« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月28日 (土)

孤軍奮闘!最後の埼京線205系(ハエ28編成)3

本日の運用に充当された、埼京線205系(ハエ28編成)。
先週と同じ、「05」運用でした。
ここずっと、①土曜日だけ ②05運用…というのが変わらぬポジションのようですが…何でこういう充当になるんだろう?(^_^;)
今回は、かつて仕事の”ホーム”としていた大崎で この編成の走る姿を収めておきたいと思いまして、下りの快速川越行きとなったハエ28を隣のホームから。
本当は、違うアングルから撮ってみたかったのですが、行ってみると工事中で視界が遮られてしまっており、あれこれ悩んだ末にこの撮り方しか無いか、、、という結論になりまして。
駅撮りはあまりやりたく無かったのですが…”同業者”も皆無だったし、まあいいか。
停車している姿は 機会を見つけては幾度と無く撮ってきましたが、こういう形で撮るのは 結構珍しい?かも知れません。
 
2806141 2806142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

もう月末だ…。(with Fujifilm X20)

予定外の仕事が入ってきてしまった所為で、こっちを発つ時間が一時間遅れてしまいましたが、何とか一週間を終わらせることが出来ました。
最近、費用削減(?)の意味もあり、特急を使うのは途中の駅まで、というのが通常のパターンになっていましたが、今日は出るのが遅かったので 久々に全区間”通し”で特急に乗って帰ることに。
お金は多少かかりますが、これがやっぱり一番楽ですね。
列車を待つ間、近くでX20片手にあれこれ写真を撮っていましたが、この「手抜き無しの身軽さ」が実に心地いい。
これで、①光学ファインダーの視差がもっとはっきりと分かり ②シャッターはフォーカルプレーン ③撮像素子がもう少し大きく だったら、これだけで十二分に満足できるんだけどな。

2706142 2706143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の螺旋 (with Fujifilm X20)

昼休み、会社の敷地内で螺旋状に咲いている小さな花を見つけました。
ラン科の植物「ネジバナ」ですね。
写真を見たことはありますが、こうして実物を見たのは初めてかも。
カメラ(フジX20)を持ってきていたので、「スーパーマクロモード」で思いっきり近づいてパチリ。
個人的には、一眼レフ+望遠マクロで攻めてみたいシチュエーションではありますが…なかなかどうして、いいボケ具合じゃないですか。
X20は2/3型という比較的小さな素子を持つカメラですが、開放F2.0という明るさを持つ大口径レンズのお陰で 結構大きくボケてくれるようです。

2706141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

孤軍奮闘!最後の埼京線205系(ハエ28編成)2

先週記事のネタにした 埼京線の205系(ハエ28編成)ですが、今週も同じ運用に充当されていることが分かりまして。
先週のリベンジも兼ねて、用事ついでに再び追いかけて見ることにしました。
「さよならヘッドマーク」を付けて引退したはずなのに、日時が限定されているとは言え 今だ以って走り続けているというのも 何か変な感じですが…。
現役時代、走行シーンに目を向ける機会がそれ程多くなかっただけに、こうやって「追試」ができるのは個人的に大歓迎ですけれどね。
あまり手入れをされていないようで、車体に入ったグリーンのラインは色褪せが著しいですが…個人的に「埼京線」と言うとこの205系を真っ先に想像するだけに、このシーンがまだ見られるのは感動もの。
末永く走って欲しいなあ。

2106141 2106142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

駅前食堂の”看板娘”。(with Fujifilm X20)

何とか無事に(?)一週間のお勤めが終わりました。
東京へ戻ります!
写真は、最寄り駅に向かう途中にある食堂の「看板娘」。
街中にいるネコって、つい撮りたくなるんですよねぇ。
猫や犬って カメラの解像性能が試される被写体の一つだと思うのですが、コンデジらしからぬ写り。
LPFレス×特異配列構造の撮像素子(X-Trans CMOS)が活きてきますね。
 
2006141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

ゆうそら with GXR Mount。

帰宅後、空がいい色に染まっているのを部屋の窓から見たので、GXR + GXR Mountを持ってベランダに出てみました。
このGXR Mount、撮像素子の前面にモアレを低減させる(=解像感を劣化させる)ローパスフィルターが存在せず、レンズの実力がもろに出るユニット。
今回使った「Color-Skopar 35mm f2.5 P」はデジタル対応を謳ったレンズではありませんが、大したものでしょ?
これでいて価格はリーズナブルなので、同じコシナが製造・販売するZeissの「ZMシリーズ」よりコスパが高いと感じます。

