« SD15の高感度域の描写をテスト。(おまけ)@東京駅のE4系新幹線 | トップページ | 遅れて出社。 »

2011年7月 6日 (水)

さよなら、E-P1。そして、こんにちは、XZ-1。

Twitter上では既に呟いている事ではありますが、昨年の2月から使い続けてきたオリンパスE-P1を手放しました。
理由はいくつかあるのですが、

  1. E-P3やE-PM1がアナウンスされ、下取り価格の上限が大幅に下がる事が予想されたこと
  2. 「発展途上のシステム」ということもあるのでしょうが、新製品の発表サイクルが早過ぎる事に 自分がついて行けなくなったこと
  3. コンデジほど小さくも無く、かつ 普通のデジイチ程大きくもない…という商品の位置づけが、自分の中では「中途半端な存在」と思えるようになったため

という所でしょうか。
通勤カバンに忍ばせて、周りに威圧感を与えること無くパチパチやれる「さり気なさ」は大いに評価出来るところだったのですが。
とりあえず、自分における「マイクロフォーサーズカメラのある生活」は これでピリオドとしたいと思います。

下取り価格が思ったよりも高かった事に気を良くし(評価のほぼ上限でした)、その代わりとして 同じオリンパスから3月に発表されたコンデジ「XZ-1」を手に入れました。
状態のいい中古で済まそうか…とも考えていたのですが、店に在庫が無く、久々に「新品」での購入。
うーん、自分にしては珍しい(笑)
購入に際して、フジの「FinePix X100」も魅力的に映り、どちらを選ぼうか大いに迷ったのですが…結局XZ-1を選んだ理由は、

  1. E-P1でも頻繁に使っていた、魅力的な「アートフィルタ」の機能が使えること
  2. 「アートフィルタ」の新機能「ドラマチックトーン」が使えること
  3. 「ZUIKO」の名前を冠した、開放F1.8-2.2(!)という 大口径で明るい高性能レンズを搭載していること
  4. コンデジでもRAWでの撮影が出来ること

という所でしょうか。
まだ使い始めて数日、という所ですので、深い評価はこれから…という所ですが、何枚か撮ってみた限りでは なかなかいい感じです。
左下が「ポップアート」で撮ってみたご近所さんのノウゼンカズラ、右下が「ドラマチックトーン」の作例。
「ドラマチックトーン」は、自分が良く好んで使うHDR合成に近いイメージが得られる効果で、試してみた限りでは①順光であること ②コントラストが大きい撮影条件であること ③引きのアングルであること …を満たせば ビシッと決まった絵が得られる感じです。
多少 色がクールな方に振られる傾向があるので、設定でWBを高めに設定してやると良いかもしれません。

今週末、小湊鐵道&いすみ鉄道に久々に出かける計画で、このコも一緒に連れて行って撮りまくってくるつもりでいるのですが…はてさて、どんな場所がいいだろう。

0507111 0507112

|

« SD15の高感度域の描写をテスト。(おまけ)@東京駅のE4系新幹線 | トップページ | 遅れて出社。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/52133083

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、E-P1。そして、こんにちは、XZ-1。:

« SD15の高感度域の描写をテスト。(おまけ)@東京駅のE4系新幹線 | トップページ | 遅れて出社。 »