« 完成前”一夜限り”のライト・イリュージョン。(曳舟・「東京スカイツリー」ライトアップ試験点灯)・リプライズ | トップページ | さようなら、「中央線最後のオレンジ色の電車(201系H7編成 引退)」(2)。 »

2010年10月18日 (月)

さようなら、「中央線最後のオレンジ色の電車(201系H7編成 引退)」。

いずれ来るであろう「この日」があったからこそ、興味を引かれて以来 その姿を時間ある限り ずっと記録し続けてきたのですが…いざ当日を迎えてみると、非常に名残惜しく感じるものです。
ニュースなどでも報道されていますので 大抵の方はご存じかとは思いますが、JR中央線で「最後のオレンジ色の電車」として活躍してきた 201系H7編成が、 廃車回送も兼ねた 今日の豊田発松本行きの臨時運用をもって引退となりました。
今まで追い続けてきた車両の「最後の姿」をどうしても見届けたくて、何処で見送ろうか ここ一週間ずっと悩んでいたのですが、結局遠出をする事も叶わず…。今回の臨時運用の始点となる豊田駅へと赴く事となりました。
中央線における”一つの時代の区切り”となる今回の出来事ですから、大勢の人が見送りに来ることだけは想像に難くなく、「鉄道写真らしい纏まったカット」を撮る事は当初から全く考えてはおらず。状況を鑑みて、”記憶の欠片”となり得るものをせめて一つだけでも撮れれば…と思いました。

10時19分頃、警笛の音をあたりに響かせながら、列車は予定通り豊田駅ホームを発車。ゆっくりながらも確かな足取りで ”終焉の地”となる信州へと走り出しました。
豊田駅の周辺は、見送りに来た鉄道ファン、慣れ親しんだ電車の最後の姿を見届けようと集まってきた地元の方々でいっぱい。
今まで30年あまりの間”日常風景の一つ”であり続けたものが今日をもって完全に”過去の思い出”になる訳ですから、感慨もひとしおでしょう。
”長年の住処”とした豊田車両センターの前に差し掛かった際、列車は一際長く警笛を鳴らしたのですが、その音は誇らしくもあり、また 寂しくも聞こえ…。 「たかが電車にバカバカしい」と思われる向きもあるでしょうが、聞いていて胸にこみ上げて来るものがありました。

明日からどんなに待ってみても、 中央線にあのオレンジ色の電車が走る事はもうありません。
ネット上の情報を見て 運用の有無に一喜一憂…なんていう事もありません。
あの電車を追いかける事が、今年の7月以降自分にとってある意味「日常の一部」と化していた訳で。
ある時は、残業を終えた深夜に。
またある時は、休日に用事ついでに。
何処かでカメラを構え ソワソワしながら列車の通過や到着を待つ、なんていう事も無くなってしまいます。
500系新幹線の「さよなら」の時もそうでしたが、今 ちょっとした虚脱感に襲われています。
明日以降、何を楽しみに毎日を頑張れば良いんだろう。
”代わり”になるものを見つけなくてはいけないのですが…

1710101 1710102 1710103 1710104

|

« 完成前”一夜限り”のライト・イリュージョン。(曳舟・「東京スカイツリー」ライトアップ試験点灯)・リプライズ | トップページ | さようなら、「中央線最後のオレンジ色の電車(201系H7編成 引退)」(2)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/49773732

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、「中央線最後のオレンジ色の電車(201系H7編成 引退)」。:

« 完成前”一夜限り”のライト・イリュージョン。(曳舟・「東京スカイツリー」ライトアップ試験点灯)・リプライズ | トップページ | さようなら、「中央線最後のオレンジ色の電車(201系H7編成 引退)」(2)。 »