« 春の報せを、一足早く。(水道橋の河津桜) | トップページ | 本格的な春は、もうそこまで(新宿御苑)。 »

2011年2月28日 (月)

今も残る、”江戸時代の面影”(富山・岩瀬地区)・ふたたび。

高山本線のキハ58を無事に撮り終え、再び 岩瀬地区へと足を運びました。
日中の街中の風景を撮っておきたいと思ったので。
夕べは終電の都合もあり あまりゆっくりと回ることが出来ませんでしたが、今回は時間をかけてじっくりと回れます。
大きい撮像素子で余裕のある絵を撮りたいな…ということで、ここからはフルサイズのEOS5Dの出番となりました。
趣のある街の風景を、スナップスタイルでパッパッと素早く切り取っていく。
本来、自分が最も好みとする撮影スタイルなのですが、最近とんとご無沙汰で…
久々の感覚に、ちょっと嬉しくなりました。

2802111 2802112 2802113 2802114 2802115 2802116 2802117 2802118

|

« 春の報せを、一足早く。(水道橋の河津桜) | トップページ | 本格的な春は、もうそこまで(新宿御苑)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/50994155

この記事へのトラックバック一覧です: 今も残る、”江戸時代の面影”(富山・岩瀬地区)・ふたたび。:

« 春の報せを、一足早く。(水道橋の河津桜) | トップページ | 本格的な春は、もうそこまで(新宿御苑)。 »