« 内房に帰ってきた、「スカ色の電車」。(2) | トップページ | 新しくなっても変わらない、長閑な風景。(JR久留里線) »

2013年7月 7日 (日)

近代化された久留里線。

0707133 木更津と云えば「証城寺の狸囃子」に 房総のJR線唯一の非電化路線!…という事で、久々に久留里線に目を向けて見ることにしました。
気動車の置き換えを直前に控えた昨年の秋ごろには、帰休で平日の休みがあったのを良い事に 機会がある度に沿線を訪れたりしていたものですが…それからあっという間に半年以上が経過したことになるんですか。早いものです。
良くも悪くも「昔の姿」を留めていたこの路線も すっかり近代化し、以前とはまるで別の姿になっていました。
確かに快適!ではありますが…「鉄」的には何か面白くない(笑)
ま、「利用客あっての鉄道路線」ですから、サービスレベルの向上という観点から見てみると これはこれで正しい方向性だろう、とは思うんですけれどね。

|

« 内房に帰ってきた、「スカ色の電車」。(2) | トップページ | 新しくなっても変わらない、長閑な風景。(JR久留里線) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/57778425

この記事へのトラックバック一覧です: 近代化された久留里線。:

« 内房に帰ってきた、「スカ色の電車」。(2) | トップページ | 新しくなっても変わらない、長閑な風景。(JR久留里線) »