raise Me Up」 by Secret Garden

フィギュアスケートの荒川静香選手が2006年オリンピックの時にテーマとして使用したり,某電機メーカーがTV製品のPRでイメージ音楽として使ったり,また 最近ではTVドラマ「白虎隊」のテーマでも使用されたり…と,最近 日本で知名度の高い ケルティック・ウーマン(Celtic Woman)の「You Raise Me Up」ですが,このオリジナル版をダウンロード購入して聞く事が出来ました。

…最近,気分の浮き沈みが大きい所為なのかも知れませんが,何だか無性に泣けてしまった…。
出だしの哀愁を帯びたバイオリンの独奏,シンプルながら何処までも深くて透明度の高いピアノ,そして 繊細な男性のヴォーカル。
この曲が持つ世界観や雰囲気を十二分に表現しきっている意味で,このオリジナル版の方がCeltic Woman版よりも個人的には好きだと感じました。

ちなみに,この曲を最初に発表したのは,ノルウェー人の作曲家とアイルランド人ヴァイオリニストによるニューエイジミュージックグループ「Secret Garden」。
他にも色々試聴してみて気になった曲があるので,CDを買ってじっくりと聴き込んでみたいと思います。

| | コメント (2)

2006年3月30日 (木)

槇原敬之「遠く遠く~'06ヴァージョン」

先日ネットサーフィンをしている折に、NTT東日本の企業CMとして使われているこの曲のPVを配信しているサイトに辿り着きまして、暫し聞き惚れてしまいました。
いい曲です。故郷を離れて新しい生活を始めた人の想いが良く伝わってくるというか… マッキーを一躍有名にした「どんなときも。」や「もう恋なんてしない」もそうでしたが、こういう曲はやはり彼にしか歌えないんだろうなぁ。
Gooの音楽ダウンロードサイトでこの曲が限定ダウンロード販売されていたので、速攻購入してしまいました。

この曲を聴いていると、2年前の6月 左も右も分からない状態で遠い異国・ドイツへ赴任してきた時のことが鮮明に思い出されてきます。

長年住み慣れた実家を離れたとき、後ろ髪を引かれる気持ちになったこと。
フランクフルト行きの飛行機が成田を離陸する時、感極まって泣きそうになってしまったこと。
フランクフルト空港で外国へきたことを実感し、心躍らせたこと。
デュッセルドルフのホテルに着き、これから始まる一人ぼっちでの生活を思って心細くなってしまったこと。

こちらでの生活にすっかり(?)慣れた今から思い返してみると、何とも恥ずかしい限りなのですが(笑)「初心忘るるべからず」というか… 今一度、出発点の自分をたまに振り返ってみるのも良い事だと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

最近の、”リバイバル” お気に入りの曲

10年ほど前に初めて聴いて気に入った曲なのですが、最近 また自分の中で”リバイバルヒット”しまして。自宅で頻繁に聴いています。

「パーフィディア(Perfidia)」: 国府弘子(P) / 天野清継(G)
アルバム「ヘヴン・アンド・ビヨンド…」(Victor)

ジャズピアニストの国府弘子さん、そしてギタリストの天野清継さんの二人によって結成されたコンテンポラリー・ジャズ・プロジェクト。お二人の苗字の頭文字を取って「”天国”プロジェクト」とも呼ばれていました。 ギターとピアノの優しいかけあいが、聴いていて心地いいですね。

この「パーフィディア(Perfidia)」ですが、元々はメキシコのボレロが原曲。有名なジャズピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバがレパートリーとして取り上げていることでも知られています。
「”天国”アレンジ」された この「パーフィディア」は、ピアノとギターをメインに シンプルかつ透明度の高いイメージ。 一枚目のアルバム「ヘヴン」に収録されていた曲「モネ」に共通する所があるような気がします。

この「天国プロジェクト」は、二枚のアルバムを送り出した後  ”散会”となったのですが、もう一回復活して欲しいな、と切に願わずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)