« やっと終わった、、、(色んな意味で) | トップページ | 久々に新宿西口へ行ってみました。 »

2010年8月10日 (火)

デスクトップPCのパワーアップ(GPUの交換)。

増設・交換を加えながらも 組み立てから早3年以上が経ってしまった自宅のデスクトップPCですが、今までやろうやろうと思っていながらも 手を付けられずにいた箇所がありました。
それは、グラフィックチップ(「GPU」とも言いますが)。
今のGPUは「Intel G965(GMA X3000)」といって、マザーボードのチップセット中に内蔵されたもの。
DVDの鑑賞やネットの閲覧程度ではこれで何の問題も無いのですが、「Photoshop CS4」など コンポーネントの一部がOpen GLやDirect XなどのAPIの描画に依存しているソフトがとにかく動作がモッサリしていて、イライラする事この上ない。
AMD/ATiの「Radeon」やnVidiaの「GeForce」など 最新のGPUを入れようと思えども、ゲーム系のものは個人的に一切プレイしない事から、 入れても”宝の持ち腐れになるだけでは、、”という懸念があるし、それに最近のGPUはとにかく”大飯喰らい”のものが多く、KWオーダーに迫ろうかという電源を改めて入れる事にも抵抗があった事から、更新に中々踏み切れずにいました。

…が、あったんですね。丁度いいものが(笑)
PCショップの人に聞いたら、「これは電力消費も低いし、 パフォーマンスも中々だし、お客さんのような用途にピッタリですヨ」と言うモノを持ってきてくれて。
電力の要求も今の電源ユニットのキャパに対して余裕があるし、これだったら自分の環境にも合いそうです。
値段も 8000円位で手頃だし、これを試さない手はない。
…で、ポチッとな(笑)
買ったのは「Sapphire」というメーカーから出ている「Radeon HD5670 /512M /GDDR5(11168-01-20R)」というPCI Express接続のもの。
数あるRadeonファミリのGPUの中ではミドルレンジに属する製品で、ポリゴンをバリバリ使うような3Dゲームのプレーヤでは無い自分にとっては丁度いい製品かも知れません。
帰宅してから、早速PCケースを開けてボードをPCI Expressスロットに挿し、ドライバをインストールしていざスタート。
トラブルもなく立ち上がった事に少々面食らったものの(AGPの時代は ビデオ周りのトラブルにとにかく泣いたものですが・笑)、「Photoshop CS4」や「Google Earth」などを立ち上げて色々試してみる。
すげー、こんなにもパフォーマンスが違ってくるものなんだ。。
試しに、「Windowsエクスペリエンス インデックス(Vista/7に付いてくる、Microsoft純正?のベンチマークユーティリティ)」を走らせてみた所、結果がこれ(下図↓)。
今までのGPU「G965」による「グラフィックスのパフォーマンス」が”3.7”位で、全体の足を引っ張っていた事を考えると、予想以上の大幅なアップグレードになっています。
これだったら、あと2年くらいは安心して現役を張れるかな?

0908101

|

« やっと終わった、、、(色んな意味で) | トップページ | 久々に新宿西口へ行ってみました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/49109018

この記事へのトラックバック一覧です: デスクトップPCのパワーアップ(GPUの交換)。:

« やっと終わった、、、(色んな意味で) | トップページ | 久々に新宿西口へ行ってみました。 »