« ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅の「駅助役」・ミニさむちゃんの事。 | トップページ | 白い頂と、程良く染まった紅葉(白馬岳を望む) »

2011年10月14日 (金)

「旧き良き時代」を今に留める、まちの姿(塩尻・奈良井宿)。

会社が平日オフになったのをこれ幸いと、両親と泊まりがけで 信州・長野に来ています。
一日目のメインは、旧中山道の宿場町の一つ、「奈良井宿」。
江戸時代の街並みが今もほぼそのまま残る、「景観遺産」です。
かつて、交通の要衝だった頃の賑わいを頭に思い描きながら、カメラのシャッターを切りました。

1310111 1310112 1310113

|

« ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅の「駅助役」・ミニさむちゃんの事。 | トップページ | 白い頂と、程良く染まった紅葉(白馬岳を望む) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/52985146

この記事へのトラックバック一覧です: 「旧き良き時代」を今に留める、まちの姿(塩尻・奈良井宿)。:

« ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅の「駅助役」・ミニさむちゃんの事。 | トップページ | 白い頂と、程良く染まった紅葉(白馬岳を望む) »