« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

それでは皆様、良いお年を。

特別な事をするでも無く 時間に追われるように毎日を過ごしていたら、あっという間に「2010年」という年は終わりになってしまいました。
こんなハズじゃなかった、今までと違う一年を送るはずだったのに…と 色々振り返ってはみるものの、結局今までと同じ、「何となく一年を過ごしてしまう」という結果になってしまったのは、仕事の忙しさ云々という理由からではなく、やはり本人の怠惰以外の何ものでもない、と言わざるを得ず…。
これから何処へ向かわなければいけないのか。 公私共に そのベクトルを明確に示さねばいけない時が来ているのは明白なのですが…。

ともあれ、あと少しで新しい年「2011年」です。
新年が、こちらを覗いてくださる方々にとって恙無き年でありますように。
また、来年も宜しくお願い申し上げます。

よしひろ

3112101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

懐かしの装い。(小田急ロマンスカー LSE)

仕事ついでに寄った新宿で、ふと見かけた光景。
この世代のロマンスカーは 伝統の「金太郎塗色(?)」の方がしっくり来るなぁ、と思うのは、自分だけでしょうか。

あと2日で「2010年」という年も終わりですね。
月日の経つのは、本当に早い…。

2912101 2912102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

光都東京・LIGHTOPIA2010(フラワーファンタジア)

仕事が長引いてしまい、時間内に間に合うかどうか微妙な所でしたが…何とか滑り込みでセーフ(笑)
暫し幻想的な”光の世界”を堪能しました。
今日の手持ちのカメラは、携帯性の良さとレンズの明るさを考慮して E-P1+17㍉のパンケーキレンズの組み合わせ。
三脚などの補助を使用せず、スナップ感覚で自由な画角から撮ることにこだわってみました。

建前上は明日で終わり、なのですが…今年は「休みらしい休み」が取れなさそうな感じ。
仕事が暇すぎるのも問題ですが…やっぱりどんな事にも「メリハリ」という要素は必要だわな。

2712101 2712102 2712103 2712104 2712105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

ライトアップがいちばんキレイに見える季節。

仕掛っていた仕事を終わらせ、家路につく途中で。
冷えて締まった空気の中で見るライトアップの光は美しいものだと思います。
あ… LIGHTOPIA、何とか都合付けて行かなければ。。

2612101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せめて、これ位の贅沢はさせて(笑)

せめてイヴ位は夕飯を自宅で食べたい…という ごくささやかな(?)願いすらも叶えられず…(泣)結局、仕事の合間に慌てて食べた二個のコンビニおにぎりだけ という最悪の一日に終わったのでした。
せめてもの”抵抗”という事で、今日のお昼は駅前まで繰り出して贅沢をしてみたのですが… これ位いいよ…ね?(笑)
そう言えば ドイツ赴任時代、お昼休みにオフィス近くの街のイタメシ屋まで良く行ったよなぁ。
結構なボリューム、リーズナブルな値段、味も”本場・イタリアン”だったし…。
いろいろな意味で余裕のあったあの頃。 あの生活が何処か懐かしい。

そうそう、今日が(自分にとって)居合の稽古の今年の”締め日”でした。
本当は明日 26日なのですが…自分は仕事(泣)
ホント、せめて週に一度くらいは定時で帰って思いっきり「アフター5」をエンジョイしてみたいものだが…
経営陣がノータリンばっかりじゃ、 この会社にいる限り叶えられそうもない…。

※ちなみに、今年は正月も休めません、、、。 チクショウ!

2512101 2512102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

Wishing You A Merry Christmas!

午前零時のサレジオ教会@碑文谷(目黒区)にて。
仕事が押して 帰宅がこんな時間になってしまいましたが… 厳かに鳴り響く鐘の音を聴きながら新しい日を迎えることが出来ました。
最後の最後で、ちょっとだけ救われた気持ちになれたのでした。

2412101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

"A Reality" Beyond the Real(Photomatixで描くHDR合成の世界・5)

お台場海浜公園より眺めた、東京タワーとレインボーブリッジ。
湾岸区域の”ランドマーク”と呼ぶのに相応しい存在感がありました。
コントラストを高めに設定し、橋が絵から浮き出るような感じを狙ってみました。

2012101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

"A Reality" Beyond the Real(Photomatixで描くHDR合成の世界・4)

今年の4月に青梅・梅岩寺で撮影した名物のシダレザクラを、Photomatixで擬似HDRにしてみました。
使用したカメラは、フルサイズのEOS5D。
明暗差が大きい条件での撮影だったので、HDRにしてみたらどうなるだろうか…と思ってテストしてみたのですが、結果はご覧のとおり極めて良好。
「RAW現像ソフト」として見ても、有効に使えてしまうようです。

1912102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

"A Reality" Beyond the Real(Photomatixで描くHDR合成の世界・3)

去年の夏、竹芝桟橋に程近い場所からEOS40Dを使って撮影した夜景を、HDR合成にしてみました。
日中は雑然としたイメージでしかない 東京の風景ですが、辺りが暗闇に落ちると、まさに”別世界”に。
東京に住んでいて良かった、と思う 理由の筆頭かも知れません。

1912101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

"A Reality" Beyond the Real(Photomatixで描くHDR合成の世界・2)

今年の4月に池上本門寺で撮影した、五重塔と桜のライトアップ夜景。
AEBで露出をずらして撮影した数カットをPhotomatixでHDR合成にしてみました。
ライトの関係から、通常の撮影では桜と五重塔両方を適切な明るさで写し込むのは困難ですが、HDR合成だったらそれが可能。
肉眼で直に見たときのような 思わず息を飲む光景が、写真上で華麗によみがえりました。

1612101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

"A Reality" Beyond the Real(Photomatixで描くHDR合成の世界・1)

HDR合成の定番ソフト・「Photomatix Pro 3.2」の正式なライセンスを(やっと?)手に入れたので、過去に撮ったカットから抜き出しては色々と試しているのですが… このペイントで描いた”絵”のようなコッテリした出力、実に面白い(笑)
こういうの是非「シリーズもの」にしてみよう…という事で、こちらでご紹介して行くことにしました。
更新は不定期となってしまいますが、ご容赦の程を。

まずはNo.1。
ドイツ赴任時 冬に一時帰国した際に鎌倉・稲村ヶ崎で撮った夕景を「擬似HDR」としてみました。
この元となったRAWデータは、階調がハイライトにもしっかり残っていたので、出力してみてもこのとおり。
実にユニークでしょう?

1412101

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

束の間の「紅葉狩り散歩」。

午前中は、”恒例”の病院通いでした。
思いの外体調が思わしく無く、当初の予定になかった採血検査を急遽追加することになったのですが…やっぱり”黄色信号”点灯だ自分の体(泣)
相変わらず尿酸値が高く、このままではいつ痛風の発作が起こってもおかしくないレベル…。
おまけに肝機能も低下気味との診断結果が出て、ちょっと目の前がブラックアウトしかけ、、、。
深夜帰りで食事をしたりとか、生活が不規則気味とか、思い当たることはいくつかありますが…今の業務がどうにか楽になってくれないとどうしようもない…。
適当な所で打ち切って 残りは自宅にPC持ち帰ってやるとか、対策はそれなりにあるとは思うのですが、それを上が許してくれるかどうか…。

当初の診察の予定を大幅にオーバーし、お昼ごろに薬を受け取ってからオフィスに向かったのですが、行きにバスで来た際 病院近くの場所でもみじの紅葉が大変綺麗だったのを思い出し、徒歩ついでに手持ちのカメラで撮って行くことを思いつきました。
天気が天気だけに 当初は写真を撮ることは全く考えてもいなかったのですが、魅力的な被写体が近くにあれば撮りたくなるのが”人情”。
光量は少なく、おまけに今日の手持ちはIS(手ぶれ補正機構)の無いSIGMA DP2。
撮るにはかなり難しい条件ではあったのですが、丈夫なネックストラップと明るいF値のレンズのおかげで何とか絵をモノにすることができました。

…さぁて、仕事行ってこよ。。

1312101 1312102 1312103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古くて新しい(?)、いすみ鉄道の顔。(キハ52 125撮影会@大多喜) ・おまけ

