« いまだかつて経験した事のない、大災害。 | トップページ | 余震に、放射能の恐怖。 地震ですっかり変わってしまった日常。 »

2011年3月14日 (月)

当たり前だけど、かけがえのない日常風景。

テレビをつけても、ラジオをつけても、やっているのは地震関係の情報のみ。
発生直後から、興味をもって逐次情報を聞いてはいましたが、あまりの惨状ぶりに聞いていると欝になってしまいそうで… 必死に災害の爪あとと闘っている方々に申し訳ないと思いつつも、気分転換に買い物をかねて外出をすることにしました。
向かったのは、馴染みの神田界隈。
今回の災害で、落下の衝撃から外付けのハードディスクが故障してしまったようで(データは、バックアップがあったために無事でした)、その交換ドライブを手に入れようと思って。
目的のモノはすんなりと手に入り、あとは夕飯の弁当を買いに東京駅へ行くだけとなったのですが、少し寄り道をしようと思いつき、御茶ノ水へ。
神田明神へ寄り、その後聖橋から秋葉原方面の景色をカメラ片手に暫くぼんやりと眺めていたのですが…見慣れたビルが当たり前のように見え、当たり前のように電車が動き…こんな”ありきたりの光景”がとてもかけがえのないものに思えてきて。
見ていて、涙がこみ上げてきそうでした。
とある有名な児童小説に「(自分にとって)大事なものは 自分の目には見えない」という一文がありますが、この光景は 今の自分の心境にとってそんなものの一つなのかなぁ。
3月11日の昼過ぎを境に一変してしまったそんな心境が、早く元通りになってくれるといいのですが。
…いや、これは、自分だけじゃない。きっと、日本人全てに言える事なのかも知れませんが。

1303111 1303112 1303113 1303114 1303115 1303116

|

« いまだかつて経験した事のない、大災害。 | トップページ | 余震に、放射能の恐怖。 地震ですっかり変わってしまった日常。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/51114624

この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前だけど、かけがえのない日常風景。:

« いまだかつて経験した事のない、大災害。 | トップページ | 余震に、放射能の恐怖。 地震ですっかり変わってしまった日常。 »