« 疲れはしましたが、行ってよかった(引退間近!高山本線のキハ28・58)。 | トップページ | ”引き”のアングルって、結構微妙で難しい(引退間近!高山本線のキハ28・58)。 »

2011年2月23日 (水)

今も残る、”江戸時代の面影”(富山・岩瀬地区)

高山線のキハ58の撮影を無事に終え、その帰りに富山ライトレールに乗って寄った「岩瀬地区」。
江戸時代、南北の海上物流を請け負った「北前船(きたまえぶね)」の廻船問屋があった場所なのだとか。
伝統的な街並みが街灯に照らし出されて浮かび上がる、その幻想的な夜景を暫し堪能しました。
今回の旅行の目的は「鉄道撮影」ではありますが、こういう「視点の切り替え」があると いい刺激になりますねぇ。

2202111 2202112

|

« 疲れはしましたが、行ってよかった(引退間近!高山本線のキハ28・58)。 | トップページ | ”引き”のアングルって、結構微妙で難しい(引退間近!高山本線のキハ28・58)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/50947294

この記事へのトラックバック一覧です: 今も残る、”江戸時代の面影”(富山・岩瀬地区):

« 疲れはしましたが、行ってよかった(引退間近!高山本線のキハ28・58)。 | トップページ | ”引き”のアングルって、結構微妙で難しい(引退間近!高山本線のキハ28・58)。 »