”余興”で、キハ52のカットを「疑似HDR」にしてみました。
使ったソフトは、「Photomatix Pro 3.2」。
AEBで露出をずらした数枚のカットから合成する…というのがHDRの”基本”ですが、このソフトは一枚のRAWデータからでもそれっぽい画像が出来てしまうのが凄い所。
勿論、この「疑似HDR」には限界もありまして、この写真でも 空の部分が 一部白飛びしてしまい 上手く表現し切れていません(※元のRAWデータで白飛びを起こしてしまっていたため)。
元々 HDR合成する目的で撮ったものでは無かったので、当然ではあるのですが…こういうの、もっと色々試して見たいな。

12121013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

古くて新しい(?)、いすみ鉄道の顔。(キハ52 125撮影会@大多喜) ・2

今回のいすみ鉄道行きでは、キハ52のお披露目撮影と併せて 今回新しく手に入れたレンズのテスト撮影も兼ねていました。
列車を待つ間や道中ついでに撮ったカットの一部を、「おまけ」ながらご紹介します。
今更ながら…ですが、F2.8クラスのレンズは「動きモノ」の撮影では実に頼りになることを実感。
重いしデカイし…で ハンドリングは大変ですが、F4クラスのレンズと比べて一段分の余裕があるというのはやっぱり良いですね。

ちなみに 今回持参した「F2.8のレンズ」というのは、 中古で手に入れた「EF 70-200mm f2.8L IS USM」。
中古とは言えども、外観は スレやアタリが一つもなく、レンズ内部のチリ・ゴミも全く無い 「超美品」クラスのもので、ガビガビの状態が当たり前のような中古品の中にあって よくぞこのようなモノが見つかったものだ…と思った次第。
本当は、「EF 70-200mm f2.8L ISⅡUSM」を新品で買おうと思っていたのですが…これだったら必要無いわな。

1212106 1212107 1212108 1212109 12121010 12121011 12121012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

古くて新しい(?)、いすみ鉄道の顔。(キハ52 125撮影会@大多喜)

冬の厳しい地域で長年働いてきて、見た目かなり疲れているようには見えましたが、その佇まいは変わらず堂々たるものでした。
 
というわけで、いすみ鉄道の”新しい顔”として来年より働き始めるキハ52(125)ですが、その”お披露目会”が大多喜駅の車両基地で行われたので、参加してきました。
本当は、出版社が主催する 14時からの撮影会の方に参加したかったのですが(中井精也先生も来られるので)、生憎と外してしまいまして…。
想像をはるかに超える来場者が殺到して行列しているのを目の当たりにし、一時はもう駄目かも、、、と諦めかけていたのですが、何とか13時の上り列車が来る前には撮影を完了させることが出来まして。
千葉の一ローカルネタと思ってちょっとタカをくくっていた自分ですが、その注目度の高さには改めてびっくり。
 
利用者数の減少から路線の存続問題が持ち上がり、それを食い止めるための”切り札”として白羽の矢が立った このキハ52ですが、その昔 飯山線などでお世話になった 個人的にも思い入れの深い車両。
これからもこの車両に末永く走ってもらいたいという思いと、身内的にも縁のあるこの鉄道の存続に微力ながらも協力出来れば…と考え、今回「サポーター」として登録させて頂くことにしました。
喪ってから嘆いていては、遅すぎる。
今出来る事を、微力ながらもして行かないと…と 思うが故、なのですが…。

※写真は、帰宅後アップします。 よしひろ@上総一ノ宮

追記: 23:40
何とか、キハ52の部分のRAW現像が終わりましたのでアップします。
あー、RAW現像は結構手間だな、、、。
でも、クオリティが中途半端なままアップするのは 自分のポリシーに反する事なので、絶対にしない!
1212101 1212102 1212103 1212104 1212105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

みあげてみよう、よぞらののほしを。

リードタイムを完全に無視した業務命令のせいで、この日自宅に戻ってきたのは 終電もとっくに無くなった午前二時。
疲れきった体をひきずるようにしながら歩いていたのですが、跨線橋の所でふと空を見上げてみて 澄み切った夜空にお馴染みの冬の星座が煌めいているのを見つけました。
”夜を知らない”東京という場所でも、この時間だとこんなにも星が見られるのか。
昔、双眼鏡片手にスターウォッチングをよくやった事を懐かしく思い出しながら、暫し 見とれました。
遅く帰ってくるのは嫌ですが、こんな”きれいなおくりもの”があると、ちょっと救われるなぁ。

0912104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「例の場所」の紅葉は、もう終わりなの…か?