1406143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孤軍奮闘!最後の埼京線205系(ハエ28編成)

とっくに運用を終了したものと思っていた埼京線の205系ですが、今だに一編成(ハエ28編成)が残存し 運用されている事を知りまして。
検査期限の都合?それとも、新車の初期不良に対する「予備」としての温存?
理由は良く分からないのですが…折角の機会。ちょっと記録の「追試」をして見たくなりました。
”本気モード(=バリ鉄)”で撮ることは元から考えておらず(そもそも、”バリ”で狙えるカメラを既に持っていない)、スナップライクに狙って見るつもりでしたが…この日の手持ちのカメラがGXR + GXR MOUNT A12という”変態カメラ”、おまけに装着していた玉が 「デジタル対応」を謳ったレンズでは無く、更に悪いことに、行った場所が準逆光という悪条件。
で、撮ったら 見事に写真がハレっぽくなってしまいまして。。。(汗)
撮影ポイントをもっと調べれば良かった、と 後悔しましたが…開き直って「トイカメラ風」のゆるい現像をしてみました。
(少しはボロ隠しができたか…な?)
 
1406142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わった色の月が見られたそうですが。

「ハニームーン」と言い、かなり珍しい色に染まる月だったようですが…残念ながら、その時間帯は列車に乗って東京に移動中だったため、見る事能わず。。。
その代わりと言っては何ですが、帰宅後 久しぶりに空を見上げて見ることにしました。
梅雨時と言う季節にもかかわらず、透明度の比較的高い 素晴らしい夜空。
こうやってじっくりと空を見上げてみたのは、「Lovejoy彗星」を撮りに河川敷まで出掛けた昨年12月以来でしょうか。

1406141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

久々に見た晴れ間。(with EOS M)

梅雨入りが宣言されてから ほぼ毎日のように雨が降り続く毎日が続いていましたが、今日は晴れ。
久々に見る空の青さと太陽です。
今週も色々ありましたが、何とか無事にお勤めを果たすことが出来ました。
さあ、東京に帰ろっと。

1306141 1306142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

ホームに並ぶ、湘南色の115系。(with EOS M)

帰りは、桐生駅からわ鐡の足尾行き最終列車(731D)を使って戻って来たのですが…その最中にホームで見た光景。
久しぶりに、湘南色の115系が並んでいるのを見ました。
高崎線などで運用されていた211系が”都落ち(?)”して両毛線を走るようになり、こういう光景はよほど運が良くないと見ることも稀になってしまった感じですが…いやー、ラッキー。
カメラを持っていた時に遭遇出来たのも幸いしました。
しかしこの「湘南色」、近郊形の電車の色として実にしっくり来ますね。
JR化直後は思いもしなかった事ですが、旧国鉄のカラーリングって 意外に奥が深いものだと 改めて思ったのでした。
 
1106142
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に、桐生駅前へ。(with EOS M)

桐生駅前のディスカウントストアで買い物がしたくて、程々の時間で仕事を切り上げる事にしました。
職場からたった数キロ程度先の場所なのに、行くのは一体何ヶ月ぶりやら。
で、これまた久しぶりの上毛電鉄乗車でした。
ラッシュ時は 意外にも混雑している上電ですが、この時間帯になると 運んでいるのは殆ど 空気になりますね、やっぱり…。
しかし、乗る度に思うことですが、中央前橋に西桐生…こんな中途半端な場所に駅を置いておくのは勿体なくないか?
例えば、LRT化した上で僅かばかりの併用軌道を引き JR駅の近くに乗り入れれれば、それだけでかなり利便性は向上するはずなのに。
富山など 北陸に点在する都市の「まちづくり」の姿勢をケーススタディにすれば、”自動車王国”の群馬といえども 公共交通機関に人は少なからず戻ってくるはずだ、と思うのですが…そこまで考えが至らないんだろうなあ。
かつて「研修生」として滞在していた10数年前よりも更に寂れぶりが目立って来た駅前の商店街を見ながら、そんな事をふと考えた、夕方でした。
 
1106141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

深夜の邂逅。(with EOS M)

