« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

記憶に残る夕景(シルエット富士 夕景)。

夕方、入院中の母親を見舞いに、病院まで足を運びました。
エレベータを降りて 病室に至る廊下を歩いていると、窓から見える景色の真ん中に「シルエット富士」が。
空の綺麗なグラデーションと相まって、実に印象的に映りました。
色々救いの無い12月だったけれど、こんな綺麗なものが
最後の最後で見られるとは 少しは救われたのかなあ。
左の方には、”一番星”の金星。
病院に進んで来ようとはあまり思いませんが、ずっと記憶に留めたいワンシーンだと思いました。

3112132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっこい、まだまだ頑張ってる。(埼京線の205系)

いつの間にやら少数派になってしまったけれど、埼京線の205系。
これからの埼京線の中核を担う新車・E233系に混じって、今日も黙々と働き続けます。
路線を去った”元同僚”達は日本を離れ、遠くインドネシアで”第二の人生”を送っていますが…この編成も そう遠くない将来にそういう運命を辿るのかなあ。
コミケ帰りの人で賑わう(?)大崎駅にて、そんな事を思いながらカメラを構えました。
 
3112131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

再び、「東京ミチテラス2013」へ。

カレンダー上の「冬季休業」は今日から、の筈なのですが、今迄の仕事の”総浚い”や身辺の整理など 年末までにやらなければならない事がいくつか残っており、誠に不本意ながら(自主的に)出社。
ホント、こんな時期に辞令を出した会社を恨んでやりたい…。
こんな事やったって自分の評価に繋がる訳じゃないんだし(当然、休日手当も付かない!)、ぶっちゃけ、見なかった事にして逃亡する事も出来たのですが、「立つ鳥跡を濁さず」というのが せめてもの”礼儀”かな、とも思ったので。
やっと全てが終わり、仕事場を出たのが午後8時頃。丸一日潰れてしまった(涙)
貴重な休日が一日短くなってしまった事が何だか腹立たしくて、憂さ晴らしに 何か写真ネタが無いか、と考えていた所、24日から東京駅丸の内口で開催されている 「東京ミチテラス2013」が本日で最終日だったのを思い出しました。
出張帰りに立ち寄った時(26日)は雨天で、風も強く 満足に写真を撮れていなかったので、丁度良い機会に”追試”してみたくなった由。
手持ちのカメラは ”豆サイズ”のペンタックス「Q7」でしたが、役に不足なし。
軽快に撮って回る事ができました。
…さて、これで本当の「冬休み」の始まりだ。

2912131 2912132 2912133

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

さようなら、「みどりの山手線」。

大崎駅で捉えた「みどりの山手線」最終日の姿。
本来でしたら、18時台の運用を最後に大井の車庫に引き上げるはずだったのですが、昼頃に起きた人身事故の影響から運用スジが途中で変更されたようで、幸か不幸か(?)終日運用されていたようですね。
今年1月中旬のデビューから、約1年…事ある毎に あちこちで撮って来ましたが、地味で写真の”ネタ”にする要素の薄い山手線にあって 色々話題を提供してくれた”スター(古)”。
”今回限り”と言わず、また こういう企画をやってくれたら、嬉しいなあ。

2812131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

長く感じられた一日だった。

こんなに一日が長く、そして 重く感じられたのは、今日が初めてでは無いでしょうか。
とりあえず,全てが無事に終わって良かった。
あとは、「日常」を取り戻すだけなのですが…まあ、どうにかなってしまうのかねえ。

買い物をしに出掛けた最中、「みどりの山手線」編成に遭遇。
そういえば、公式情報では 明日が”運行最終日”でしたねえ。
無理にでも時間を作って その最後の姿を撮り収めるつもりでいるのですが…上手く遭遇できるかどうか。
生憎と手持ちのカメラが無く、やむを得ず スマートホン(ARROWS X F-10D)でパチったのですが、「レタッチ前提」だったら 意外と使える出力が得られるものなんですねえ。
ちなみにこのカットは、NIK Softwareという開発元からリリースされているAndroidアプリ「Snapseed」でレタッチしたもの。
色々コネコネし、イラストと写真の中間あたりを狙ってみました。
なかなか良いでしょ?

2712131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

帰り道、「東京ミチテラス2013」に立ち寄り。

通常ですと、群馬→自宅の帰宅ルートは 北千住からメトロ日比谷線を使って一直線…というのが”定石”なのですが、今回はそれを変更し、東京駅(南口)からバスを使って帰ることにしてみました。
24日より 丸の内口で開催されている「東京ミチテラス2013」へ ついでに立ち寄ってみようと思ったからなのですが…生憎と小雨のパラつく天気。
群馬から帰ってくる時は、何故か雨天が多いような気がするのですが…。
そう言えば、先週の帰京の時も 確か雨天だった。

一見、何事もない様に振る舞ってはいますが、明日 母親が近くの病院でオペを受ける予定になっていまして、その付き添いで一日会社をお休みにする予定です。
しかし、突然降って湧いた自分の異動の話も含め、本当 今月は救いが無さ過ぎます。
ほんの一筋でもいい。Mehr Licht!(もっと光を!)
 
2612132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Morning Glow.

再び、拠点を群馬に移して活動しております。
昨日は、深夜に「クリスマスミサ」を見に行っていたせいで まともに寝ておらず、さぞかし爆睡なんだろうな…と思っていたのですが、すんなりと朝起きられた事が意外というか。
「寝溜め」が出来る体質なので、後で”リバウンド”が帰って来ないか ちょっと心配ではあるのですが…。
 
朝起きると、窓の外が赤く染まっている事に気づきました。
昨夜は、星降るような快晴だった空ですが、当初の予報通り 今日は天気が思わしくないようで。
山の向こう、雲の隙間から漏れる真っ赤な朝焼けを暫し、堪能しました。

2612131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

「Merry Christmas!」とは言うのですが。

「ほんとうの意味でのクリスマス」を体験してみたくて、近所にある有名なカトリック教会へ クリスマスミサを見学しに行ってきました。
世間一般では、この日には フライドチキンやケーキでパーティーしたり、はたまた 「プレゼントには○○を…」と言ってみたり、”商戦”の一環としてのクリスマスを過ごすのがほぼ定着(?)しているようですが、本来の意味あいを忘れ、 「何だか良く分からないけれどおめでとう」で どんちゃん騒ぎしてしまうのも如何なものか、と個人的に思わない訳でもなく(※そういう風潮を全否定する訳では断じて無いです)。
ま、自分はクリスチャンとして洗礼を受けてはおらず、信者の方々から見れば 単なる”冷やかし””ギャラリー”でしか無いでしょうが… キリスト様のご生誕を祝う場は等しく開かれているわけで、ちょっと違った観点から「クリスマス」という日を眺めてみようと思った由。
クリスマス・キャロルが流れる中、厳かに迎えるクリスマスの日、というのも、趣があって良いものです。

2412131 2412132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

”クリスマス仕様”の「みどりの山手線」。(3)

銀座で開催されている 「スイスの鉄道」をテーマにした写真展を見に行くために、適当な理由をでっち上げ、 定時で仕事場を逃亡。
会場で熱すぎる方々と色々お話をさせて頂き、個人的にもとても良い刺激を頂いたのですが… どうも上せてしまったみたいで(笑) 帰り道、”冷却”も兼ねて 有楽町駅で「みどりの山手線(&メリークリスマス!)」編成を撮り納めて行くことにしました。
自分が次にこの編成を撮れるのは、出張のスケジュールなどを考えると、多分 運行最終日の28日あたりになるんじゃないかなあ。
使えるチャンスは全て使い切りたいです。 後で後悔しないためにも、ね。
余談ですが、1/1.7型の裏面照射CMOSを載せて生まれ変わったペンタックスQ(Q7)ですが、先代の「Q10」と比べると 圧倒的に「Q7」の方が画質的に宜しいです。
「Q10」では ISO200あたりでも画質的にきつかったのに、「Q7」ではISO640あたりまでは ほぼ問題なく常用できますし。
それだけでなく、Eye-Fiの連動機能や電子水準器など、使い勝手も大幅に向上していますし。 個人的に持ち歩くのが楽しいカメラです。
あとは、電池持ちがもう少し良いと言う事はないんですがねえ…。

