« 冬に咲く「光り輝く桜」(目黒川・みんなのイルミネーション2012)。 | トップページ | ほんとうの意味での「クリスマス」を迎えてみたくて。 »

2012年12月23日 (日)

赤煉瓦駅舎、”百變化”(ミチテラス2012/ TOKYO HIKARI VISION)

この日は定時後まで会議に拘束される予定で、当初行くつもりには無かったのですが…会議の相手の都合が付かずに急遽延期となりまして。
これは幸い!…と、電車に飛び乗り、一路東京駅へ。
本日(12/21)から、丸の内口で毎年恒例のライティングイベントが始まるのです。
以前は「LIGHTOPIA」という名前で開催されていたと思うのですが、今年からは「ミチテラス~」と変わったのですね。
今年の目玉は、何と言っても 復原工事の完了した東京駅赤レンガ駅舎を”スクリーン”に使った 「プロジェクションマッピング」。
9月中下旬に 同じ場所で開催された「TOKYO STATION VISION」以降 国内では急速に知名度が高まった 新手の映像表現だそうで、自分は今まで見たことが無く、どんなものか 非常に興味があったのです。
この日は、仕事の関係でカメラを使う事があり、幸か不幸か(?)手元には EOS5Dが。
スチル写真で このショーの魅力をどこまで伝えられるかは分かりませんが、ハイライト部分をちょっとだけ”お裾分け”して見ることにしました。
赤レンガ駅舎のシンメトリーを活かした変幻自在の”光のショー”、見て良し、撮って良し。自分は大いに楽しみました。

2112121 2112122 2112123 2112124 2112125 2112126 2112127

|

« 冬に咲く「光り輝く桜」(目黒川・みんなのイルミネーション2012)。 | トップページ | ほんとうの意味での「クリスマス」を迎えてみたくて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/56379700

この記事へのトラックバック一覧です: 赤煉瓦駅舎、”百變化”(ミチテラス2012/ TOKYO HIKARI VISION):

« 冬に咲く「光り輝く桜」(目黒川・みんなのイルミネーション2012)。 | トップページ | ほんとうの意味での「クリスマス」を迎えてみたくて。 »