長時間のデスクワークも耐え難く、昼休みにカメラ片手に「例の場所」へと赴いたのですが…あれ?ちょっと前に来て見頃前だった木の葉がかなり落葉してしまっている。。。
この前の大嵐のような悪天候で、かなり葉が落ちてしまったのかな? これはさすがに想像だにしていなかったわ、、、。
いきなりフェイントをかまされて(?)ちょっとがっかりしてしまったのですが…よくよく敷地内を歩きまわってみれば、これから紅葉になろうという木、今が紅葉真っ盛りの木が奥の方にちらほらと。
良かった… しばらくの間は紅葉を楽しむことができそうだぞ。
軽快な装いのカメラでスナップライクに絵を切り取っていくスタイルの「ネイチャーフォト」も、なかなか面白いものです。
 
しかし、今日は寒かったですな。
寒さにある程度耐性のある自分も、ちょっと朝の冷え込みには参ったかも…。

0912101 0912102 0912103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

巷はすっかりクリスマスモード。

今日は、朝の予想通り 資料作成のために終バスギリギリの帰りとなってしまいました。
「仕事」とは云えど、本当の意味で役に立っているかどうか分からないもので夜遅くまで残らされるのは嫌ですね…。

バスを降りた近くに教会があるのですが、装いがいつの間にか”クリスマスモード”になっているのに気付きました。
そういえば、イヴまで2週間余りか。
殺人的な猛暑に喘いでいたな…と思っていたら、もうこんな時期。
そして、2010年という年も過去のものになってしまうのですね。

0812101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

色々 決断に至るには困難もあったでしょうが。(キハ52がいすみ鉄道にやってくる!)

何とかしていすみ鉄道を存続させたい!という熱意に、微力ながら「乗って利用する(&撮り回る)」事で協力させて頂きたいと思います。
私は沿線に住んでいる者では無いのですが、母方の実家が外房の滑川なので、無縁では無いかとも思いますので…。

「いすみ鉄道 社長ブログ」… http://isumi.rail.shop-pro.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

枯葉舞う午後に出社。

相変わらず不調の状態が続いてしまい、今日は思い切って午前中を半休とし 午後から出社することとしました。
風邪?それとも気分的な落ち込みが原因? 理由は分からないのですが、こんなに長い間不調続きなんて無かったなぁ…。
アレルギー持ちなので、市販の風邪薬を安易に飲む訳にもいかず…ひたすらビタミンのヘビードープで回復を図るのみ。

バスを降りて仕事場まで歩く途中落ちた銀杏の葉が程よく散らばっているのを見て、パンケーキレンズ付きのE-P1でいっちょパチリ。
そのままでは面白くないので、現像の際に「ジオラマ」のアートフィルタを掛けて 「逆アオリ」をかけたようなイメージにしてみました。
そうだ…EOS用のTS-Eレンズ(※シフトやティルトと言ったアオリが利かせられる特殊なレンズ群)も欲しいんだよな。
こういう効果を出してみたいシーンが山ほど転がっているから…

0712101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

さようなら、SIGMA18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM

先代のEOS40Dと共に我が家にやって来て以来、約1年半あまりの間”お散歩レンズ”として活躍してもらったSIGMA 18-125mm F3.8-125mm DC OS HSMですが、今日をもって”お役御免”となりました。
理由は、当代のEOS7Dとコンビで使い始めてから手ブレ補正(OS)の効きがテレ域で極端に鈍くなったり 一瞬迷ってファインダー像がブレたりする挙動が使っていて気になり、これがどうしても治らなかったので。
カメラボディとの相性の問題?それとも手ブレを検知する加速度センサの不具合?理由はわからないのですが…”爆弾”抱えたまま使い続けるのもストレスになるし、それに十分使い倒した玉だから そろそろ入れ替えてみるのもいい”気分転換(?)”になるかな、と思ったので。

