« 「例の場所」の紅葉は、もう終わりなの…か? | トップページ | 古くて新しい(?)、いすみ鉄道の顔。(キハ52 125撮影会@大多喜) »

2010年12月10日 (金)

みあげてみよう、よぞらののほしを。

リードタイムを完全に無視した業務命令のせいで、この日自宅に戻ってきたのは 終電もとっくに無くなった午前二時。
疲れきった体をひきずるようにしながら歩いていたのですが、跨線橋の所でふと空を見上げてみて 澄み切った夜空にお馴染みの冬の星座が煌めいているのを見つけました。
”夜を知らない”東京という場所でも、この時間だとこんなにも星が見られるのか。
昔、双眼鏡片手にスターウォッチングをよくやった事を懐かしく思い出しながら、暫し 見とれました。
遅く帰ってくるのは嫌ですが、こんな”きれいなおくりもの”があると、ちょっと救われるなぁ。

0912104

|

« 「例の場所」の紅葉は、もう終わりなの…か? | トップページ | 古くて新しい(?)、いすみ鉄道の顔。(キハ52 125撮影会@大多喜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/50260765

この記事へのトラックバック一覧です: みあげてみよう、よぞらののほしを。:

« 「例の場所」の紅葉は、もう終わりなの…か? | トップページ | 古くて新しい(?)、いすみ鉄道の顔。(キハ52 125撮影会@大多喜) »