« 少し来るのが遅かった…かな?(世田谷・豪徳寺の紅葉) | トップページ | 枯葉舞う午後に出社。 »

2010年12月 6日 (月)

さようなら、SIGMA18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM

先代のEOS40Dと共に我が家にやって来て以来、約1年半あまりの間”お散歩レンズ”として活躍してもらったSIGMA 18-125mm F3.8-125mm DC OS HSMですが、今日をもって”お役御免”となりました。
理由は、当代のEOS7Dとコンビで使い始めてから手ブレ補正(OS)の効きがテレ域で極端に鈍くなったり 一瞬迷ってファインダー像がブレたりする挙動が使っていて気になり、これがどうしても治らなかったので。
カメラボディとの相性の問題?それとも手ブレを検知する加速度センサの不具合?理由はわからないのですが…”爆弾”抱えたまま使い続けるのもストレスになるし、それに十分使い倒した玉だから そろそろ入れ替えてみるのもいい”気分転換(?)”になるかな、と思ったので。

18-125mmの次のレンズとして選んだのは、純正キヤノンの標準ズーム「EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM」。
正直な所、SIGMAの「17-70mm f2.8-4 DC OS HSM」とどちらを選ぼうか 最後まで迷ったのですが…”純正”ならではの安心感と 色乗りの良さから こちらの方がベターと判断した次第。
EOS7Dの「キットレンズ」として指定されている玉ゆえ さすがにISが迷うという不具合は無さそうですが…レンズの詳細な評価はこれから。
色々撮ってみて インプレッションをレポートしてみたいと思います。

---

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM で撮った、最後のカット。
画質もソツがなく、コストパフォーマンスが高い一本だったと思います。
0512106

|

« 少し来るのが遅かった…かな?(世田谷・豪徳寺の紅葉) | トップページ | 枯葉舞う午後に出社。 »

コメント

おぉ〜それは寂しいのぅ〜新しい相棒とともに楽しみですねぇ。
EF70-300/4-5.6L ISは開放からのピンが凄いシャープで色のにじみは無いし^^
しかし重いけど、この写りに納得。
よしひろさんも、いつかいかがですか?と誘ってみる^^;;;

投稿: 大将☆ | 2010年12月 6日 (月) 07時59分

1年半付きそうと「愛着」のようなものも出てきますから、本音 後ろ髪をひかれる思いもあったのですが… 次のオーナーさんの所で第二の人生(?)を幸せに送れるといいな、と思います。
 
昨日、新宿のカメラ屋さんで現物をチェックしてきましたが、なかなか良さそうですね、新しい70-300。
自分が導入するとすれば、5年使い続けている100-400mmの”代替”という線が有力ですが…APS-Cで換算640㍉という画角も魅力的で、なかなか手放しできないんですよね…。
そうそう、EF-S 15-85の他に1.4倍エクステンダを、中古ではありますが手に入れました。
あとは、70-200 F2.8だけですね。

投稿: よしひろ | 2010年12月 6日 (月) 12時53分

あとは70-200/2.8L IS IIという事は、70-200/4L ISは旅立ち?
私も、そろそろ645フィルム機材も整理しなきゃ。
もう年に一度使うか使わないかだしねぇ^^;;;

投稿: 大将☆ | 2010年12月 6日 (月) 17時43分

>70-200/4L ISは旅立ち?
いやいや、このコンパクトネスで高画質ぶりはなかなか魅力的でありますので、泊まりの旅行の時とか、若しくは会社通勤のお供に(笑)このまま継続して使っていくつもりです。
でも…動きモノの撮影に F4という明るさはちょっときついんですよね。
最近のデジ一が高感度に強いとはいえども…。

投稿: よしひろ | 2010年12月 6日 (月) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/50222976

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、SIGMA18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM:

« 少し来るのが遅かった…かな?(世田谷・豪徳寺の紅葉) | トップページ | 枯葉舞う午後に出社。 »