« 群馬県の最西端にある駅。(吾妻線・大前駅) | トップページ | 「世界遺産登録」で勢いづく、上信電鉄。 »

2014年9月23日 (火)

”過去”と”未来”の分岐点。(吾妻線・長野原草津口駅)

折り返しの高崎行きとなった列車は山を下り始め、ここ 長野原草津口駅で暫し小休止。
折角の機会なので、川原湯温泉方面のホーム端へ行ってみる事にしました。
左側が二日後に役目を終える旧線、右側が10月から列車が走り始める新線。
車窓の風景も、線路付け替えを機にガラリと変わるんでしょうねえ。
新線の車窓の風景を確かめに、後日再訪して見ようと思っています。

23091412

|

« 群馬県の最西端にある駅。(吾妻線・大前駅) | トップページ | 「世界遺産登録」で勢いづく、上信電鉄。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/60719776

この記事へのトラックバック一覧です: ”過去”と”未来”の分岐点。(吾妻線・長野原草津口駅):

« 群馬県の最西端にある駅。(吾妻線・大前駅) | トップページ | 「世界遺産登録」で勢いづく、上信電鉄。 »