18-125mmの次のレンズとして選んだのは、純正キヤノンの標準ズーム「EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM」。
正直な所、SIGMAの「17-70mm f2.8-4 DC OS HSM」とどちらを選ぼうか 最後まで迷ったのですが…”純正”ならではの安心感と 色乗りの良さから こちらの方がベターと判断した次第。
EOS7Dの「キットレンズ」として指定されている玉ゆえ さすがにISが迷うという不具合は無さそうですが…レンズの詳細な評価はこれから。
色々撮ってみて インプレッションをレポートしてみたいと思います。

---

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM で撮った、最後のカット。
画質もソツがなく、コストパフォーマンスが高い一本だったと思います。
0512106

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

少し来るのが遅かった…かな?(世田谷・豪徳寺の紅葉)

アホのような量の資料作成のせいで、結局金曜日の晩帰ったのは深夜も3時になろうかという時間。。
ここの所連日の深夜労働の所為で完全に体調が崩壊してしまい、土曜日はとうとう飯も食わず 丸一日ベッドに入ったきりになってしまいました。
本当は 夕方から剣の稽古に行こうと思っていたのですが、とてもそんなことをできる体力も気力もなく…
こんな殺人的スケジュールが来週も待ち構えているかと思うと、会社行くのが億劫になりそうです。。

…で、次の日の今日。
一日安静にしていたのが功を奏したのか、体調が完全と行かないまでも何とか復調してくれまして。
折角の貴重な休日だし、何処かに撮り歩きに行きたいな…と思い、目の前にやってきたバスに飛び乗って一路 世田谷の名刹・豪徳寺へ。
去年はもう少し早い時期に訪れたこの豪徳寺ですが、今年の紅葉や如何に?
三重塔とあわせてかっこ良く撮れたらいいな…と期待してたのですが、ここは既にカエデが散ってしまっていたようで、来るのが1週間あまり遅かったようです。
思っていたよりも早い落葉にがっかりしながらも、何か撮れるものがないかな…と境内をウロウロしていたら、見つけた!
他のものよりも遅れて色づいたカエデと、 庭園を鮮やかに彩るドウダンツツジの紅葉。
極彩色の乱舞を、お散歩用ズームレンズと久々の100㍉マクロで美味しくいただきました。

0512101 0512102 0512103 0512104 0512105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

結局、今週はフルで深夜残業だた、、、

月末の締めに始まり、月初の処理 そして週末の資料の作成…と、今週は全日”過負荷状態”でした。
精神的に疲労しきってしまい、思考能力が著しく低下してしまっている状態で日記を書くのはかなりきついのですが…こういうのはある程度習慣化しておかないと、”さぼり癖”がついてしまうのでね。
 
今朝は、台風の直撃かと見紛うような大嵐で会社に来るのも往生する状態だったのですが、正午になってみれば風は相変わらず強いものの、抜けるような快晴。何とも両極端な天気だなぁ…。
イチョウの黄葉がどうなったか気になって 昼食を早めに終わらせてオフィス近くに点在する”スポット”を歩いてみたのですが、やはりかなりの葉が落ちてしまっている様子。
楽しめなくはないですが…東京のイチョウもお終いなのかなぁ。
あとは、「例の場所」のもみじが完全に赤く色づいてくれるのを待つばかりなのですが… さて、あとどれ位待てばいいかな?
あ…そうだ、毎年恒例の「六義園の夜間公開」もチェックしておかなければ!
 
0312101 0312102 0312103 0312104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

久しぶりに、「例の場所」へ行ってみました。

桜のシーズン以来 訪問がぱったりと途絶えてしまっていましたが、「例の場所」のカエデの紅葉状況が気になり、 昼休みを利用して訪れてみることにしました。
おお、色づき始めている!
今年は あの異常な猛暑の影響で紅葉する前に落葉してしまうのでは…と心配していたのですが、杞憂だったようで。
自分の見立てでは ここ1~2週間が紅葉ウォッチの見頃かな、という感じで、色々忙しい時期ではあるのですが、昼間のちょっとした”楽しみ”が出来ました^^

退社後、ふと思い立って 再び目黒不動尊の大銀杏の夜景を撮りに寄ることに。
仕事場に置いてあった Manfrottoの小型三脚を持ち帰るつもりで携帯していたので、これが大いに役に立ってくれました。
ライトの光でぼうっと浮かび上がる その妖しい姿を、DP2は実に克明に写し取ってくれました。

0112101 0112102 0112103 0112104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »