« 何とか、七草粥にありつけた。 | トップページ | 東京都庁舎南展望室からの眺め。 »

2014年1月11日 (土)

帰京後、先週の”復習”を。(「富士見の橋」からの眺め)

仕事に追われるように毎日を過ごしていたら、あっという間に週末となってしまいました。
金曜日は、半ば強引に定時で仕事を切り上げ、アパートへ寄らず そのまま東京行きの特急に飛び乗るなど。
この位強引に事を進めないと、ダラダラと仕事をさせられる羽目になりますしねぇ。
ま、残業を当然のようにすれば「あいつは残業で金を稼いでいる」とか言われるし、かと言って毎日定時で帰れば「あいつは暇だ」と思われるし… ここは、”芝居の見せ所”、なのかねえ。

閑話休題:
土曜日の夕方、先週の”復習”をしに「富士見の橋」へと足を運びました。
東京を離れる前日(1/4)にも足を運んでいたのですが、その日は山頂の天候が大荒れだったようで、最後まで粘っても 山にかかった雲が取れず…。
ちょっと心残りだったので、用事ついでに寄ってみた次第。
現地に着いてみると、この日も 西の方には雲がかかっている状態。やっぱりダメか!
…ちょっとガッカリしながらも、とりあえず日没まで待機して見ることにしました。
風向きが変わって、ひょっとすると雲が取れる事も有り得るので。
結論から言うと、この”読み”は当たりました。
辛うじて、ではありますが、空が完全に暗くなる寸前に山頂の雲が取れ、”馴染み”のあの姿がはっきりと浮かび上がってきまして。
良かった…これで、正月休みの”宿題”が一つ解決(?)した!

1101131

|

« 何とか、七草粥にありつけた。 | トップページ | 東京都庁舎南展望室からの眺め。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/58937427

この記事へのトラックバック一覧です: 帰京後、先週の”復習”を。(「富士見の橋」からの眺め):

« 何とか、七草粥にありつけた。 | トップページ | 東京都庁舎南展望室からの眺め。 »