« SIGMA DP1 Merrillで撮る「緑の山手線」編成。 | トップページ | 個性のSIGMA、安定のキヤノン。 »

2013年6月30日 (日)

”魔的”な写り。(東京駅南口 with SIGMA DP1 Merrill)

3006132 オリジナルのサイズで出すことが出来ず、このカメラの魅力を十分に伝えられないのが本当に残念ですが…。
このDP1Mを始めとする”Foveonファミリー”の最大の愉しみは、「等倍で表示させること」。
建物のテクスチャをモヤモヤに誤魔化したりせず、良くぞここまで!…と感心するほどのディティールの表現は、ちょっと他に例を見ない程のものだと思います。
C社やN社のような業界最大手も、”プロの文房具”という位置に胡座をかいていないで、”予想の斜め上を行く”ようなアプローチが欲しい所なんですが…体質的に難しいのかなあ。
個人的意見ですが、今最も面白いカメラを作っているのは、このSIGMAを初めとして、ペンタックスリコー、フジフィルム辺りだと思うのですが…どうでしょう。

|

« SIGMA DP1 Merrillで撮る「緑の山手線」編成。 | トップページ | 個性のSIGMA、安定のキヤノン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA DP1 Merrillで撮る「緑の山手線」編成。 | トップページ | 個性のSIGMA、安定のキヤノン。 »