« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月26日 (水)

渋谷駅夜景。

1209121 下らない仕事に付き合わされて、気づいてみたら余裕で23時…。
慌てて帰路についたのですが、この時間帯に路線バスは既に無く、山手線で渋谷まで出て東横線で帰る他はない…という結論に。
精神的にヘロヘロになっていた手前、当初は何もせず まっすぐ帰るつもりだったのですが、夜景を見ていたら何か写真を撮りたくなって。考えた挙句、駅近くの歩道橋から東横線渋谷駅の遠景をパチって帰る事にしました。
自分的には何という事はない、 ごくありふれた風景の一つですが…これも後々、”思い出の一枚”になってしまうんでしょうかねえ。
半年後にホームが地下に潜る東横線は勿論のこと、”玉電”こと旧玉川線の名残を今も留める東急東横店の建物も。
「後悔先に立たず」…納得の行くまで撮り貯めておかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月もそろそろ中旬なのに…(9/10)

1009121 持病の診察の日で、午前中は休み。
通院の道中(?)僅かばかりながらも写真撮影をするチャンスに恵まれましたが…とにかく暑い(汗)
9月も後少しで中旬に差し掛かろうという所まで来たのに、一向に気温が下がりません。
こうやって撮ってみると、まだ真夏なんじゃ?!…と錯覚しそうな感じですねぇ。
それはいいのですが、雨が一向に降らないのが少々気になります。
首都圏の”水がめ”は大丈夫?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

まだ残暑厳しいですが…

0909121 夕方外出した際に目にした空。
相変わらず30℃超の厳しい暑さが残る毎日ですが、空は既に秋の雰囲気。
これだけ見ると、爽やかそうな気候なんですがねえ…。
暑いのがどちらかと言えば苦手な部類に入る自分としては、早く涼しくなってくれるのは大歓迎なのですが…水不足もそろそろ気になるので、一雨降って欲しいなぁ、とも思う、今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライング?で一足先に東横線で働き始めた、メトロ10000系。

0709121 Facebook上でこの話を聞き ちょっと気になったのが、事の発端。
会社を出た時間が遅かった事もあり、出会えるかは正直微妙な所だったのですが…いきなりバッタリご対面(笑)
普通は何気なく電車を利用している人たちも この”珍客”の登場に驚いたのか、ある人は手持ちのデジカメで、またある人はケータイカメラで…渋谷のターミナルはちょっとした”撮影大会”と化していました。
自分も偶然(?)手持ちのカメラを持っていたことから、この”撮影大会”の一員にさせて貰ったのですが…冷静に考えて見ると、このホームにこの電車が停まっているというのは一時の”貴重なワンシーン”なんじゃないか?…と思った次第。
半年後に副都心線との乗り入れが開始されると、この渋谷駅の地上ホームは廃止されてしまいますからねぇ。
しかし、何の思惑があって この編成が東横線上で”フライング”客扱いを開始したのか?その背景がちょっと気になる、今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

憂さ晴らし?に、東京駅で夜スナップ。

9月に入ってから、色々アレな事情もあって急に忙しくなってしまい…ちょっと前には空が明るいうちに退社できていたものが 急に「夢のまた夢」となってしまいました…。
程々に忙しい状況は歓迎するべき事なのでしょうが、「忙しすぎる」のは考えものですよね。
そんな事もあって、なかなか思うようにカメラのシャッターが切れなくなってしまい 悶々とした日々(?)を送っていたのですが…流石に耐え切れなくなり、ちょっと早く解放されたのをこれ幸いと、東京駅まで夜景スナップを撮りに行って来ました。
東京駅といえば、現在 外観復元中のお馴染み「赤煉瓦駅舎」ですが、今まさに最終仕上げの真っ最中。
98年前に建てられた当時の壮麗な外観が今まさに甦ろうとしている所で、工事が全て完了し 正式お披露目されるのが待ち遠しい所です。
カメラの手持ちこそあれ こういうシチュエーションで撮るのを全く予想していなかったので、三脚の用意などあろうはずも無く、カメラの最高感度(ISO3200)+手持ちでの撮影となりましたが…案外 実用レベルでバシバシ撮れてしまうものだ。
ホント、ありがたい時代になりました。

0509121 0509122 0509123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

来春に消える、鉄道風景(東横線上のメトロ03系)

3008121 自由が丘駅で離合する、二編成のメトロ03系。
自分にとって長い間「当たり前の鉄道風景」であり続けたこれも、あと半年あまりで「過去の風景」になってしまいます。
路線として地味なので、今まで撮影しようという気になかなかならなかったのですが…色々”記録”しておきたい気に駆られている、今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

赤絵の具を滲ませたような、夕空。(With SIGMA DP2)

2408121 やぼ用で夕方外出した時に目にした、夕空。
コバルトブルーのキャンバスに赤絵の具を滲ませたような感じが印象的でした。
”お散歩カメラ”として、SIGMA DP2をバッグに忍ばせていた事から偶然撮れた一枚なのですが、こういう「シャッターチャンス」は 予期しない時にこそ撮れるものですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

夏季最後の「ホリデー快速鎌倉号」を、再び北鎌倉で。(2)

1908122 東所沢への回送シーンは、踏切を挟んで円覚寺の山門の向かい側から。
手前に石橋があるこのアングル、既に多くの方が作品として残されているようですが、自分としても一枚手にしておきたかったので。
心持ち、もう少し手前に列車の先頭が来るようにしたかったのですが…辛うじて向こう側の石碑が見える所で止まってくれたので、「セーフ!」という事にしておきましょうか。
丁度手持ちのあった「EF 50mm f1.4 USM」を使ってみましたが、レンズの明るいのは、やっぱりいいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏季最後の「ホリデー快速鎌倉号」を、再び北鎌倉で。(1)

1908121 時はちょっと遡って、 8月19日。
夏季最後の「ホリデー快速鎌倉号」の運転日、と言うことで、”復習”をするために再び北鎌倉駅を訪れました。
こんな地味な車両を追う物好きも居ないのか、来ていたのは 大凡自分一人。
これだったら遠慮なく駅撮りが出来る!…ということで、往路は 構内踏切から”教科書通り”の一枚を、パシャリ。
かつての姿とはちょっと違うけれど、スカ線で113系が現役だった頃を彷彿とさせますねえ。
何度も言いますが、「車体に色があるのは、いいことだ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

再び、盛夏の久留里線へ。(9)

終点の木更津にて。
花火輸送対応のために、この編成も増結をするようです。
暫くすると、タイフォンを軽く鳴らして もう一両の国鉄色キハ30形が。
惜しい! これがキハ30形3連結だったら、予定を変更してでも撮影を続行するのに…。
係員の人達が ブレーキ管を接続したり幌を付けたり忙しく動きまわるのをホームの上から暫く眺めていましたが、こういう光景も 新型車の導入によってどう変わっていくのか…。

1608129 16081210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

再び、盛夏の久留里線へ。(8)

1608128 そろそろ”時間”になったので、次の木更津行きに乗って帰途に着く事にします。
自分の乗った列車は、注目?の 国鉄色キハ30形が木更津側に連結された二両編成。
夏休み故か、乗客にカメラを持った”鉄ちゃん”が目立ちます。
交換駅の横田駅で 撮影のチャンスがありましたが、このロケーションはこの時間帯 逆光気味で色もコントラストも思わしく無い…。
開き直って ゆるい”トイフォト調”にして現像してみたら、十分使えるようになりました(笑)
失敗で使えない!と思ったカットも、”調理(=レタッチ)”の仕方によっては十分”食べられる”ものになる一例ですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び、盛夏の久留里線へ。(7)

1608127 やって来た列車は、四両編成。
休日なのに 何でこんなに?…と、最初思いましたが…なるほど、今日は小櫃の花火大会向けの特別輸送体制ですか。
浴衣姿の女の子でもいれば 「それらしさ」がもっと際立ったのですが、少し時間が早かったようです。
しかし、長閑なローカル線とはいえ、ホームに”人”がいるのはやっぱりいいよね。
”人”あってこそ、の鉄道なんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び、盛夏の久留里線へ。(6)

1608126 小櫃駅に戻る途中で買ったアイスを食べつつ、次の列車がやって来るのをホームで待ちます。
暑い日でしたが、田んぼの絨毯に青い空…清々しい昼過ぎ。
自分は、都会生まれの都会育ちですが、こういう風景が時々無性に恋しくなります。
ふと、遠くから踏切の警報が聴こえ始め、暫くしてから タタン、タタン…というレールのジョイント音。
久留里方面の列車がやって来たようです。
暫し、”撮影モード”に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

再び、盛夏の久留里線へ。(5)

1608125 小櫃から下郡方面に向かって久留里街道をテクテク歩くこと30分余りの場所。
車窓から見えた「気になったもの」が、これ。
夏を代表する花・百日紅ですねー。
二年前だったかな…小湊鐡道でのブロガーイベントでやった撮り方をもう一度”復習”してみようと、花にピントを合わせ、ハイキーな露出設定にして待つこと30分余り。
連写の利かないGXR + GXR MOUNT A12故に タイミングが合うかどうか心配ではありましたが…ゲット!
今年度中に新型車に置き換えられて引退する予定のキハ達。 この花との組み合わせで撮れるのも、恐らくこれが最後になるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び、盛夏の久留里線へ。(4)

1608124 真夏の強い日差しが降り注ぐ久留里街道を、ひたすら歩き続けます。
途中で見た景色を、何気なくパシャリ。
うーん、ゆるい。このゆるさが堪らない。
「絶景ではないけれど、そこにいると思わず肩の力が抜けてしまうような」風景。
これぞ、”ゆる鉄(©中井先生)”の真骨頂。
そして、自分は こういう風景が本当に好きだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び、盛夏の久留里線へ。(3)

1608123 次に降りたのは、一つ木更津側の小櫃(おびつ)駅。
ここから久留里街道沿いにテクテク歩いて ロケ地を目指します。
木更津方面に去っていく列車を、駅前広場からパシャリ。
地元の人たちが世話をしていると思われる朝顔など 夏の花が、ちょっとした「季節のアクセント」になってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

再び、盛夏の久留里線へ。(2)

1608122 前回来た時よりももう少しパースを強調してみようと、引き気味のアングルで。
うーん、ちょっとこれは微妙…。真ん中の草むらが五月蝿いかな…。
リテイクしたかったのですが、車窓から見ていて良さ気な場所を見つけたので、そこへ移動することに。
被写体の列車に乗るために、全力疾走で俵田駅ホームにダッシュ!(笑)
間に合わないと、次の列車は一時間後になってしまいます…。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び、盛夏の久留里線へ。(1)

1608121 夏休み真っ只中で手持ち無沙汰だったのをいい事に、再び久留里線へと足を運びました。
スタートは 前回と同じく、俵田駅から。
手持ちのカメラは、GXR+GXR MOUNT A12というコンパクトな装備です。
さあ、どうやって撮ろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

”古豪”、最後の奮闘。(久留里線のキハ30)おまけ2

1208127 折り返しの木更津行きの列車に乗り、途中の交換駅である横田駅にて。
荘厳な色を湛えた夕焼け。
鉄道だけじゃなく、こういうものに出会えたりするのも、鉄旅の愉しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”古豪”、最後の奮闘。(久留里線のキハ30)おまけ1

1208126 俵田でひと通り撮影し終わった後、下り列車に乗り 久しぶりに終点の上総亀山へ。
3月のタブレット閉塞廃止までは駅員がいたこのターミナルも、現在は静かな無人駅に。
ホームから木更津側の線路を見てみると、二本あった側線が途中で切断され ”無用の長物”に。
合理化と引換えに、失ってしまった”鉄道風景”が、また一つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »