« 今はなき「八幡宮の大銀杏」(鎌倉・鶴岡八幡宮)。 | トップページ | もうすぐ引退する車両が、もうひとつ。(京浜急行・旧1000形) »

2010年6月26日 (土)

「夢の超特急」を見守り続ける,「日本の鉄道の父」(品川・東海禅寺 大山墓地)。

二日前に記事に書いた ”日本の鉄道の父”・井上勝 のお墓ですが,昼休みに 食事を摂りに出かけるついでに立ち寄ってきました。

「無理問答」で名高い 沢庵禅師の墓所を通り過ぎて,丁度三角形の敷地の先端あたり。
その墓所は,東海道新幹線の軌道のちょうど傍にありました。
「陸蒸気(おかじょうき)」の時代から悪戦苦闘の末 日本の鉄道網の礎を築いた”パイオニア”。
色々な紆余曲折を経て 数十年後に「ユメのかたち」として結晶した”弾丸列車”・新幹線の姿を見て一体何を思うだろう…と ふと考え,丁度やって来た700系車両を背景にパチリ。
これが500系だったらもっと良かったのですが… 時すでに遅し。

2506101  

帰り際,東海道線側に咲いている見頃の紫陽花を見て,鉄道と絡めて撮りたいな…と思い,やって来た京浜東北線の電車を背景に入れ込んでパチリ。
線路脇に掛かっているケーブルを何とか外してみようと悪戦苦闘してみたものの,結果はダメ。
もっと ローアングルから狙わないと駄目だったかな…。
来週,もう一回再挑戦してみようと思います。

2506102

|

« 今はなき「八幡宮の大銀杏」(鎌倉・鶴岡八幡宮)。 | トップページ | もうすぐ引退する車両が、もうひとつ。(京浜急行・旧1000形) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/48727883

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢の超特急」を見守り続ける,「日本の鉄道の父」(品川・東海禅寺 大山墓地)。:

« 今はなき「八幡宮の大銀杏」(鎌倉・鶴岡八幡宮)。 | トップページ | もうすぐ引退する車両が、もうひとつ。(京浜急行・旧1000形) »