« 久々の”ネイチャースナップ”。 | トップページ | ラストラン!”団子鼻のシンカンセン”200系 with SIGMA DP1 Merrill »

2013年4月11日 (木)

DP1 MerrillのRAWデータを「モノクロームモード」で現像してみた。

1104131 SIGMA DP MerrillシリーズのRAWデータを現像する為の純正ソフト「SIGMA Photo Pro (以下 SPP)」ですが、今春からリリースされた「Ver. 5.5」以降から新たに「モノクロームモード」と呼ばれる現像機能が実装されました。
カラーで撮ったものをわざわざモノクロで?…と思われる向きもあるでしょうが、白と黒の二値で表現するこの写真の世界、思った以上に奥深いものに感じるのです。
左のカットは、駒込・六義園で撮った枝垂れ桜を改めてSPPの「モノクロームモード」で現像してみたものですが…この浮き立つような立体感!素晴らしい表現力です。
今までDP1 Merrillで撮ってきた色々なカットを改めて現像してみたくなりました。

|

« 久々の”ネイチャースナップ”。 | トップページ | ラストラン!”団子鼻のシンカンセン”200系 with SIGMA DP1 Merrill »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/57187820

この記事へのトラックバック一覧です: DP1 MerrillのRAWデータを「モノクロームモード」で現像してみた。:

« 久々の”ネイチャースナップ”。 | トップページ | ラストラン!”団子鼻のシンカンセン”200系 with SIGMA DP1 Merrill »