乗換駅で顔を合わせる特急車輌。
この光景を見ると、「群馬に帰って来た。そして明日から仕事だ…」と実感するんですよねぇ。
しかし、早いもので、仕事場がこっちに移って半年か…。
督促の電話やらメールやらに追われて振り返る余裕も無いダメダメな毎日だけど、少しは進歩しているんでしょうか…。

余談ですが、今週の「お供のカメラ」は久しぶりにEOS M+EF-M 22mm f2.0 STMのコンビ。
最近、EOS Mは殆ど Mマウントレンズの「ベースボディ」として使うことが多く、この”純正の組み合わせ”は本当 半年ぶり位。
何度か売ろうと考えた事もありましたが…慣れた使い心地のレンズにメニューUI、そして 撮影に集中出来る 安定した性能…なんやかんや言って腐していても、安心できるんだよねぇ。
 
0806142
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テッポウユリの季節がやって来ました。(with SIGMA SD15)

先週戻ってきた時に蕾の状態だったので、今週は咲いているだろうなあ、とは予想していたのですが。
毎年見るのを楽しみにしているテッポウユリ、今年も見事な花を咲かせてくれました。
いつもは手持ちでイージーに撮るのをポリシーとしている自分ですが、今回ばかりは”本気モード”で攻めて見たくて、 三脚に固定して撮る事にしてみました。
解像感が際立って優れているFoveon機は やっぱりしっかりした”土台”があってこそ 初めて真価が発揮できるものだと思うのですが…いつも この条件が使えるわけじゃないからねえ。

0806141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

身体機能の衰えは、確実に進行中…。

※写真と記事の内容は(あまり)関係ありません・・・(笑)

少し前に会社で受けた健康診断で 高血圧を発症していることが判明し、ちょっとショックを隠し切れません…。
父親が循環器系統に”弱み”を抱えていることもあり、(この手の疾患は遺伝するとの通説から) 自分もそのリスクは多かれ少なかれ抱えているものだろうなぁ…とは思っていたのですが、こんなに早く発症するなんて。
ただでさえ、切りたくても切れない ”腐れ縁”を身体に抱えているのに、尿酸値は高いわ(=痛風のリスク)血圧は高いわ(=脳卒中などのリスク)…何か、ボロボロ。。。
でも、振り返って見ると、「自分の不摂生のせい」という側面も間違いなくありそうで。
不規則かつ夜更かしが常態化した生活習慣、夜遅い食事、塩分の濃い食事の高頻度な摂取、あとは 運動不足…。
リスクを元々抱えている上にこの様では、そりゃ ならない方がおかしい、と考える方が自然かも知れません。
その話を両親にした所、”ステレオ”で親不孝者呼ばわりされまして(苦笑) 慌てて血圧計を 買いに行ったり 内科にかかりに行ったり…。
めっきりと老け込んでしまったようで何とも嫌な感じですが…「Too late(既に遅し)」になる前に何とかしないと、これからの人生が台無しになってしまいますからねぇ。
下の写真は、かかりつけの病院に行く道中、気慰め(?)にパチったものなのです。

で、肝心の診察結果ですが…

  1. まだ薬を飲み始めるのは尚早
  2. 塩分の高い食事は避ける。そばつゆやラーメンのスープを飲んだりするのはご法度
  3. 野菜をしっかり摂ること
  4. 適度に運動をするように
  5. 夜遅くまで起きたりしない。規則正しい生活を。
  6. 毎朝毎晩、血圧値の記録を取り続けること

…まあ、この程度の事で改善できるなら、まだ”救い”はあるって事だよね。十分に…。

0706141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

現・国立競技場の引退を惜しむ、記念のフライト。(ブルーインパルス@東京)

前日にこの事をニュースで知り、どうしてもこの目で見ておきたくなりまして。
通院やらその他私用やらでかなりバタバタした一日だったのですが、何とか予定時刻までに見える場所へ行き着くことができました。
この日の手持ちのカメラは、ミニサイズのミラーレス一眼「ペンタックスQ7+06 Telephoto Zoom」。
動体を確実に追い回せる一眼レフ(例:EOS7D)が手元にあれば言うこと無かったのですが(EOS5D共に売っちゃった・汗)、こんな被写体を撮る機会は滅多に無いし 撮るつもりも無かったから仕方がない…。
「ダメ元」の撮影になりましたが、意外や意外。数枚程 いいアングルで引っかかってくれました。
なかなかやるぢゃん、Q7。

3105141 3105142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »