« 初めての、いすみ鉄道沿線”徒歩鉄”・おまけ | トップページ | もうすぐ見納め、房総の113系。(湘南色+スカ色) »

2011年1月13日 (木)

新しい(?)色を纏っての再お披露目(いすみ鉄道のキハ52-125)・エンジンアイドリング音

1987年の民営化後 JR各社に継承されたキハ52ですが、JR東で運用されたものは程なくして全て機関を新しいものに換装され、旧型エンジンならではの”音”を楽しめなくなっていました。
今回いすみ鉄道にやってきた125号車は(今更説明するまでもありませんが)JR西の大糸線で最後まで現役だったうちの一輌で、 機関がオリジナルのまま。
このキハに搭載されている「DMH17H」という型番のエンジン、「カラン、カラン」とも表現出来る 軽い感じのアイドリング音が楽しめるのですが、今回のお披露目で上手くエンジンが始動してくれれば、それを聴くことができるはず。
鳥塚社長のブログでは 始動させるのに四苦八苦されている、とのお話でしたが…さて如何に?
 
  楽しめました(笑)
 
今時の鉄道用ディーゼルエンジンは 結構野太い響きを伴ったものが多いのですが、この軽い響きのアイドリング音は DMH17系ならではものですね。
そうそう、上総中野でいすみ鉄道と接続している小湊鐵道のディーゼルカーもDMH17系のエンジンです。
全国的見ても可動状態にある個体が極めて少ないこのエンジン、房総のこの場所では幸か不幸か(?)バリバリ現役。
房総に来られた際は、是非この「懐かしい昭和の響き」を堪能されてみては如何?

今回 ムービーを撮れるE-P1を持っていたのをこれ幸いと、このエンジンのアイドリング音を録ってみることにしました。
風が強かったせいで 少し風の音が入ってしまったのが残念ですが…ご容赦の程を。

|

« 初めての、いすみ鉄道沿線”徒歩鉄”・おまけ | トップページ | もうすぐ見納め、房総の113系。(湘南色+スカ色) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/50572449

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい(?)色を纏っての再お披露目(いすみ鉄道のキハ52-125)・エンジンアイドリング音:

« 初めての、いすみ鉄道沿線”徒歩鉄”・おまけ | トップページ | もうすぐ見納め、房総の113系。(湘南色+スカ色) »