« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月22日 (木)

まだ楽しめる、鎌倉の紅葉。(瑞泉寺)

今日は休みの日だったので、午前中は両親と昼食のお付き合い。
午後から自分だけ別行動を取り、横浜から横須賀線で鎌倉へ出て、運動がてら散策することにしました。
寺社の境内で紅葉が楽しめる事を期待していたのですが、車窓から見える山々の紅葉が悉く色褪せていたので、これは少々遅かったかも…とがっかりしていたら、目的地である瑞泉寺では今まさに見頃。
過去に何回か訪問しているこのお寺ですが、記憶を振り返ってみると 年末ギリギリの所でもまだ紅葉が見頃だったようで、ひょっとすると このお寺は他の場所よりもちょっと遅めに紅葉の見頃を迎えるのかも知れません。
一通り撮り終わった後 徒歩で鎌倉駅に戻り、そこから江ノ電に乗って稲村ヶ崎へ。
サンセットの風景を撮れたら…と思っていたのですが、ちょっと遅かったようで、太陽は既に地平線に沈んだ後…。
でも、この茜色に染まった広大な景色を見られただけでも満足。
暗く空が沈んだ後 折り返して鎌倉駅に戻り、そこから帰路についたのでした。

今回、”お供”に選んだのは、コンパクト型Foveon機のSIGMA DP2。
もっと色々撮りたければ SD15かEOSにするべきだったのでしょうが…今回は荷物をあまり大事にしたくなかったので。
でも、これだけ撮れたのですから、十分でしょう。

2112111 2112112 2112113 2112114 2112115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

いい刺激になった、夕べのひととき。(那珂湊チャリティー写真展写真家とお仲間たち 交歓会)

プロにハイアマ…鉄道写真関連で活躍する 錚々たる面々に囲まれた”ド素人”約一名…一体何で自分がこんな場所にちゃっかりと居るんだろ!?…という感じですが(苦笑) 8月にひたちなか海浜鉄道那珂湊駅構内で開かれた「チャリティー写真展」でお会いしたのがご縁で 忘年会ならぬ”望年会”にお誘いを受けまして、大変恐縮ながらも末席を汚させていただきました。
今回、それぞれの撮影の成果をフォトブックとして持ち寄り 皆さんに見て頂くという趣向で”自己紹介”があったのですが(自分は写真をプリントしないため、データをiPadに移して持っていった)目の前の”良さげなもの”に飛びついては考えもなく撮り散らかす、という節操のない自分の撮影スタイル(?)と比べると、皆さん それぞれに「テーマ」を設けて それをとことん突き詰めるという事をしっかりとされておられるようで。
一連の作品を拝見すると、一本”筋”の通ったものを感じるし、何より見ていて「かっこいい」んですよね。
「継続は力なり」という言葉がありますが、”写真”というフィールドにもそれがあることを改めて知った 貴重な機会となってくれました。
勿論、場の雰囲気は改まったようなものでは無く、同じものを愛でる者同士として鉄ネタで盛り上がり、バカネタで笑い…実に充実して楽しい3時間となってくれました。
当日会場でお会い出来ました皆様、この場で恐縮ですが…お付き合い頂き ありがとうございました。
またこういう機会がありましたら、是非参加させていただきたいと思いますので…

「Today's Shot」は、待ち合わせ場所の「ここ」で 手持ちのDP2でパチったワンカットを。
こういう場所で待ち合わせするとは、やっぱり…ですよねぇ(笑)
分かりやすいからいいのですが。

1811121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフィス近くの銀杏の黄葉。

昼休みの合間に、DP2でパチリ。
東京という場所、季節感に乏しい「コンクリートジャングル」と思われがちですが、よく見てみると、あちこちに確かな”季節のしるし”が。
あと少し、都内の黄葉は楽しめそうな感じです。

1612111 1612112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

光り輝く、「冬の桜」(目黒河畔 「みんなのイルミネーション」)。

壊れてしまった母親のノートPC(元は、自分がドイツ赴任時代に仕事で使っていたIBMのThinkPad)の代替品を買いに秋葉原へ行った帰り、忘れ物を取りにオフィスへと寄ったのですが、大崎~五反田間の目黒川河畔で期間限定のイルミネーションをやっているのを思い出し、ちょっと寄ってみる事にしました。
こんな事もあろうかと、持ち歩いていたバッグの中にSIGMA DP2と撮影補助のポケット三脚を突っ込んでいたのが役に立ってくれました。
こういうシーンで、軽くて取り回しのいいコンパクト型のカメラは実に役に立つんだよな。
「コンデジ」というカテゴリに属しながらもAPS-Cサイズの撮像素子を持つDP2は、長時間の露光でもノイズの少ない 実に澄んだ絵を出してくれますしね。
Foveonならではのかっちりとした解像感も、夜景撮影にはもってこいだと(個人的には)思います。

1512111 1512112 1512113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

明治神宮外苑のイチョウ並木。

帰休でお休み…という事で、今日も午前中から お出かけ。

①昨日に引き続き、「沼部のお立ち台」で300系新幹線を待ち伏せ
②総武線信濃町駅から 銀座線外苑前駅に抜けるルートで、明治神宮外苑の有名な「銀杏並木」を訪問&撮影
③秋葉原で、母親のPC候補の品定め&かなり遅めの昼飯

…という行程を辿った訳なのですが、今日のメインは、やっぱり②。
以前からずっと来たかった場所だったのですが、なかなか訪問する機会を作れず…。
整然と並んで黄金色に光り輝く銀杏並木は、一見の価値あり!だと思います。
…しかし、今年は 少々調子に乗って 写真を撮り過ぎました(苦笑)
少しクールダウンさせて、エネルギー(=写欲)充填をした方がいいかな?(^_^;)

1312111 1312112 1312113 1312114 1312115 1312116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

目黒不動尊・新宿西口の銀杏の黄葉。

今回は、土曜日から火曜日まで 何と4連休…。
「羨ましい!」と思われる方がおられるかも知れませんが、こうも休みばっかりだと 逆に「どうやって過ごそう??」という事を考えるのが大変。。。(苦笑)
勿論、これで業務の量が減るわけでは無く、同じか 若しくはそれ以上の量を、残された3日間で流すことを考えなければならないのですから、水曜日に会社行くのが億劫になりそうで…(^_^;)
更に言うと、仕事に行かない方が余計にお金を使うんですよね。自分の場合・・・。

閑話休題:
昨日(日曜日)何処にも行かず、家の中で終日大人しくしていた反動(?)からか、午前中からカメラ(SIGMA SD15)を持って近場の撮影に出かける事にしました。
①「沼部のお立ち台」で 来春引退する東海道・山陽新幹線の”鉄仮面”こと 300系を待ち伏せ
②東急目黒線で「不動前」へ出て、目黒不動尊の名物・大銀杏の黄葉状況を確認&撮影
③更に新宿へ出て、遅めの昼食&西口(都庁前方面)のイチョウ並木を撮影(&マップカメラでウインドウショッピング)
…こんな行程だったのですが、ここ最近 グッと冷え込んだせいか、都内に植わっているイチョウの黄葉がどこも美しい事。
更に、天気のいい日が続いているものだから、シャッター切る回数も無駄に(?)増える増える(笑)
そういえば、こんなにもあちこちで撮り回れるようになったのも、「帰休」という 突然降ってきた”休み”があるからで… 今まで、こんな事を考える余裕も殆ど無いほど毎日働かされて疲労し切っていた事を考えると、たまにはこんな生活も悪くはないかも?
ま、帰休した分、収入が減るのはちょっと考えものですが。。。

今日の”パートナー”に選んだSD15ですが、こういった 色彩感と解像感を要求されるシーン(主に、風景・ネイチャーフォト)では 実に図抜けた存在感を持つカメラだと思います。
AFが実に頼りにならないし(こんなんだったら フォーカスエイド付きのMFでいい!と思えるほど)、露出精度がアレだし、高感度域は苦手だし…で、卆なくオールラウンドにこなせる”典型的模範生”のEOSと比べると 実に”苦労と思考”を要求される困ったちゃんではありますが(苦笑)…当たると とんでもなく”いい仕事”をしてくれるので、決して手放そうとは思わないんだなぁ、これが。
傍から見ると、「そんな使いづらいカメラを無理して使わなくても…」と思われる向きもあるでしょうが、まぁ何と言うか…「じゃじゃ馬馴らし」というか、はたまた 「小悪魔なツンデレ娘に入れ込むアレな男」というか… 人の好みって”十人十色”、様々なんです!!(キリッ) という事で一つご理解の程を…って、何言ってるんだ自分(^_^;)

1. 目黒不動尊

1212111 1212112

2. 新宿西口(都庁前)
1212113 1212114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

10年振りの天体ショー。(皆既月食)

紅葉や鉄道を追いかけるのを小休止し、久々に空に目を向けてみる事にしました。
今日は、10年振りの皆既月食の日。大気の揺らぎが大きい日ではありましたが、雲も殆ど無く 、絶好の観測日和。
寒さに凍えながらも、1時間余りの「天体ショー」を楽しみました。
かつて、オペラグラス片手に星空を見上げていた 小学生の時代を思い出すなぁ。
写真を撮ってみようと思い、EOS7D + EF100-400mm f4.5-5.6 L IS USM × EF EXTENDER 1.4x (II)のセットを持ち出して見る事に。
換算900㍉(!)、 更に大トリミング… この組み合わせはAFが利かなくなるため マニュアルで合わせざるを得ないのですが、フォーカスポイントがシビアな上に 時間と共に動く天体を追いかけるのにイライラ&足がガクガク…すごい苦労しました(^_^;)

1012115 1012116 1012117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お目当てのものは撮れなかったけれど。

久々に深く澄んだ空に出会えました。
それだけで満足した一日、かな?

1012111 1012112 1012113 1012114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

今年もいい紅葉風景を、ありがとう。(豪徳寺の紅葉)/DP2によるカットを追加。

12月4日の豪徳寺行きの際に、EOS7Dと併せてFoveon機のDP2でも紅葉の撮影を行なっていた事を思い出し、RAW現像して見ることにしました。
撮像素子上にローパスフィルターの存在しないFoveonならではの解像感…これを見てしまうと、他のどんなカメラの吐き出す画像も物足りなく思えてしまうんだよなぁ。
アンシャープマスクなどの後処理で無理矢理シャープネスを出している大方のカメラのように 輪郭ばかりが太くなってしまうような事もないため、こういうシーンでは積極的に使ってやりたいと思うカメラです。
(SD15用に、50-150mm f2.8 EX DC OS HSMを早く出して!SIGMAさん!待ちくたびれた!!)

0812111 0812112 0812113 0812114 0812115 0812116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

身近な場所には、魅惑の被写体がいっぱい。

今日もニート確定(帰休…泣)ということで、仕事はお休み。
しかし、通院のいい機会、という訳で、朝一番から近所の歯医者さんに、次に かかりつけの病院…と、一気に回って来ました。
通常であれば、年末の最も忙しい時を縫うように行く羽目になるのですが…幸か不幸か(?)今年は早い時期に済ませられて、ホッと一安心。
移動中、カメラ片手に 街中の「ちょっといい紅葉風景」をずっとスナップしていたのですが、イチョウにツタにハゼノキにもみじ…結構まだまだあるなぁ。
4日の豪徳寺の撮影を以って 今年の紅葉撮影は”区切り”とし、後は”写欲エンジン”の燃料切れを大人しく待とうか…と思っていたのですが、逆に思いっきりアクセル吹かされちゃったぢゃないか!(笑)
少なくとも今年は、毎日こんな調子で あちこちで(無駄に)シャッターを切ることになるんだろうな…。
それはともかくも、日常で気兼ねなく持ち運べる 小さくて画質の良いカメラが欲しい。
今回持ち歩いていたのはEOS7Dなのですが、重くてかさばる事この上ない。
色々物色してはいるのですが…何方かお勧めのカメラがありましたら教えて頂きたく…。

 

0612111 0612112 0612113 0612114 0612115 0612116 0612117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

富士山と茜色の夕空を背に。(小田急ロマンスカー・VSE)

新宿の某量販店で色々と見て回りたかったので、適当な時間で豪徳寺境内での撮影を切り上げ、そこから徒歩で小田急線の「豪徳寺駅」へ。
本音、今日は鉄道撮影をするつもりなど毛頭無かったのですが、澄んで雲ひとつ無い空に 遠くにくっきりと見える富士山を見ていたら、いい写真が撮れるのではないか…と思いまして。 トワイライトなひと時を舞台に ”渋い”一枚を狙って見ることにしました。
今回のターゲットは、ロマンスカーのフラッグシップ・VSEで運用されている「スーパーはこね28号」。
こういう撮影環境では、AFがヘッドライトの強い光で幻惑されて迷うケースが多く、通常は「置きピン」で対応する事が多いのですが、今回はそれを敢えて止め、コンティニュアスAFで追い回してみることに。
これは一種の”賭け”ではありましたが…結果は”吉”。狙い通りのカットをモノにすることが出来ました。
自分としては、文句のない 久々の”当たり”ではないでしょうか。
(※お断りしておきますが、この撮影に際し、ホームから身を乗り出すなどの危険行為、及び 一脚などの撮影補助の使用は一切ありませんので、念のため。)

04121110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

今年もいい紅葉風景を、ありがとう。(豪徳寺の紅葉)

いい天気に誘われて、昨日に引き続き 豪徳寺に散歩がてら出撃してきました。
雨と風に晒されたのが原因か もみじの落葉が一気に進んだ様に見えましたが、”極彩色の空間”は まだまだ健在。
こんな事を言うのも何ですが、この「当たり前の風景」を 今年も無事に見られたのが、何だか不思議な事のように思えてきます。
今年も いい紅葉風景を、ありがとう。また来年のこの時期まで、暫しのお別れです。

0412111 0412112 0412113 0412114 0412115 0412116 0412117 0412118 0412119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪徳寺の紅葉は、”後半戦”に。

雨上がりの夕方、他の用事のついでに豪徳寺に寄って見ました。
既に日没だったために境内は薄暗く、写真を撮るのには好ましい条件ではありませんでしたが… それでも、見頃のピークを迎えた紅葉を十分に楽しむことが出来ました。
ここの紅葉も いよいよ”後半戦”へ。 気になる方は、お早めに。

0312111 0312112 0312113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

Feelin' Blue.

暇(?)に任せて 房総で写真撮影に勤しんでいる間に、いつの間にか師走を迎えてしまいました。
今まで過ごしてきた11ヶ月を振り返ってみると、北陸で遭遇した異常豪雪から始まり、忘れようにも忘れられない3/11の東日本大震災、真夏の異常猛暑…。そして仕事周りでは、異常な円高水準にタイ大洪水、、、と、何一つ明るくなれるトピックが無かったような…。
個人的に、今年を象徴する漢字を一つ挙げるとするならば、文句なしに「」だと思います。
ユーロ圏の経済危機に中国のバブル崩壊リスク、と、業界を取り巻く環境は来年も決して明るくは無いでしょうが…少しは明るくなれるような話題が出てきて欲しいな。そう 切実に思います。
「今日の一枚」は、そんな気持ちを代弁(?)した一枚を。
ホワイトバランスを3200K前後に合わせ、ブルーを強調してみました。

3011117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

小湊鐵道線を”復習”。(里見・上総久保の黄葉風景)・おまけ

昨日撮り回って来た中から二点ほど、「車両のない鉄道スナップ」をご紹介。
いや、夏のとある写真展の題名を真似たわけではありませんので、念のため…(^_^;)
小湊鉄道線の走る市原市、特に上総牛久以遠には、昔ながらの里山の雰囲気が色濃く残っていて、こんな風景を撮り貯める事が 自分の愉しみになりました。
これからもコンスタントに撮り続けて行き、いつか 一つの「組作品」として発表できたら…と思っているのですが、一体いつになることやら。
ま、愉しみは少しづつ少しづつ使って行かないと面白くないし。慌てない♪慌てない♪

3011116 3011115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小湊鐵道線を”復習”。(里見・上総久保の黄葉風景)2

”サブカメラ役”のEOS5Dで撮影した 上総久保での縦位置カットを一枚、追加で。
色々 撮り方はあるかと思いますが、こういうアングルが一番無難でオーソドックスかな?…と思ったり。
余談ですが、フルサイズ機の吐き出す絵は、 APS-Cサイズ機のそれと比べると やはり余裕があるように感じられます。
自分の使っている初代EOS5Dは、発売されて6年以上経っている機械ではありますが、絵的には何ら不満を感じないなぁ。
個人的に満足しているが故、現行のEOS5D Markへ更新するモチベーションがイマイチ上がらないのですが…うーん、悩ましい。。。

3011114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び、小湊鐵道線を”復習”。(里見・上総久保の黄葉風景)

帰休日、そして そこそこの好天、という条件に恵まれたので、急遽 小湊鐵道線へと出かけてきました。
この前の土曜日に撮りそびれてしまった いくつかの風景を”復習”しておきたい、と思ったので。
直前に個人的な用事を一つ済ましたせいで、少し五井入りが遅れてしまい、列車で移動するのには限界があったので、①13:00発の上総牛久行きで 終点まで乗車→②タクシーで里見へ移動、ポイントで撮影 →③里見駅前にあるレンタサイクルで自転車を借りて県道を爆走(笑)、上総久保へ移動 →④上総久保で15:17到着の列車を撮影 →⑤再び自転車で里見まで戻り、16:09発の五井行きへ乗車 …という、何ともアレな行程(^_^;)
効率的に撮り回るのであれば、素直にレンタカーを借りれば良かったのですが、あくまでも「列車で移動すること」に拘りたかったので。
それに、「定番」以外の撮影ポイントが無いかどうかもこの目で見て回りたい!…という理由もあったのです。
元々は、上総牛久以遠の列車本数が(特に平日は)絶望的な位に少ないことが原因なのですが…こういう徒歩鉄、いや ”チャリ鉄”があっても良いんじゃないかな、と。
いや、今回のシーズンはは暇に任せて(?)かなり撮り回りました。これで満足は…やっぱりしない!(笑)

3011111 3011112 3011113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »