« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月30日 (水)

東京スカイツリーと”原色”200系。

2701131 奥に、一際高く聳える「東京スカイツリー」。
細く伸びる高架上を走る”原色”の200系新幹線。
「北とぴあ」での撮影の”締め”は、このカットにしようと決めていました。
これで、東京近辺での「考えられ得る」アングルは粗方撮り納めたんじゃないかな?
機会があれば、もう一回位”追試”をやって、その後は 熊谷近辺で疾走する姿を狙って”お仕舞い”にしたいな、と考えている 今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

<<おまけ>>突如乱入? 「East-i E」登場。

2601132 200系新幹線の通過を待っている間に突如乱入(?)してきた白い”珍客”。
軌道検測車「East-i E」こと E491系ですね。
おまけに、今回は”光オイラン車”こと マヤ50形を中間に連結した”完全体(?)”でのご登場。
丁度その時、下り線を”安中貨物”の編成が通りかかったので、一緒に撮れないかカメラを向けてみたのですが・・・タイミングと画角が合わなくてダメだった(涙)
カメラに付いていたのが標準ズームレンズだったらモノに出来たかも知れないですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

一編成のみ残る、”原色”の200系新幹線車輛。

2601131 1/26より、今まで200系で運用されていた大部分の便はE2系に置き換えとなりましたが…幸運な事に、日中の便にまだ運用が残っているようで。
自分が良く狙う「とき327号」と「とき331号」も、200系運用のまま残ってくれました。
あと一か月ちょっと…このまま何も無く”花道”を飾ってくれるといいなぁ。
この日の「とき327号」は、”原色”K47編成での運用。
良く、「昭和」とか「国鉄カラー」なんて言われたりしますが、この系列にはこの色が一番しっくり来ると思うのは、恐らく自分だけでは無いと思いたい。
開業時から一番付き合い(?)が長いだけに、余計にそう思うのかも知れませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

<<おまけ>> 「北とぴあ」からの鉄道風景(4)・俯瞰風景ミニチュアライズ

お目当ての200系新幹線が通過する間、こんな写真を撮って遊んでみました。
風景がまるで”ジオラマ”のように見えてしまう、「ミニチュアライズ」。
これを試してみるのに、ここ「北とぴあ」からの眺めは最適のように思えたので。
左が、東北本線を上る国鉄型電車。そして右側が、明治通りの併用軌道をよじ登る都電荒川線。
うわー、これ 面白い(笑)
このペンタックスQ10、撮像素子が1/2.3型と小さいこともあり 画質は残念ながらそれなり・・・ですが、こういった「デジタルフィルター」機能など それを補って余りあるものを秘めていると感じます。
ま、”普通の鉄道写真”のフォーマットからは外れてしまいますが、「ゆる鉄(©中井先生・笑)」のいちジャンルだと思っていただければ・・・。

2201132 2201133

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

もうすぐ見納め。東北・上越新幹線の初代車両・200系(「北とぴあ」からの俯瞰)・再び。

2201131 この日は帰休だったので、”ヤボ用”ついでに再び王子駅前の「北とぴあ」を訪れました。
狙いはズバリ、上越新幹線の”団子鼻”200系なのですが、今回は昨年12月に導入した”豆一眼”・ペンタックスQ10を持ち込んでみました。
散歩目的の機材を重くしたくない、というのもあったのですが、もう一つは、豊富で魅力的な「デジタルフィルター」の機能を使って見たかったから。
この「デジタルフィルター」は ”後掛け”も可能な様になっているので、納得の行くまでイメージを追い込む事が可能です。
で、下り「とき331号」を撮ってみたのが、左のカット。
いくつかのフィルターを掛けることによって、昭和20~30年代のポスターのようなイメージを狙ってみました。
普通の「鉄道写真」からはフォーマットが逸脱してしまうかもしれませんが…こういうのも面白いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

<<おまけ>> 「北とぴあ」からの鉄道風景(3)・茜色の空に沈む副都心の超高層ビル

1901136 左側の先が尖ったビルは、代々木の「ドコモタワー」。
左の一番大きく見えるのが、池袋の「サンシャイン60」。
雑然とした東京の風景も、こうやって見てみると 捨てたものじゃない、と思えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

<<おまけ>> 「北とぴあ」からの鉄道風景(2)・東北本線の211系。

1901135 おまけで、もう一枚。
東北本線を走る 211系です。
この系列も、あと僅かで新車両に置き換えられ、”都落ち”する運命。
こういう在来線車両まで目を配る(?)事は少ないですが…良い記録になったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<<おまけ>> 「北とぴあ」からの鉄道風景(1)・「安中貨物」

1901134 200系新幹線の通過を待つ間にやってきた、通称「安中貨物」。
亜鉛の精錬を行うのに必要なマテリアルを輸送する目的に使われる 赤色のタンク車と無蓋車が特徴的ですね。
この日牽引していた機関車は「カシオペア」専用塗装のEF510形ですが、こういう運用も地道にこなしているんですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

もうすぐ見納め。東北・上越新幹線の初代車両・200系(「北とぴあ」からの俯瞰)。

1901133 というわけで、”リヴェンジ”の成果が、これ。
王子駅近くにある「北とぴあ」から、200系運用の下り「とき335号」を流し撮りでパシャリ。
心持ち、もう少し流したかった所ですが、前の「とき331号」のテイクで失敗してしまい・・・(手ぶれ補正を切り忘れてしまった;)、あまり”冒険”せず 確実に撮れる範囲で、と判断した次第。
流し撮りはあまりやった事がなく、かなりドキドキものでしたが、キレイに決まるとなかなか爽快ですねえ。

もう一回位、リテイクしてみたいです。それも、もう少し明るい時間帯の便を狙って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

「団体運用」の山手線?(「緑の山手線」編成@田端駅)

月曜日、積雪による交通の混乱に阻まれて挫折した撮影の”リヴェンジ”をしに王子に向かっていた時のひとコマ。
普段は撮る人など(殆ど)いない山手線に カメラを下げた撮り鉄の一団が駅のあちこちにいるのを見かけたので、何か来るん?・・・と カメラの向く先を眺めていたら、やって来たのがこれ。
16日から運行を開始した「緑の山手線」編成なのですが・・・「団体」・・・? ゑ、「団体」って一体何?!
何も知らなかった自分は、カメラを構えながら やって来た電車を呆然と見つめていたのですが・・・後でFacebook上で伺った事には、山手線に「緑の電車(=103系)」が導入されて50周年を迎えるにあたり Web限定で募集されたイベント走行だそうで。
そういえば、そんな話を何処かでちらりと聞いたことがあるような気がするのですが・・・ひたすら各停運用で黙々と”円周走行”しているイメージしか無い山手線にあって、「団体」のサボ掲げて走るのって かなり珍しい事なんじゃないかと思うのですが・・・どうですかねえ。
しかし、無知とは云え、こんなレアな運用にバッタリ出くわすなんて、今年の運を全て使い切ってしまった、なんて事は無い・・・よね?

1901131 1901132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

山手線に帰ってきた(?)「ウグイス色の電車」(「緑の山手線」ラッピング編成)。

この日から運行を開始したと報じられた「うぐいす色ラッピング」の山手線車両ですが、早速オフィス最寄りの駅で”捕捉”に成功(笑)
ラッピングフィルムのテカリがちょっと気になりますが、103系時代を彷彿とさせる車体の色。 銀色基調に申し訳程度の横線があるだけのものが多い今時の鉄道車両の中にあって 非常に目立ちます。
やっぱり、車体に「色」があるのはいいよなあ。
これから12月末までの約一年をこの姿で走ってくれるそうで、色々な場面で狙って(=撮って)見たくなりますねえ。

1601131 1601132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

雪と闘う、都心の鉄道。

1401131 当初の天気予報では、積もるほどの雪にはならないかも…と言っていたのですが、蓋を開けてみたら、この大雪。
ちょっと違った写真が撮れるかも…と期待して 午後から外出したのですが、途中でものの見事に電車の抑止に遭いまして(笑)
こりゃあ、大事にならない内に自宅に帰った方が良さそうだと思い、泣く泣く引き返す事にしたのですが、その途中、乗り換えの駅で撮ったのが、この写真。
何とも走り辛そうにそろそろとした足取り(?)で走っている電車たちでしたが、その安全運行は、雪まみれになって奮闘する人達によって 確かに守られていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

もうすぐ見納め。東北・上越新幹線の初代車両・200系。

1301131 所用で出かけたついでに、東京駅の近辺で「とき331号」に充当されている200系をパシャリ。
運用離脱まで、あと2ヶ月。
このまま何事も無く花道を飾って欲しいものです。
しかし、東京近辺で新幹線が撮れるいい場所が無いものか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

SIGMA DP1 Merrillで撮るTOKYO夜景・・・ 東京駅赤煉瓦駅舎・俯瞰風景

土曜日でしたが、(何故か)この日は出勤日に…。
ま、働くことは嫌いじゃないし、何より 何処かに寄り道する口実(?)が作れるので、個人的には歓迎ですけれどね(笑)
滞り無く仕事が終わり、19時前にはオフィスを後にしたのですが、カメラ(SIGMA DP1 Merrill)を持っているし、折角だから何処かで暫し夜景撮影を…を思い、東京駅へ行く事に。
”赤煉瓦駅舎”対面に位置している「新丸ビル」のテラスから駅舎の方向を”俯瞰”で撮ってみる事にしました。
ここから 換算28㍉の画角では駅舎全体を映し込むのは不可能だったので、一番”収まり”のいいアングルをあれこれ試行錯誤してみたのですが…(個人的に)一番ベターだと思ったのは下の二枚でしょうか。
帰りのバスの時間があったので、そこそこで切り上げたのですが、もっとあれこれ試してみたくなりました。
SD15 + 8-16mm f4.5-5.6 のコンビで超広角アングルで狙ってみるのも面白いかも。

1201131 1201132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

東急のレールドクター・「TOQ-i」。

0901131 「次に参ります電車は、回送電車です・・・」という 東急線ではあまり聞かない(?)場内放送の音声に耳を傾けていたら、やって来たのは何とこれ。
昨年の春から運用を開始した事業用車「TOQ-i」ことデヤ7550系でした。
この車両、デビュー直後のイベント走行時に遭遇できるチャンスがあったのですが、自分は寝坊してすっぽかしてしまって…(笑)
一年近く経って、漸く間近で見る機会に恵まれました。
気まぐれで”お散歩カメラ”を持ってきていたのもラッキーでしたかねえ。

…所で、正月休み明け間もない平日の午後に、何故こんな場所にいたのかって?
帰休。。。(汗)
ホント、大丈夫だろうかうちの会社。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

久々に、聖橋からの眺めを。

0501131 午後から 所用で外出したのですが、立ち寄った御茶ノ水でのひとコマを。
この風景は 自分の「お気に入り」の一つで、今まで何度題材にしたことか。
カメラ片手に眺めていると、過ぎ去った色々なことが思い起こされてきますねえ。
今日もいい夕景を頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山の「撮り初め」のつもりだったのですが…

夕方、機材を持って上野毛の「富士見橋」まで行ったのですが、見事に天気の気紛れにやられまして(苦笑)
なかなか 良い条件では撮れないですねぇ…。
また、出直すとしますか。

0401131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

喪われた「芝・増上寺」の面影。(埼玉・狭山不動尊)

徳川将軍家の「菩提寺」として江戸時代に隆盛を極めた 東京・芝の増上寺ですが、明治維新直後の”廃仏毀釈”や 第二次大戦中の戦災の影響で その規模が大幅に縮小してしまった…という一連の歴史をご存知の方はどれだけいらっしゃるでしょうか。
増上寺に当時 幾つか存在した徳川将軍家霊廟の中でも最大の規模を誇ったのが、二代将軍 徳川秀忠の「台徳院(たいとくいん)」。
現在も残る 徳川家康の「日光東照宮」に勝るとも劣らぬ規模と豪華さを誇り、戦前まで東京の「観光名所」として親しまれてきましたが、1945年の春に起こった「東京大空襲」の際に 主要な伽藍を焼失。
戦後も復興される事無く、敷地は西武グループに売却された後に 現在「ザ・プリンスパークタワー東京」となっています。
その旧台徳院の中でも焼け残った建築物が、現在も芝に残る「惣門」を含めて幾つかありまして、それらは全て埼玉県所沢市にある「狭山不動寺(狭山不動尊)」に移築され現存しているのです。
何故に所沢?…というと、この寺院が 旧台徳院の敷地を買い取った西武グループの元オーナー・堤義明氏によって建立されたからで、これらは全て増上寺の手を離れ、個人の所有(すなわち、堤一族)となっているとの事。
この事実を知ったのは恥ずかしながら(?)つい最近で、見に行く機会をずっと伺っていたのですが、新年のお墓参りのついでに寄ることが叶いました。
ちなみにこの「狭山不動寺」、西武ライオンズが必勝祈願を毎年行うお寺として表向きは有名ですが、こういう戦災を奇跡的に逃れて移築された貴重な文化財が残る”博物館”としても是非見て頂けたら…と思います。

(一番左):   狭山不動寺の入口。 左に見えている特徴的な玉垣は、台徳院の奥院覆屋を囲っていた物。
(左二番目): 台徳院勅額門。
(左三番目): 台徳院御成門。
(左四番目): 台徳院御成門。 反対側から覗くと、天井の天人像を眺めることができる。
(左五番目): 増上寺 石灯籠。 「増上寺 寛永XX年...」の文字が確認できる。
(一番右):   崇源院丁子門。台徳院と崇源院(江姫の霊廟)を繋ぐ通用門だった。

0201131 0201132 0201133 0201134 0201135 0201136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

元旦恒例の、初詣(目黒不動尊)。

午後より、元旦恒例となっている「目黒不動尊(瀧泉寺)」へ初詣へ。
深夜に 近所の神社で(一時間も並んで)破魔矢を頂いて来ているので、今年はパスしても良いかも…と、チラッと思ったりしたのですが、家で腐っているのもちょっと…ねぇ。
”豆一眼”こと ペンタックスQ10を首から下げて行きましたが、このさり気なさ、こういう場では使いやすいです。
描写も、なかなか良好ですしねえ。

0101134 0101135 0101136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

新年明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い申しあげます。
通例だったら、年越しはテレ東の「東急ジルベスターコンサート」を見て終わり…なのですが、今年はお散歩カメラを持って近くの寺社へ。
新年明けたての街の様子を軽くスナップしてみようと思いました。
勿論撮るだけでなく、地元の氏神様へのご挨拶も。
現在地に住み始めて結構経ちますが、初詣に行ったのは、(恥ずかしながら?)初めて。
今まで、「行列に並ぶのが面倒くさい」「寒い」という理由だけで 何となく敬遠してきた自分ですが… こういう”気まぐれ”も たまには良いでしょうか。

0101131 0101132 0101133

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »