« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月25日 (日)

Stylus1sで”バリ鉄風味”。(Shibuya Hikarie号)

機材は思いっきり”お気軽お散歩モード”ですが、迫力ある絵作りを最大限心がけてみました(笑)
換算300㍉の画角って、思いの外 使う機会が多いですね。

来週はいよいよ、久しぶりの海外出張。
抜かりの無いように、しっかりと準備していきたいと思っています。

2501151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

本日の「ラブジョイ彗星」(with Stylus1s)2

22時頃の空に見えた、「ラブジョイ彗星(C/2014 Q2)」です。
追尾撮影用の簡易赤道儀を使い、更に 振動を避けるため、スマートフォンを使って離れた場所からリモート操作をしています。
空が光害で明るいのが泣き所(?)ですが、でも これだけ撮れるって凄いよね。

2401152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿不夜城。(埼京線 205系ハエ28編成)

知り合いの方々によるグループ写真展を見に、新宿へ足を運びました。
今週末は、これを見る為だけに帰ってきたようなもの。
ここ最近、鉄道写真に対する”熱”がちょっと冷めかけていただけに、個人的にも良い刺激(?)になったかと思います。
 
新宿を去る間際、駅撮りではありますが、ちょっと軽く”一鉄”して行くことに。
久しぶりに出会った、埼京線の205系(ハエ28編成)です。
この光景は既に過去のものになったと思っていたのに。
まだ見られるとは、これまた奇跡か、はたまた、何かの偶然か。
灯りが点り 「不夜城」となった新宿を後にし、赤羽へ向けて走り去って行きました。
 
2401151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

予期せぬ”遭遇”。(上毛電鉄デハ101号)

いつもの様に行きつけの蕎麦屋でお昼を食べ、その後 近くのドラッグストアでちょっと買い物を…と向かった先でバッタリと出会ってしまった光景。
ゑ…何でこの車輌が今日動いてるの??
あんまりな出来事(?)に アドレナリンが一気に沸騰してしまった事は言うまでもなく(笑)
偶然、Stylus1sを持って出かけていた事も幸いしました。
上毛電鉄 開業当初からの生え抜きである「デハ101号」… 以前出会ったのが2009年の秋ですから、実に6年ぶりの再会になりますか。
製造年が1928年(昭和3年)なので、今年で実に齢86。
本線を走行出来る状態に維持できているこの世代の車輌は、記憶の限りですと(機関車を除けば)皆無… 今だ以ってこの状態に維持できている事が「奇跡」とすら思えます。
末永く走ってくれるといいなあ。

2301151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

本日の「ラブジョイ彗星」(with Stylus1s)

隣町にある電化量販店でモバイルWiMAXルータの機種変をした後、偶然(?)見つけたとっておきの”星見処”で 暫し星空観察。
この日は丁度新月に当たるため、こういう機会にはもってこいです。
…と言っても、こっち(群馬)には 星空撮影を十分に行うだけの手持ち機材がなく、ダメでも可能な限り足掻いてみる他は無く…
注目?の彗星・C/2014 Q2(Lovejoy)は、プレアデス星団の近くを過ぎて なおも疾走中。
まだまだハッキリと見えますねぇ。
機材は「オリンパス Stylus1s」を使いましたが、このカメラの実用になる感度は、RAWだとISO3200辺りが限界だな…。
それでも、一昔前のコンデジの実力を思うと それでも「凄いじゃないか!」と褒められるべきものなんですけれどね。
 
2001151 2001152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

久しぶりの「Shibuya Hikarie号(4110F)」。

出張の準備などもあり、結局あまり出歩く事が出来なかった…。
まあ、仕方ないですね。こんな機会、一年に数回 あるか無いかですから。

昼過ぎ、出かけたついでに、線路際で”一鉄”。
久しぶりの「Shibuya Hikarie号(4110F)」です。
電車に乗っているとあまり感じませんが、見慣れたここも結構凄い急勾配なんですねぇ。
東横線は戦前の一時期、何と気動車が走っていたそうですが(電気代の節約目的だそうで…)、当時の非力な車輌じゃ ここの坂を乗り越えるのは相当難儀だったろうな…と思います。

1901151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

今晩の「ラブジョイ彗星」。

今週はあれこれ忙しくて、群馬ではあれ以降 一回もカメラのシャッターを押す機会が無かった…。
ま、撮るようなものも無かったんですけれどね。
それと、正月明けにチラリと触れた出張の件、期待に反して(?)呆気無く承認が下りてしまいまして… 2月の初めの週から一週間ほど 日本を離れる事になりそうです。
初ベトナム、初中国(上海)という事で、期待半分不安半分、という所ですが…さて、どうなることやら。

閑話休題:
帰京してすぐ、ベランダからカメラを空に向けてみることにしました。
今日時点の「ラブジョイ彗星」は、丁度プレアデス星団の丁度真下辺りまで移動していました。
心なしか、徐々に暗くなってきている様に見えました。
この彗星が再び回帰するのは 8000年以上後とか…。
宇宙の時間軸から考えると 「またすぐ」なのでしょうが… 実に貴重な出会いなんですよね。我々人間にとっては。

1701151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

Stylus1sで「ラブジョイ彗星」を撮ってみた。

日が変わる頃 仕事場のある群馬県に到着したのですが、透明度の高い素晴らしい夜空に気づきました。
おまけに邪魔な月も無く、これは 星空の写真撮る絶好のチャンス!…とばかりに、ちょいとお手軽撮影。
これは一種、”病気”ですなあ…(笑)
今週の手持ちのカメラはQ7とStylus1sなのですが、今回は手に入れたばかりの後者を使ってみました。
1/1.7型という 小さな撮像素子を持つカメラ故、こういうシチュエーションにおいてあまり多くを期待していなかったのですが…おぉ、結構撮れるじゃないか。
LPFの透過特性の影響か、オリオン大星雲の特徴的な赤色は殆ど出ていませんが、反面、ラブジョイ彗星の翡翠色はよく出てくれますね。
 
1301151 1301152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

久しぶりの、都庁展望台からの眺め。(with オリンパス Stylus1s)

久しぶりに、東京都庁舎南展望台へと足を運びました。
南展望台は17:30でクローズとなってしまうため、日没後の夕景写真を撮ろうと思うとこのシーズンしか撮れないのです。
(去年は、天気に恵まれず 失敗しました…)
狙おうと思っていたのは、眼下に広がる街の灯がぼちぼち点き出す このタイミング。
日中だと 雑然として薄汚れた部分がどうにも気になって仕方が無い 都会の風景ですが、夜景は一転して幻想的な雰囲気。この落差が良いですなぁ。
 
今回、新しく導入したてだったコンデジ「オリンパス Stylus1s」の実力を測る目的も兼ねていましたが、流石 今どきのコンデジ、画質に関しては余り 言う事が無いです。
フルサイズ換算:28-300mm f2.8(!)というレンズは ワイド端からテレ端までしっかりとした描写。実に使えるカメラだと思います。
 

1201151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

こんな場所にも「富士見の橋」が。(大岡山)

電車の車窓から偶然気づきまして。
地元民のくせに、知らない事が案外多いものだと痛感しました(苦笑)
空を伝う送電線がチョイと邪魔ですが、東京において この眺めは貴重なものだと思います。

0901151 0901152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

今夜の「ラブジョイ彗星(C/2014 Q2)」。

今晩の「ラブジョイ彗星(C/2014 Q2)」です。
折角なので、オリオン座と”ツーショット”で、パシャリ。
ごくかすかではありますが、彗星らしい”尾(テイル)”も見えていますねえ。

明日は通常勤務日ですが、パスポートの更新を申請しに東京都庁の旅券課まで行くので 一日お休みを取る予定です。
4連休!やった! 正月休み、再びです(笑)

0801151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

極大を迎える「ラブジョイ彗星(C/2014 Q2)」。

月明かりに強風、と 条件はあまり好ましいものではありませんでしたが、彗星「C/2014/Q2(Lovejoy)」にカメラを向けてみました。
オリオン座が目印になるので、実に探しやすいこと(笑)
今日前後が 明るさの最大になる予想だそうで…そう言えば、2日の頃と比べると コマがよりハッキリと見える感じが。
冬で空の透明度も申し分なく、この彗星のウォッチを暫くの間続けて行きたいと思います。

0701151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

仕事始め、終了。(ブルームーン)

仕事始め、何とか無事に終了しました。
正月休み中に積もった仕事を片付けるのに いつも四苦八苦するのですが…
そう言えば、2月の初めに お客さんの用でベトナム・中国に出張する事になりそうです。
久しぶりの海外行きで、嬉しさ半分不安半分(恥ずかしながら、アジア行きは初めてです。。。)なのですが… さて、どうなる事やら。
パスポートの有効期限が去年の5月で切れていることに気づいたので、まずは 急いで更新しに行って来ないとダメですね。

閑話休題:
今日は、満月の日。
アパートに帰ってから、カメラを向けてみることにしました。
湿気のせいか、霧?が出ているようで、お月様は薄っすらとしたヴェールをお召しでした。
ただ撮るだけでは面白く無いので、ホワイトバランスを思い切って「電球」にしてみたのですが、こんな”ブルームーン”も悪くない、かも。

0501151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

久々に来た、池上本門寺にて。

お詣りのついでに、お気軽撮影などを。
気づいてみれば、正月休みも最終日となっていました…。
明日からは、また 数字に追いまくられるうんざりするような毎日の始まり。
どうしてこうも、せわしないのかねえ…

0401154 0401155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔の顔に戻った”ダイアモンドカット”。(東急7600系)@池上

当初3編成あった7600系も、気づいて見れば、残す所あと 一編成。
昨年末、あの珍妙な「歌舞伎塗り」が剥がされ、往年の懐かしいスタイルが今に甦りました。
改造種車となった7200系に学生時代 散々お世話になった自分としては、懐かしさで涙が出そう…。
元日比谷線直通用の1000系が再改造の上 池上線・多摩川線系統に続々投入されている現状を鑑みると 現役を張れるのはあと僅かでは、と思っているのですが…長く走ってくれるといいなあ。
池上本門寺への散歩の途中でしたので、機材は軽量の「ペンタックスQ7」でしたが、フィルターをかけて ちょっと「懐かしい」感じに仕上げて見ました。

0401151 0401152 0401153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

初詣&近場の散歩。

九州に戻る妹夫婦を見送った後、約束した通り、お昼ついでの初詣へと出かけました。
人混みが嫌いだの何だのと良く文句垂れてはいますが(笑) 年の始めくらいは一応”験担ぎ”をしておかないとね。
道すがら、一枚くらいでも良いから何か撮れるといいなー と思い、お散歩カメラ一式をバッグに入れておいたのですが…ネタが見つかること見つかること(笑)
三ヶ日位は写真くらい忘れたらどうだ?…と自分自身に言いたくなりましたが、これは”性(さが)”だから 止められないんでしょうねえ。多分、、、。

0301151 0301152 0301153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

久しぶりの「富士見の橋」より。

午後外出したついで、久しぶりに 上野毛(世田谷)の「富士見の橋」へ行ってみることにしました。
頂上付近は天候が不安定だったようで、雲がかかったり取れたりを短時間でくり返し、辛うじて”富士山の形”で撮れたのは、この一枚だけ。
お富士姫は、相変わらずの気まぐれぶりで撮影者をやきもきさせてくれたのでした…。
しかし、久しぶりにここに立ってみてショックだったのは…何なんだこの邪魔っけなビルは?!
富士山の方向を障害物無しで眺められる貴重な景観だったのに、ぶち壊しな事この上ない。
「そびえ立つクソ建てんな!」と 開発元に文句の1つや2つ言ってやりたい気持ちになったのは、恐らく自分だけじゃないはずなのですが…。
 
0201152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

元旦の”撮り染め”。(C/2014 Q2)

本年もよろしくお願い致します。

年の初めの日は、いつもだったら午後から初詣へ行く事にしているのですが、今年は後日”食事会”も兼ねて散歩のついでに行く事にしているので、本日は何処にも行かず、家で大人しくお片づけ(笑)
その代わりと言っては何ですが、夜 カメラと三脚を持ちだし、空へレンズを向けてみることにしました。
光害著しく、また 月が出ている為、観察の条件としてはあまり好ましいものでは無かったのですが…目的はこれ、「C/2014 Q2(ラブジョイ彗星)」。
2013年の「ISON彗星(C/2012 S1)」と「ラブジョイ彗星(C/2013 R1)」以来の ”はっきりと見える彗星”では無いですかねぇ。
これから2月にかけて近日点を通過し より明るくなる事が期待されているので、 これからちょっと楽しみです。

0101151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »