« 「百年前の駅跡」の面影。(旧万世橋駅跡 1912階段) | トップページ | 生まれ変わった「万世橋」。(mAAch Ecute 神田万世橋) »

2013年10月27日 (日)

「百年前の駅跡」の面影。(旧万世橋駅跡 1912階段)2

同じく 「1912階段」の側壁にある、渦巻状の石細工。
辰野金吾博士設計の豪奢な建物は とうの昔に喪われてしまったけれど、こういう部分に 在りし日の姿を偲ぶ事が出来ます。
色々不運が重なった末に ここには電車が二度と停まらなくなってしまったけれど、いつの日か復活してくれるといいけれどねえ。
神田駅はちょっと遠く、秋葉原は手狭。 ここが”神田巡り”の始点になってくれると、個人的には丁度いいのですが。

2710134

|

« 「百年前の駅跡」の面影。(旧万世橋駅跡 1912階段) | トップページ | 生まれ変わった「万世橋」。(mAAch Ecute 神田万世橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/58539984

この記事へのトラックバック一覧です: 「百年前の駅跡」の面影。(旧万世橋駅跡 1912階段)2:

« 「百年前の駅跡」の面影。(旧万世橋駅跡 1912階段) | トップページ | 生まれ変わった「万世橋」。(mAAch Ecute 神田万世橋) »