2012132 2012133

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”クリスマス仕様”の「みどりの山手線」。(2)

お昼休みに入ってちょっと後、外回りでお仕事中の「みどりの山手線・メリークリスマス!」編成に遭遇。
都合上 夜間に撮る機会が多いので、こうやって日中撮るカットは貴重かも知れません。

2012131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

”クリスマス仕様”の「みどりの山手線」。

再び、東京を”ホーム”にしてお仕事です。
昨日まで滞在していた群馬と比べると、ひしめき合うようにして生活しているという人口密度の高さに やはり圧倒されるというか…。
多少窮屈でも 周りに何でもあるという ”利便性”を求めるのか、それとも、多少不便でも 程よい住環境が得られる”余裕”を求めるのか…どっちを取るかでその場所の評価は変わってくるとは思うのですが、自分的に”どっちもどっち”という所があって、今だに決められないというか。
なまじ 適当な時間で行き来ができるという距離にあるが故に、「どっちつかず」的な事になっているのかもしれませんが…。

閑話休題:
1月中旬のデビュー以来 何回も追いかけてきた「みどりの山手線」編成(トウ545)ですが、来るべきシーズンを前に また新しいラッピング仕様になっているようで。
あと10日足らずで「みどりの山手線」自体が終焉を迎える事もあり、”締め”の意味も兼ねて 撮っておくことにしました。
生憎と風雨の強い日で、吹き込む雨に 自分もカメラもずぶ濡れになりながらでしたが(笑・カメラ大丈夫か?!)、辛うじて狙いのアングルで 収めることに成功。
ま、他愛の無いカットですが…こんな写真でも、何年か後に見返して見た時には「思い出」になるんだろうねぇ、多分。

1912131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

上毛電鉄大胡駅のイルミネーションを”復習”。

再び、仕事引き継ぎの為に 泊まりで群馬に出張に来ております。
毎日のように周囲の監視の目(?)がある中、朦朧としながらPCの画面をずっと覗いてデータベースをいじっているよりかはマシだとは思うのですが…準備に移動。慣れない環境に置かれるのは、やはり疲れるものです。
業務がとりあえず終了し、仕事場を後にしたのですが、先週の出張の際に訪れた上毛電鉄大胡駅のイルミネーションの事を思い出し、再び”復習”して見たくなりました。
同じ場所に行かなくとも…とは思ったのですが、交通事情の事を考えると あまり遠出も出来ませんしねえ。

1712131 1712132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

ISON彗星は燃え尽きてしまったけれど、まだ次の彗星があった。(Lovejoy彗星[C/2013 R1])・追

時間軸が逆さまになってしまいますが、前の記事の一日前の未明に同じ場所で捉えた「Lovejoy彗星(C/2013 R1)」。
レンズの広角端で撮った写真故、最早彗星は米粒のようにしか写っていませんが(写真中の円中央)、それでも尾を引く様子は確認出来ます。
彗星の場所を特定するのに目印になったのが、うしかい座の真下にある「かんむり座」。
その左下のあたりをくまなく探すと、彗星を見つけることが出来ました。
この日は、三大流星群の一つ「ふたご座流星群」が丁度ピークを迎えた日でもあって、幾つか流れ星を見ることが出来ましたが、このカットには偶然その一つが写り込んでいたもの。
「彗星」と「流れ星」という 2つの”天体イベント”を同時に楽しむことが出来、寒さを忘れて興奮した 土曜日の早朝でした。

1412131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ISON彗星は燃え尽きてしまったけれど、まだ次の彗星があった。(Lovejoy彗星[C/2013 R1])

