« XZ-1のRAWデータ × Photomatix3でHDRイメージ生成。 | トップページ | XZ-1のRAWデータ × Photomatix3でHDRイメージ生成。(2) »

2011年7月11日 (月)

出だしを少々トチってしまいましたが(小湊鐵道&いすみ鉄道訪問)・序

頑張って早起きするぞ!と気合いを入れたものの、目覚ましの設定ミスで2時間遅刻となり(笑)当初の目的であった 「キハ52(125)に乗る」という目的は敢無くオジャン^^;
仕方なく、無難に「駅撮りスナップ」となったのですが…天気にも恵まれ、いいカットをモノにすることができました(※あくまでも、当方比ですので…)。
今回、スナップ用として この前E-P1と引換えに購入した「OLYMPUS XZ-1」を持ち込みましたが、鉄道写真などのフィールドにも十分使え得る素質を持ったカメラであることを実感。
F1.8-2.5というレンズの明るさは、感度を上げずとも速いシャッター速度を切ることが出来るので、こういった用途にはもってこいです。
最近は感度を上げてもそこそこ破綻なく写ってしまうカメラが多いせいか、交換レンズ、特に標準ズームは開放F5.6位の暗いものが多いのですが、アンチノイズ処理は必然的に解像感と階調が喪われてしまいますから。
自分としては、やっぱり「低感度での撮影」に拘りたいんですよね。

今回、このXZ-1と、XZ-1のカバーできない画角を補う目的でEOS7Dを持ち込みましたが…うーん、今回も随分撮ったな… f(^_^;)
一度にご紹介するのは、RAW現像の工数の関係からも無理かな…と思いますので、一週間に分けて徐々にご紹介して行きたいと思います。
しかし、XZ-1の「ドラマチックトーン」は、実に魅力的なアートフィルタです。
個人的に 大いにハマっている表現方法なんですね(笑)

1007111

|

« XZ-1のRAWデータ × Photomatix3でHDRイメージ生成。 | トップページ | XZ-1のRAWデータ × Photomatix3でHDRイメージ生成。(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/52171657

この記事へのトラックバック一覧です: 出だしを少々トチってしまいましたが(小湊鐵道&いすみ鉄道訪問)・序:

« XZ-1のRAWデータ × Photomatix3でHDRイメージ生成。 | トップページ | XZ-1のRAWデータ × Photomatix3でHDRイメージ生成。(2) »