« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月28日 (土)

五反田の夜は更け行く。(「緑の山手線」スナップ)

2809131 この日も、「みどりの山手線」編成が内回り運用でお仕事中と聞いていたので、仕事帰りついでに五反田で狙って行くことにしました。
自分的にはこのシチュエーション、品川方の先頭から狙うのが”通例”となっていますが、今回はそれを敢えてやらず、歩道橋上の少し離れた場所から全体が見通せるような形で「スナップ」的に行って見ることにしました。
動きもあった方が絵的に面白いかなあ、と思い、電車が動き出した頃を見計らってスローシャッターでパシャリ。
…ま、こんな「鉄道写真」も面白いでしょうか。(と、個人的には思う…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

あと、3ヶ月。(みどりの山手線)

2709131  売上見通しが心配の種だった 期末でしたが、何とか道筋が見えて来たようで、ちょっと安堵。
予想に反し?ちょっと早く”お役御免”となったのをこれ幸いと、駅近くで一枚パチってから帰ることにしました。
この日の「みどりの山手線」編成は、内回り。
ここでは、ちょっとアングル的にきついものがあるのですが、「夜景撮影」と割りきって、ホームに停まった所をパシャリ。
ま、こんなカットも有り…かも知れないな。
そういえば、この「みどりの山手線」の特別ラッピング、終了するまで丁度3ヶ月となりました。
1月のお披露目からずっと、暇さえあればあちこちで”追いかけ”をやってきましたが、地味な印象しかない山手線に こんなに熱い視線を注いだのは、正直 生まれて初めてかも知れません。
10月には ”末永く爆発しろ”仕様(?)の特別運用にも充当されるみたいですから、まだまだ目が離せないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

高崎線3ドア車の”生き残り”(東北縦貫線・御徒町)

2309131 買い物のために外出した先の御徒町駅にて。
秋葉原の留置線から出場した211系が、仕事に就く為に ゆっくりと上野方面に向けて走って行く所でした。
高崎線の3ドア車は全て引退したものだと(個人的に)思っていたのですが…
この辺りは、東北縦貫線の敷設工事が今まさにたけなわ。
工事が完了し、大勢のお客を乗せた列車がここを行き交うようになる頃に、この車両はどうなっているんでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

”山スカ”、横須賀線で最後のお勤め。(「ホリデー快速鎌倉」@北鎌倉)6

横浜駅東口近くにある中華料理店で、充実の一時。
そう言えば、横浜で家族誘って「食事会」なんて、何年ぶりでしょうか。
東横線特急で20分余りという 身近な場所の一つのはずなのですが…そういう割にはいつもスルーしているような気が。
ま、自分の出不精のせい、という事もあるのかも知れませんが…。

16時頃、両親とは別れ、自分は再び 横須賀線に乗って北鎌倉へ。
復路の115系「ホリデー快速鎌倉」を、送り込み回送も含めて動画記録しようと思いました。
・・・が、ここに来て困った問題が一つ。
カメラ(EOS M)のバッテリーの残量がギリギリ。。。
ミラーレスカメラの電池持ちの悪さは”既知の事実”で、前半もかなり気を遣いながらこまめにスイッチを切っていたのですが、こんなに早く消耗するとは…。
大事な”本番”の途中で力尽きて貰っては困るので、ここは 余計な事を考えず、動画を撮ることだけを考えなければいけません。
昼過ぎから雲が出てきて、どんより気味の空の下で撮らなければいけないという 生憎の条件でしたが、何とか撮影完了。
録画を切った直後、電池消耗のサインが出て カメラがダウン。
ふー、危なかった・・・(苦笑)
今回撮った動画は、PowerDirectorで簡易編集した後 Youtubeにアップロードしてみました。
動画撮影に慣れていないせいもあって、かなり恥ずかしい代物ですが…ご笑覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「秋」を象徴する花のひとつ。(明月院)2

2209138 高麗の「巾着田」のように 圧倒的な数で群生しているのも良いですが、こうやって 慎ましく咲いている姿も 趣があって良いものだと思います。

境内をブラブラ歩きまわっている内に、両親との待ち合わせの時間が近づいて来ました。
一旦北鎌倉を離れ、横浜へ戻ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「秋」を象徴する花のひとつ。(明月院)

2209137 建長寺を後にし、次に向かったのは、円覚寺にほど近い場所にある「明月院(めいげついん)」。
ここも、大変恥ずかしながら、今回が初めての訪問になります。
一般的には、6月の紫陽花で有名なお寺なのですが、この時期にも何かいい「もの」があるかも知れません。
拝観手続きを済ませ、境内をカメラ片手に歩きまわって見ると…早速見つけました。
この時期を代表する花の一つ、「彼岸花(曼珠沙華)」。
一際赤く鮮やかな花が、境内のあちこちでその存在を主張していました。
こんな時にマクロレンズの手持ちが無かったのを後悔しましたが…代わりに、ペンタックスQ7+06 Telephoto Zoomでパシャリ。
撮像素子の小ささ故、ボケ味は左程期待していなかったのですが、テレ端(フルサイズ換算200㍉)&絞り開放で案外綺麗な「絵」をゲットすることができました。結構やるぢゃん、Q7。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迫力。(建長寺 三門)

2209136 建長寺の重要文化財のひとつ、「三門」。
この正面に架かっている扁額は、何と六畳ほどの大きさがあるそうです。
間近で見た木造建築の迫力を写真の一カットにしたためて見ようと思い、硬めのモノクロにして出力してみました。
ひと通り拝観を済ませた所で、次の目的地へと向かうことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喪われた江戸観光名所の”忘れ形見”。(建長寺 唐門)

鉄道ネタからは一旦離れ、暫し”寺社観光モード”になります。
北鎌倉駅から県道21号線を鎌倉方面に向かって降りて行くと、その中腹辺りに建っているのが、この「建長寺(けんちょうじ)」。
もう何度も足を運んでいる北鎌倉・鎌倉エリアですが、このお寺はいつも横に見ながら通り過ぎるだけで一度も拝観したことがなく…(笑)
恥ずかしながら、今回が初めてとなります。
今回訪問しようと思った理由は、北鎌倉を代表する名刹ながらも 毎回毎回スルーする”不義理(?)”を詫びようと思っただけでなく、ここに建つ「あるもの」を見てみたいと思ったから。
それがこれ、方丈入口に建つ重要文化財の「唐門」。
一見すると何処かのお寺にありそうな、ちょっと派手目な佇まいの門ですが、元々は東京・芝の増上寺にあった二代将軍秀忠公の正室・お江の方の霊牌所「旧崇源院」にあったものだそうで。
増上寺の霊牌所は、その後の震災や戦災などに遭って跡形も無く消失してしまい、今はその名残が無残な姿で申し訳程度に残るだけとなってしまっていますが、この唐門だけは 江戸の初期にこの北鎌倉に移築されて現存している由。
二年ほど前に大規模な修復工事が施されたそうで、建立当初の見事な佇まいが蘇りました。
幸運にも破壊を免れた、貴重な「江戸観光名所の忘れ形見」と言えるかと思います。
奇を衒ったりせず、「あるがままの姿」を忠実に写し取ろうと思い、門の前に立ってみました。

2209134 2209135

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”山スカ”、横須賀線で最後のお勤め。(「ホリデー快速鎌倉」@北鎌倉)5

2209133 この「ホリデー快速鎌倉」、もう一回撮影のチャンスがありまして、鎌倉で乗客を下ろした後 久里浜まで一旦行き、今まで来たルートを折り返して 武蔵野線の東所沢まで回送されるのです。
ここを通るのが約30分後、との事なので、線路際でそのまま待機する事に。
動画の撮れるカメラ(キヤノン EOS M)を持って来ているので、折角だから動くシーンを記録しておこうと思い、構えていたのですが…動画モードを使い慣れていないせいか、ここぞ!という時に操作間違えちゃって。。。(苦笑)
ゆっくりと通過する電車を傍目に眺めながら呆然としていたのですが、”バックアップ”として首から下げていた 望遠ズームレンズ付きのペンタックスQ7を咄嗟に電源ONにし、去って行く”山スカ”をパシャリ。
良かった… 何とかチャンスを完全にフイにしなくて済みました。
動画撮影は、17時頃に運行される復路の際に再チャレンジです。
…さて、午前の”メインイベント”はこれで終了しました。
実はこの日、久々の”家族サービス”で 横浜のレストランで食事会という事になっているのですが、予約の都合上 14時までフリー。
折角の機会なので、久しぶりに 北鎌倉の寺社を観光で回ってみる事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”山スカ”、横須賀線で最後のお勤め。(「ホリデー快速鎌倉」@北鎌倉)4

2209132 円覚寺の石段に着き カメラを構えて間もなく、駅の方から懐かしいモーター音が。
本当 紙一重でしたが、間に合って良かった、、、(笑)
「撮り納め」でしたが、特に力む事無く ”スナップライク”に攻めて見ることにしました。
手前に写り込んだ女の子がちょっと絵的にアレですが… まあ、こんな人通りのある所で撮っている自分が悪いんだし、何処かの駅に山ほど湧いて罵声を浴びせたりするマナーの悪い連中のような事だけは絶対にしませんけれどね。
あくまでも「スナップ」なんだから、これで良し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”山スカ”、横須賀線で最後のお勤め。(「ホリデー快速鎌倉」@北鎌倉)3

2209131 早起きしてやる!…と 前日に意気込んでいた自分ですが、やっぱりの”お約束”というか…寝坊してしまいました(苦笑)
気づいた時には8時半…往路の撮影に間に合うかどうかはかなり微妙なところでしたが、とにかく 急いで支度して家を飛び出すことに。
機材のセットを昨日の内にしていた事が、せめてもの救いでしたが…。
電車を乗り継ぎ、現地の北鎌倉駅に到着したのが、9時40分頃。
「ホリデー快速鎌倉」が ここに到着するのが9時46分頃ですから、まさにギリギリのタイミング。
当初、昨日とは違ったアングルで撮影をするつもりでいましたが、残念ながら そんな詮索をしている余裕はありません。
円覚寺の石段で撮るべく、急いで移動することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

”山スカ”、横須賀線で最後のお勤め。(「ホリデー快速鎌倉」@北鎌倉)2

2109132 踏切の前を電車が通過したのを見届けた後、石段を下りて線路際へ。
駅に停車している風景も、今一度押さえておきたく思いました。
北鎌倉駅周辺の落ち着いた佇まいに、この「スカ色」塗装の電車。
幾度と無く見たこの光景も、この連休を最後に 恐らくもう二度と見られない…と思うと、何か 心なしか寂しく見えるものです。
こう言った「世代交代」は、いつか必ず訪れる― それが分かっていたからこそ、機会ある毎に”記録”してきた訳ですが…。
これで、本日の日程は全ておしまい。
明日は、朝の往路と夕方の復路、二回狙って見ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”山スカ”、横須賀線で最後のお勤め。(「ホリデー快速鎌倉」@北鎌倉)

2109131 今回の連休は、この撮影のために必ず時間を割こうと思っていました。
豊田車両センター(八トタ)所属の115系、通称”山スカ”による臨時快速「ホリデー快速鎌倉号」。
去年の7月から8月にかけても、毎週のように”追いかけ”をやっていましたかねえ。
昔ながらの懐かしいスタイルを保ちながら10年余りに渡ってその任に当たってきた山スカ115系ですが、ここに来て世代交代の時期がやってきたようで、この3連休が恐らく最後の”仕事”となるようで。
この系列が大好きな自分なので、使えるチャンスは全て撮影に充てよう!…と当初 思っていたのですが、第一日目の土曜日はどうしてもやらなけばいけない仕事があって、昼は泣く泣く仕事場行き(泣)
17時頃に運転される復路の撮影だけは絶対押さえておこうと思い、仕事もそこそこに切り上げ 、一路北鎌倉へ。
以前も撮ったことのある円覚寺の石段からのアングルですが、これを”復習”してみようと考えました。
ここのアングルは、往路の方が当然撮りやすいのですが、まあ こういう変則的?な撮り方も悪く無いかな。
明日は、往路と復路、二回ともチャレンジしてみたいと思います。
去年、かなり撮り込んでいたので、今回は軽い気持ちで臨めますので(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

何とか無事に、今週も終わった。(京浜東北線大井町駅 with SIGMA DP1 Merrill)

2009131 …かなりヘロヘロになりながら、ですが(苦笑)
暇すぎず 程々に忙しいのであれば大歓迎なのですが、年がら年中「緊急事態!!!11! 緊急事態!!!11!1」と言って追い立てられてもねえ…
こっちとしては「またかよ。。。('A`)」としか言えなくなっちゃうぢゃない(笑)
まあ、そろばん持って怖い顔しながら数字睨んでいる”とっつぁん”が山ほど上にいる事考えれば、まあ邪険にもできないよね。
閑話休題:
今日は退社後、ヤボ用あって大井町経由で帰宅したのですが、そのついでに”手慰み”程度に撮ったのが、この一枚。
いつもだったら、ケータイカメラで気軽に(?)ポチるだけのアングルですが、今回は手持ちのカメラもあり「ちょっと本気」モードで行ってみました。
DP1 Merrill、やっぱり夜景撮影向きのカメラだよなあ。
線路のバラストを一個一個、手抜きなしで描き切るこのスパルタンぶり、見ていて気持ちいいんです、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

中秋の名月、絶好の”フルムーン”。

1909131 台風が去って間もない、という事も、プラスに働いたのでしょうか。
雲ひとつ無い絶好の天気に、ぽっかりと空に浮かんで輝く満月。
聞く所によると、この日に満月を拝むことが出来るのは、何と8年後だそうで。
先日決まった「2020年東京オリンピック」の一年後になるとは、何とも気の遠くなるような話ですな…。
帰宅後、”記念”に写真を撮っておこうとカメラを持ち出してみたのですが、画角的に最もテレ側に振ることが出来るのは、EOS M + EF 100-400mm f4.5-5,6L IS USM + エクステンダー 1.4xⅡで、フルサイズ換算 約900mm。
この望遠ズームレンズ、 「エクステンダーをかました時には AFがEOS-1系の機種を除いて動作しない」というのが今までの自分の認識だったのですが(実際、初代EOS5Dでは AFが動作しない)、何故か、EOS Mはレスポンスが遅いながらもAFが使えてしまうようで。
突然動き始めたAFを見て、少々吃驚。
・・・使えたっけ??(汗)

| | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

台風一過、極美の夕焼け。(with SIGMA DP1 Merrill)2

1609132 朱色に染まるちょっと前の空を、おまけでアップ。
Foveon素子のカメラ達と付き合いだして 5年余りになりますが、やっぱり一番面白いのは①金属 ②雲 ③水 だと思います。
オールマイティーに使えるカメラでは決してありませんが、「当たった」時に出してくれる絵は、お世辞抜きに「凄い!」の一言です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風一過、極美の夕焼け。(with SIGMA DP1 Merrill)

1609131 折角の三連休でしたが、台風が直撃するというイベント(?)が追加され、この日の日中は全く身動きが取れない状態となってしまいました。
15時過ぎになって漸く雨風が収まり、急速に天候が回復してきたのを見計らって、ちょっと野暮用を…と思い 近場へ外出する事にしたのですが、日没間近になって空の様子がいい感じになってきたのをふと見て、こりゃ焼けるな…と直感し、急いで自宅に戻ることに。
ロケハンなぞやってあれこれ詮索する余裕など無く、勝手知ったる一番身近な場所から”スカイウォッチング”です。
で、この時に見られたのが、この夕焼け。
実に素晴らしい色に染まってくれました。
こんな具合に染まった空を見るのは、一体いつ以来だろう。
カメラを構えながら、数十分余りの”ショー”に打ちのめされました。
雲のディティールと色に拘りたかったので、ここはFoveon機のDP1 Merrillを使うことに。
テクスチャを曖昧にごまかしたりせず どこまでも克明に描き切るこの感じは、普通のベイヤー配列の撮像素子を持つカメラではなかなか表現できないと思っているのですが、いかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

カッとなって衝動買いしてしまった。後悔していない。(Final Audio Design Heaven V)

1409132 iPod touchを手に入れてから数年、ローエンド品ではないものの 安いイヤホンで音楽を聴いてきましたが、ドンシャリ傾向でレンジの狭い窮屈な音にどうしても納得が行かなくなって、カッとなった末に買い替えを決意。
惹かれる製品は色々あり、決めるのが難しかったのですが…STAXと並び ユニークな製品ラインアップで知られる日本のオーディオブランド「Final Audio Design」から発売されているカナル型の「Heaven V Aging」というモデル、これが自分的に一番納得の出来るものに思えたので、これをチョイスする事にしました。
無垢真鍮ベースのシックで飾らないデザインに 変な強調のないフラットな音質。
流石に コンデンサー型のイヤースピーカーには敵いませんが、十分な解像感の高さに広い音場。
万単位の値段のイヤホンの世界など あまり知ろうとしてこなかったのですが(興味は専らヘッドホンだったので)、今のイヤホンの世界も随分と進化して来ているものだ、と改めて思いました。
このイヤホン、まだ使い始めたばかりで、現状 十分にこなれていませんが、エージングが進むにつれ 音がまろやかになってくれると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

夕方の新宿に佇む、”菜の花特急”。

1409131 残った仕事を片付けに行ったついでにヤボ用で立ち寄った新宿駅にて。
「新宿わかしお」のお仕事を終えてホームに佇む”菜の花特急”の姿を、埼京線ホームからパシャリ。
「夜の鉄道駅」は自分が好きなシチュエーションの一つで、こういうのを機会がある毎に撮ってきましたが、”シリーズ物”にしてみるのも面白いかもしれないなあ。
あ、念の為に申し添えておきますが、三脚などの撮影補助具は一切使っておりません。
フィルム時代はともかくも、今はそんなものを使わなくても 工夫次第でどうにかなってしまう事が多いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

通院の帰りにて。

1309131 今日は、持病の診察の為にかかりつけの病院へ行ったのですが、ここで色々ショッキングな結果を聞かされまして。。。
この歳にして身体ボロボロじゃんよ、自分。。。(ToT)
夜帰るのが遅かったり、遅い時間に大飯食らったり、睡眠のサイクルがメチャクチャだったり…思い当たる事は山ほどあるのですが、「仕事だから仕方がない」という理由付けで 全て見て見ぬふりをしてきた自分にも責任はあるんだよなあ。
身体が元々丈夫な方では無いので、尚更かも知れない。
まだ”Too late”では無いので、身体動かす事も含め 出来る事からちょっとずつでもいいから始めなければならないのですが…さて、どうしよう。

病院を後にし、最寄りの駅まで徒歩で向かうことにしたのですが、その道中で見かけた光景。
夏を象徴する花の一つですが、ちょっとどこか涼しげ。
湿気はまだ多いですが、空気がちょっと冷たくなってきたかなあ。
そういえば、9月ももう中旬。 そうこうしている内に、「2013年度」も後半戦に突入、か…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

富士通LOOX U(U50WN2)をWindows XP→Windows7へアップグレード。

Windows XPのサポート終了まで7ヶ月余りとなりましたが、手持ちのPCの内 Windows7へのアップグレードが可能と思われる機種・富士通LOOX U(U50WN2)に再び手を加える事にしました。
自分のLOOX Uは、3年前にBluetoothモジュールの追加30GB SSDへの交換を行っている上にかなりいじり倒した事もあり、今回のWindows XPのサポート終了と共に引退させようと思っていたのですが、ふと気づいてみると、この「UMPC」というカテゴリに入るPCが市場から絶滅してしまい 代替となるものが全く無い、という事実に気づきまして。
この極小の筐体でWin32アプリケーションが動く、というプラットフォームは自分にとって何かと使いやすく便利で、何とかして延命したい…と思うようになったのですが、色々調べてみると、Windows7へのアップグレードは可能である事が分かってきまして、気持ちが前向きになっている内にやっておかなければ…と思い、今回実行した次第です。
今回の再改造・OSアップグレードに際し、用意したものは以下の通り。

  1. OS…Windows7 Home Premium(32bit版) ※Intel A100は32bit対応のみ。
  2. SSD…Plextor PX-64M5M(mSATA/ 64GB)
  3. mSATA to 1.8"ZIF変換基板… Project M MSATA2ZIF
  4. ZIF→50pin IDE変換ケーブル… Project M ZIF2PIN50
  5. 両面テープやスペーサ・SSD固定用の厚紙など 若干

変換基板やケーブルを用意したのは、市販のSSDでLOOX Uの規格(自分のLOOXは、50pin東芝型P-ATA)に合うものが最早入手不可能になっているからで、かなり歪な改造となってしまう結果に。
まあ、これは仕方がありませんね…。
今回購入したSSD変換パーツ(上記3. と4.)、取扱説明の類が無いばかりか相性保証も全く無い という不親切ぶりで、かの「玄人志向」ですら可愛く見えそうな代物ですが(笑)、こんな”人柱”まがいの改造を行う人相手の商売だからこそ成り立つブツなんでしょうねえ。
ま、ケーブルの接続方向を間違えさえしなければ使い方は至ってシンプルなので、こんなものでも有難いっちゃ有難いのですが。

1009131 左が、SSD+変換基板の実装を完了した所。
ご覧のとおりスペースが空いてしまいスカスカになってしまうので、あれこれ悩んだ末に 厚紙を1.8"HDDと同じサイズに切り抜いた上で これにSSDユニットを極薄い両面テープで止める事にしました。
紙では無く、薄い樹脂系のフィルムだったらなおベターでしょうが、これで問題は起きなさそうなので気にしない(笑)
なお、厚さ的にはこれでかなりギリギリで、スポンジベースの両面テープではNGでした。
接続に問題のないことを確認したら 裏蓋を閉じ、いよいよOSのインストール開始です。
USB接続の外付けDVDドライブにWindows7のインストールメディアを入れた後、PC本体の電源を入れ セットアッププログラムが立ち上がったら、後は画面の指示に従ってインストールを続行するだけ。
何回かアップデートを繰り返す内に、グラフィックやサウンド、チップセット(そしてBluetooth)などの基本的なドライバは自動的にインストールされ、使えるようになります。
ひと通りOSインストールが終わったら、あとは拡張機能ドライバ(※デバイスマネジャーで「FUJ02E3」などと表示されているもの) 及び ユーティリティのインストールに移るのですが、先達の方々の記事にもある通り、自分はシンガポール富士通のWebサイトからドライバを落としてきて(U1010、若しくはU2010)使いました。
U50WNは、元々メーカーサポートがWindows Vistaまでで、Windows7でこれらが動くかどうかは未知数だったのですが、結論から言うと 「Vistaで保証されているものは、殆どが7でも動く」ようです。
この機種で特徴的な キーボード照明やタッチパネルなどの機能も、このインストールで ほぼ制限なく使えるようになった事を確認しました。
ただ、現時点では指紋認証ユーティリティ(OmniPass)だけは入れていません。(あまりいい噂を聞かないので…)

1009132 OSインストールがひと通り終了した段階で測定した「Windowsエクスペリエンス」のスコアが、左の通り。
主記憶装置は、最新のSSDを入れただけあって 際立って優れたスコアとなっていますが、やっぱりCPUとグラフィック(GPU)のスコアが全体の足を引っ張ってしまっていますね…。
じゃあ、どうしようもなく遅くて使い物にならないモノかと言ったらそうでも無く、寧ろ今までのWindows XPよりもキビキビ動いてくれる印象を持ちました。
SSDの転送速度の高さに加え、Windows AeroのGPU描画補助がプラスに働いてくれているようで、これだったらストレスを感じる場面は少なさそうな感じ。
ま、CPUの処理のみに依存する部分では、クロック相応でしょうが…。
良かった。 これだったら、あと数年は確実に延命ができそうだ!

※最後にお断りしておきますが、上記の改造は「個人のリスクの範囲内」において行ったものです。
それをご承知の上でご覧ください。
「お前の真似をして改造したら動かないそ!責任取れ!」などのクレーム等には一切応じかねますので、ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

欲求不満。

0909131 そろそろ秋の報せも届き始めているし、何処かに出かけたいなあ。
現役最後の”青ガエル” 旧5000系に会いに熊本に行きたい、というのもあるし(恥ずかしながら、九州はまだ”未踏の地”なんです・・・(笑))。
時刻表とじゃ@んの出番かしら。
・・・その前に、グダグダな仕事を綺麗サッパリ片づけてからでないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

消えゆく”カマボコ屋根”の今。

会社を早めに逃亡…もとい、退社したのは、秋葉原のPCショップに行って 手持ちのモバイルPC(富士通 LOOX U/U50WN2)を”延命”させるためのSSDとWindows7のインストールディスクを手に入れておこうと思ったから。
手のひらサイズのスマホですら1GHzオーバー&クアッドコアが当たり前のご時世に、何故こんな シングルコア&800MHzなんていう 旧弊なCPUを持つ端末を延命させようと思ったのかって?
…ま、色々あるんですよ(笑)
それに、Win32アプリケーションが完全な形で動く、というのは、ソフト資産を活かす事も含め 色々メリットも大きいので。
… 上手くインストールが出来るかどうかは未知数ですが(そもそも、メーカーサポートが皆無)。

閑話休題:
お目当てのPCパーツが手に入り、神田から銀座線に乗って終点の渋谷まで出たのですが、ここで”寄り道”をし ”カマボコ屋根”の今を軽く撮って行くことにしました。
8月下旬に来た時から更に解体工事は進み、側面のイチョウ形の仕切りパネルが全て取り外され、内側に引き倒されている状態に。
この時間になってもまだ作業を行っている人がいるというのは、工期がかなりキツいという事なんですかねえ。
思い出の場所が消えていく”余韻”をじっくり味わいたい側としては、そんなに急がなくてもいいのに…と つい思ってしまうのですが、ここを撤去してから始まる工事もあるし(恐らく、JR埼京線渋谷駅ホームの移転作業)、そうも言っていられないんだろうなぁ。

0209132 0209133 0209134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルー・モーメントのひととき。

0209131 今日は理由あって、(最近の自分にしては珍しく)ほぼ定時に仕事場を後にしたのですが、最寄りの駅で見かけたワンシーン。
山手貨物線の連絡線に佇む、ディーゼル機関車。
車両基地が近いせいか、珍しい”お客さん”を見かける事も結構あるのですが、ディーゼル機関車はあまり見ないかも知れません。
乗務員訓練の一環か何かなのかな?
線路上で暫く微動だにしなかった機関車ですが、やがて警笛を短く鳴らすと、白い煙をうっすらと吐きながらゆっくりと新宿方面に向かって去って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »