« さよなら、EOS40D。 | トップページ | そろそろ,梅雨入りですかね。 »

2010年6月14日 (月)

Welcome Back To The Earth, 「はやぶさ」!

その一際明るい「流れ星」は、課せられた任務を完全に全うした探査機が今際の際に見せた見事な「散り様」のようにも見えました。
7年前に旅立った直後から数々のトラブルに見舞われ、一時は帰還が絶望視すらされていたものの、その度に奇想天外かつ絶妙な”機転”で切り抜ける… その全てを羅列すると、到底この場では書ききれませんので割愛しますが、下手なTVドラマや映画なんかよりも遙かに面白いこんな「冒険譚」、そうたくさんあるものでは無いでしょう。
一個の”機械”である「はやぶさ」を 「人間の人生」に例えるのは 気恥ずかしい感じもするのですが、色々な「ヒント」と「励まし」を貰ったように思います。

…で、取るに足らない 撮り散らかした写真を汚く貼り付けるか、物欲まみれの他愛もない呟きばかりのこの日記で、お前は何故珍しく殊勝な事を書いているのかって?
仮にも「モノ作りの会社」に勤めて飯を食っている手前、「事業仕分け」などという 目くらましのサーカスの餌食になって次々と”ユメの花”の芽が摘まれようとしている現状に危機感を覚えたもので。
そのツケが後になって何倍にもなって帰ってくるような一時の「パンとサーカス」よりも、大輪の花を咲かせる可能性を秘めた「ユメの花」の種を蒔き続ける方が、国としてやるべき重要な事なのでは無いかと思うのですが。
誰も彼もが 目先の”餌”に踊らされがちで、この現状を果たして「危機」と捉えているか 非常に不安になるのですが…

|

« さよなら、EOS40D。 | トップページ | そろそろ,梅雨入りですかね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/48624887

この記事へのトラックバック一覧です: Welcome Back To The Earth, 「はやぶさ」!:

« さよなら、EOS40D。 | トップページ | そろそろ,梅雨入りですかね。 »