1512131 太陽面スレスレの場所を通過する事から、「世紀の大彗星になるのでは」と期待された ISON彗星(C/2012 S1)ですが、核が太陽熱と潮汐力に耐えられなかったようで、近日点を通過した直後にバラバラに崩壊して消滅…。
結局、11月後半に一回観察した限りでお別れになってしまったのでした。
しかし、がっかりするのはまだ早かったようで、ここに来て意外な”伏兵”が。
それがこの「Lovejoy彗星(C/2013 R1)」です。
ISON彗星と比べるとちょっと暗めのようですが、それでも彗星らしい「尾」を引きながら天空を駆ける様子が写真からしっかりと確認できます。
今回は、新しく手に入れた追尾撮影用の簡易赤道儀を使い、可能な限り長時間の露光をかけたので、淡い尾までハッキリと写し取る事に成功。
あぁ…この環境がISON彗星の時に使えていたら。。。
機会があれば、もう一度観察してみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

出張から戻ってきた。(浅草夜景)

特急で約1時間40分。 出張業務を終え、終点の浅草まで戻ってきました。
研修生時代も、週末には群馬から東京の方に戻って来ていましたが、まさかあのパターンの再来になるとはね…。
海外に2年半赴任していたという”例外”こそあれ、今迄ずっと東京勤務でいられた、という事の方が、奇跡的(?)というか意外な事なのかも知れませんが。
とりあえず、正式に辞令の出る前までは 週に2日位は群馬で、そして残りの日は東京で…という勤務パターンになりそうな感じ。
”二重生活”は色々疲れそうですが、”お前のせいで仕事が回らなくなった”と言われないように(とりあえず)頑張らないと。

1112131 1112132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

上毛電鉄大胡駅のイルミネーション。

異動を年明けに控え、前任者から仕事の引き継ぎを受けるために 泊まりで群馬の本社に来ています。
まあ、途中 アレな元上司と仲違いを起こして現部署に拾われるという”脱線”さえ無ければ、元々入社以来ずっとやって来た仕事ですので。結局、”元の鞘に収まる”というだけなんですけれどね。
多分、直ぐに今の雰囲気には慣れるんじゃないかとは思うのですが(その仕事をずっと続けるかどうかは別として)。

業務終了後、折角群馬に滞在するんだから、気分晴らしにちょっと夜の散歩でも…と思い、沿線を走る私鉄・上毛電気鉄道の「大胡駅」に行くことを思い立ちまして、最寄りの駅から中央前橋方面に向かって乗ること 約30分。
ほう、これは結構凄い。 凝ったイルミネーションをやっていると聞いてはいましたが、想像以上です。
”上州名物”からっ風が吹き荒び、おまけに人事との面談ではカチンと来るような事を言われ…何か 身も心も冷え切りそうな一日でしたが、最後の最後でちょっとだけ救われた気分になれたのでした。

1012131 1012132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

通院がてら。

0312131 出社の道中(?)ついでに、「目黒不動尊の大銀杏」を軽~く撮影。
この銀杏は縦位置で撮影する事が多いのですが、今日はそれを敢えて止め、横位置で撮影して見ることにしました。
「DP1 Merrill」ならではの緻密な絵、大判にプリントアウトして飾りたい所ですねえ。
こんな小さくリサイズしてしまったら、勿体無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

東京における紅葉狩りの”締め”。(六義園・夜間特別公開)

0212131 ライトアップされて幻想的に浮かび上がる庭園。
仕事場を早く脱出出来たのをこれ幸いと、駒込にある名庭園・「六義園」へとやって来ました。
写真サイトで知り合った方に教えて頂いて以来、ほぼ毎年のように足を運んでいる場所なのですが… そう言えば、ここの拝観をもって 東京における紅葉狩りを”締め”としているような感じが。
紅葉が始まったな~、と思っていたら、あっという間に冬の始まり。
月日の移ろいは、本当に早いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »