« 夜の街から、明かりが消え、モノが消え、そして人が消えた。 | トップページ | 秋葉原の通りから、灯りが消えた。 »

2011年3月20日 (日)

”スーパー・フルムーン”というのだそうです。

地震や原子力発電所事故関係の情報から少し目を離し、夜空に目を向けてみる事にしました。
何年かに一度という「満月が一番大きく明るい日」なのだそうで、そう言えば、いつもの満月より大きく見えるような…。
折角なので、デジタル一眼を持ち出し、撮ってみる事にしました。
EF100-400mm f4.5-5.6L IS USM × EF 1.4xⅡ+ EOS7Dで、35mm判換算にして900㍉(!)。
これだけ大きく写し込む事が出来ました。
手持ち、しかもMFでピントを合わせた所為で、カメラを支える腕が痛くなりましたが…(笑)

1903111

|

« 夜の街から、明かりが消え、モノが消え、そして人が消えた。 | トップページ | 秋葉原の通りから、灯りが消えた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/51173937

この記事へのトラックバック一覧です: ”スーパー・フルムーン”というのだそうです。:

« 夜の街から、明かりが消え、モノが消え、そして人が消えた。 | トップページ | 秋葉原の通りから、灯りが消えた。 »