« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月29日 (水)

全てが終わった。やっとGWだ!(新鶴見機関区)

世間では 既にゴールデンウィークが始まっていますが…昨日に引き続き、この近くの場所に 丸一日拘束されていました。

内容は明かせませんが、緊張感あり、退屈でもあり、…個人的にあまり愉快な一日では無かったのですが、こんな写真が撮れたから、まあ 良しとしましょうか。
 
これで、やっと全てを終わらせる事が出来ました。
心置きなく連休に突入できます!
 
2904151 2904152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

”ブルーモーメント”に佇む、電気機関車。(新鶴見信号場)

急に出張が必要になりまして、朝一番の特急列車で群馬を後にし 古巣(?)の東京へと向かいました。

このまま、GWの終わりまで 9日程、東京に滞在する事になります。
 
夕方、出先での一枚。
ここへ来たのは 恥ずかしながら初めてになりますが、桃太郎(EF210形)とか金太郎(EH500形)とか、はたまたPF(EF65形2000番代)に牛乳パック(EF64形1000番代)… 轟音を上げてうろうろしている機関車達を見ているだけでも面白い場所ですね。
今まさに発展を遂げようとしている武蔵小杉の高層マンション群をバックに、ブルーモーメントに佇む 愛知機関区所属のEF64を狙ってみました。
 
2804151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

赤羽駅の205系ハエ28編成。

知り合いのカメラマンの方の写真展に行く時に乗った埼京線でしたが、まさか205系(ハエ28編成)に当たるとは思いもせず…(笑)
沿線では、カメラを持った鉄ちゃんの姿を多く見ましたが…205系が注目される存在になるとはねえ…。
それだけ、首都圏では貴重な存在になったという事でしょうか。
 
2604151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

上毛電気鉄道大胡列車区 サプライズ(?)見学。

仕事が押してしまい、最終の特急列車に間に合わず…やむを得ず 土曜の朝に帰京を延期する事にしたのですが、そのまま戻るのも面白く無いので、”寄り道”をする事にしました。
考えたのが、上毛電鉄で中央前橋駅まで行き、中央前橋~JR前橋駅前までバス、前橋~高崎まで両毛線、そして高崎~東京の最寄り駅まで湘南新宿ライン &山手線 という”大回りルート”。
時間とお金も余計かかりますが…たまにはこういうのもいいでしょう。
途中、翌日の日曜日にイベントが開催される予定の大胡駅の様子が気になり、途中下車して軽く写真を撮って行くことに。
”大事”にするつもりは更々無く、ホーム上、または敷地外から適当に数枚パチって早々に”さよなら”するつもりだったのですが…列車区の職員の方から「工場、見学していくかい?」という 有難いお声掛けを頂きまして…気づいたら数百枚撮るほど 撮影にのめり込む羽目に、、、(笑)
明日 臨時で本線を走る予定の”上州の野武士”こと 「デハ101号」をはじめ、元東急の「デキ3021号」、静態保存中の「デハ104号」、群馬県の文化財にも登録されている建屋に工場設備…魅惑の被写体てんこ盛りで、感激ものでした。
そう言えば、静態保存中のデハ104号ですが、説明して頂いた職員の方によると、「電装解除してしまったので”デハ”としては最早機能しないが、”クハ”としては使えるように整備をした」との事。
そう言えば、塗装も新品かと見紛うほど綺麗です。
車籍が無いので、現状 本線上を走ることは出来ませんが…ひょっとすると、車籍復帰して「デハ101」とコンビで本線上を再び走る可能性も…??
「その可能性もあるかもねー。」
・・・大いに期待して良いですか??
齢86(!)という 博物館アイテムモノの車両を今だ以って稼動状態に維持し続けるノウハウもさることながら、この 上電生え抜きの車両達に対する情熱と愛情(?)を垣間見たようで、嬉しく思いました。
「少子化」という問題に直面し、上電を取り巻く環境は決して良くはありませんが…沿線で(平日のみですが)生活している人間として、これからも応援して行きたいと思っています。
枚数が多いので、ブログ上に写真を全てアップするのも辛く… Google上にWebアルバムを作ってアップロードする事にしてみました。
下のリンクをクリックして御覧ください。
(※写真は、全て職員の方の了解を得て撮っています。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

旬の花、あれこれ。

お昼時の”お散歩フォト”から。
良く行く蕎麦屋さんでは、フジの花が見頃を迎えていました。
気づいてみれば、もうそんな季節になっていたんですねえ。
毎年の様に行っている、「亀戸天神社」の藤棚が気になる頃合いですが…間に合うかなあ。

2404151 2404152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

桜は去り、ハナミズキやツツジへと移り変わる。

山桜も終わりを迎え、今度は、ハナミズキやツツジが咲き出しました。
近場の鉄道沿線も、こんな感じ。
花粉症がちょっとキツいですが(苦笑)お昼の散歩が楽しい、今日このごろです。

2304151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

まだまだ楽しめる、東京の桜。(2)

ソメイヨシノや枝垂れ桜と比べ、あまり注目される事の少ない(?)八重咲きの品種ですが、これも桜。
ソメイヨシノが葉桜になってしまった今、代わりに存在を主張していました。
(左):豪徳寺 (右):世田谷松蔭神社

1804152 1804153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ楽しめる、東京の桜。(1)

今日は、用あって小田急線経堂駅の方に行ったのですが、その道中、松蔭神社で目にしたもの。
ソメイヨシノのシーズンは終わってしまいましたが、「桜」はまだまだ楽しめますねぇ。
Stylus1sのテレ端、最小接近距離まで近づいての撮影ですが、なかなかいい感じのボケ味。

1804151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

夕暮れ時の「山桜ウォッチング」。

一週間の業務を終え、東京に戻るべく 駅で特急列車を待っている合間の一枚。
それは、見慣れたはずの「いつもの風景」ですが、換算300㍉の望遠で覗いたそれは また違ったものになりました。
奥の山に咲いている山桜が、またいい感じ。
こういう「花見」も良いですねえ。

1704151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

お馴染みの場所で、久々”昼練”。

いい天気だったので、久しぶりにこの場所に立ってみようと思い立ちました。
奥の山々、新緑に包まれて瑞瑞しい色に染まりつつありますねぇ。
しかし、この「水族館ラッピング編成」、遭遇の頻度が高い気が…。 

1604151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

若葉萌ゆる山肌に、山桜咲く。(with Stylus1s)

今日の昼練から、一枚を。
若葉萌える山に、所々 山桜が咲いているのが目に入りました。
人工的に植えた桜並木も良いけれど、こういう感じの「桜」も趣があって 個人的には好きですねえ。
Stylus1sで撮りましたが、フルサイズ換算:28-300mm f2.8(!)という条件が使えるのは有り難い。
画質も ほぼ不満ないですしね。

1504151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

桜を追って、再び奥多摩へ。

今年はタイミングの都合上、あまり桜を撮り歩く事が出来ず…
ちょっと寂しいので、移動可能な範囲で桜がまだ咲いていそうな場所は無いかと思い、先週に引き続いて青梅以西へ足を運ぶ事にしました。
この辺のソメイヨシノは散りかけ、ヤマザクラは丁度今が見頃でした。
葉と花が出るのが同時、という性質からか、ソメイヨシノに比べて人気はイマイチの感がありますが…この野性味溢れる咲きっぷりも魅力的だと思うんだけどなあ。
江戸時代以前は、「桜」と言うと決まって この山桜の事を指すのが一般的。
駆け足で咲いては散ってしまう ソメイヨシノの慌ただしさと
比べ、ちょっとずつ咲いてくれる「気の長さ」も、また奥ゆかしい。

1204151 1204152 1204153 1204154

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

205系ハエ28編成@十条駅。

久々に見た、埼京線の205系ハエ28編成。
色はくすみ 帯は痛み放題で運用されていたこの編成も、先日施工されたリフレッシュ工事で見違えるように綺麗になっていました。
この調子だと、まだまだ走ってくれそうですね。
いつもは 新宿や大崎等で撮ることの多いハエ28編成ですが、ちょっと違った風景で撮ってみたくなりまして、用事ついでに十条まで遠征(?)してみる事に。
駅ホーム端が 踏切の直ぐそばまで来ている条件を活かし、道行く人たちと絡めてみました。

1104151 1104152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

春真っ盛りのわたらせ渓谷線へ。(2) with DP1 Merrill

サブカメラ「SIGMA DP1 Merrill」によるカットをご紹介。
Stylus1sのようにデジタルフィルタを使ったりせず、「ありのまま」を撮るように心がけました。
一般的には、暴れグセがあって 使いこなしにコツが要る、と言われているFoveon機ですが、「当たった」時の目が醒めるような絵は、やっぱり気持ちが良いもの。
一枚あたりのデータ量が凄くて、非力なCPUのマシンでは現像に難儀しますが…

09041511 09041512 09041513 09041514

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春真っ盛りのわたらせ渓谷線へ。(1) with Stylus1s

午前中は通院の予定で半休としていたのですが、予約の時間まで少し余裕があった事から、何か出来ないか…と考え、わたらせ渓谷鐵道 神戸駅まで乗り&撮りのプチ旅に出かけることにしました。
大間々以北の桜と花桃は今が盛り。短いながらも ゴージャスな沿線風景を満喫することが出来ました。
手持ちの機材は、「SIIGMA DP1 Merrill」と「Olympus Stylus1s」の二台だったのですが、今回は Stylus1sによるカットをご紹介。
天気が思わしくなく、普通に撮るとイメージがちょっと暗めになってしまうので、明るめの露光+「ファンタジックフォーカス」で ちょっとゆるーくしてみました。
必ずしも時系列順となっておりませんが、ご容赦ください。

0904151 0904152 0904153 0904154 0904155 0904156 0904157 0904158 0904159 09041510

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

季節外れの降雪。

「冬の戻り」と云いますか…4月にしては異例の、雪が舞う一日となりました。
気温も、群馬では恐らく氷点下近かったでしょうか。
汗ばむ陽気から一転してこれですから、身体がついて行かず 風邪を引かないか心配になります…。
もう少し早いと ソメイヨシノと雪のコラボを楽しめたのですが、そう都合良くは降ってくれませんねぇ。
雪の降る様子を撮っておこうと、お昼のついでに ここへ来てみましたが…雪を写し込むのは 意外と難しい。

 

0804151 0804152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

5年ぶりに再会、青梅・梅岩寺の枝垂れ桜。

天気に恵まれず、今晩の皆既月食は結局 見ることは叶いませんでしたが…5年ぶりにこの枝垂桜と再会することが出来たから、まあ良いか。
衝動的に青梅特快に飛び乗っての訪問でしたが(笑) 撮ろうと思って撮るとあまり良い”出会い”の少ない自分なので…こういう”気紛れ的撮影スタイル”の方が性に合っているのかも知れません。
二枚目は、絵にアクセントを付けてみようと思い、手前にミツバツツジの紫色のボケを入れてみました。
晴れの日に撮るのがネイチャーモノ撮影の基本(?)ですが、コントラストが高くなるのを嫌い、敢えて曇りの日に狙うという方法もあります。
こんなアングルも、そんな”一例”じゃ無いかなあ…と(個人的には)思っているのですが…スミマセン、所詮はド素人の手前勝手な判断です。。。

0404151 0404152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

辛うじて間に合ってくれたか…な?(目黒川河畔の桜)

帰京の道中、毎年のように来ている ”定番”の桜撮影ポイントに立ち寄って見ることにしました。
あぁ…ちょっと遅かったですかねえ。。。
開花が数日遅かったら丁度良かったかも知れないですが…”なまもの”だけに、こればっかりはどうにもならないですよねえ。

0304151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

もう動かない、「わ89-302」。

「ながめ余興場」で夜桜を楽しんだ帰り道。
先週末に引退したばかりの「わ89-302」ですが、「わ89-101」と連結され 静態保存に入っていました。
てっきり、ミャンマーなどに売却されて”第二の人生”を送るものと思っていたのですが…。
しかし、先週まで毎日のように元気に走り回っていた車両が ある時を境にこうなってしまうとはね…。
仕方の無い事ではありますが、何とも切ないものです。

0204153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大間々・「ながめ余興場」の夜桜。

こっちの桜もいい感じになって来たので、どこか 近場で夜桜見物の出来る所を…と探していたら、同僚の女性(※生粋の群馬人)より こんな場所があるよ、と教えられまして。
わたらせ渓谷鐵道 大間々駅の裏側にこういうものがあるとはついぞ知らなかったのですが…昭和10年代の建築とは、結構歴史のある場所なんですねえ。
東京の夜桜見物は、人混みと酔っ払いといちゃつくカップルとの闘い(笑)なんですが、ここの桜は人出もそこそこ。
三脚を使ってゆっくりと桜と語らうことが出来ました。
うむ、良いアフターファイブだった。

0204151 0204152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »