« 最後の賑わい。(吾妻線・川原湯温泉駅) | トップページ | ”過去”と”未来”の分岐点。(吾妻線・長野原草津口駅) »

2014年9月23日 (火)

群馬県の最西端にある駅。(吾妻線・大前駅)

大勢のお客を乗せた列車は快調に山を登り続け、約30分後に終点の大前駅に到着。
前回ここに来たのは2009年の10月でしたから、実に5年ぶりの訪問です。
一見 変化が無さそうに見える駅でしたが、良く見ると駅名板がクラシックなイメージのものに取り替えられているなどそれなりに手が入れられているんですねえ。
折り返しの高崎行きが発車するまで20分余りと時間的な余裕が無く、周囲を散歩する事は叶いませんでしたが…”記念撮影”という事で、停車中の115系をパシャリ。
長らく活躍してきた115系もいよいよ世代交代の時が刻一刻と近づいているようで、こうやってじっくりと撮れるのも 案外今回が最後になってしまうのかも…。

23091411

|

« 最後の賑わい。(吾妻線・川原湯温泉駅) | トップページ | ”過去”と”未来”の分岐点。(吾妻線・長野原草津口駅) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/60718901

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県の最西端にある駅。(吾妻線・大前駅):

« 最後の賑わい。(吾妻線・川原湯温泉駅) | トップページ | ”過去”と”未来”の分岐点。(吾妻線・長野原草津口駅) »