« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

通勤の合間に「253系成田エクスプレス」を”狙い撃ち”(2)。

使えるチャンスは全て利用しまおう!という事で、帰宅の時にもわざわざ”トレイング”して 「253系成田エクスプレス」を撮りに行ってきました。
ホント、何処まで突っ走るのやら(笑)
ま、EOS7Dの高感度モードにおける”絵”を確かめてみたい、という狙いもあったのですが…。

被写体として狙ったのは、成田発池袋行きの「N'EX48号」。
渡り線を降りてくる所を埼京線ホームの端から狙ってみたのですが…うーん、正直微妙。
「記録」にはなりますが、果たして「絵」になるのかな?
一枚目は、レリーズするタイミングがわずかに後だったら良かったのですが… 架線柱が邪魔。

2906103 2906104

そのまま追い回して、池袋方面に去っていく253系を見送ります。
何とか成功、かな…?

2906105  

余談ですが、EOS7Dの高感度域(ISO3200~)、輝度ノイズはそれなりに多めですが 全く問題なく使えることが今回の実写で確認できました。
上の写真ではISO6400に設定していますが、最高感度であるISO12800でも まだ問題なく行けてしまいそうです。
EOS40Dの時には夢でしかなかった こんなシーンもモノに出来てしまうのですから…技術の進歩、恐るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通勤の合間に「253系成田エクスプレス」を”狙い撃ち”。

東京で「成田エクスプレス」として走る253系を見られるのも,早いものであと2日になってしまいました。
本音,総武本線の撮影の定番・”モノサク”まで行って しっかりとした編成の写真を撮りたかったのですが… まぁ,そんなにがっつくこともないか。

その代わりと言っては何ですが,今日と明日の残り2日間,社外にいて辛うじて撮影のできる「N'EX13号」と「N'EX27号」を写真に収めることにしました。
納得のいくクオリティで撮りたかったので,機材は勿論 EOS7D+EF70-200mm f4L IS USMの「本気モードセット」。
画質と連写性能を考えるとこれ以外の組み合わせは考えられず,最近の自分の”定番”です。
本音,f2.8のレンズが欲しいところですが(持っていたけれど,去年f4と引換に手放した),気軽に持ち出せるサイズと重さじゃないからなぁ…

まずは,朝に副都心の方から成田に向けて走る 「N'EX13号」を。
久々の「トレイングで通勤」となったのですが,途中 車両の不具合で列車の運転がストップするなど 撮影定点に間に合うかどうか かなり微妙だったのですが…幸運にも,何とかセーフ。
「N'EX13号」は編成が長く,この撮影条件ではどんなに頑張ってみても頭から尻尾までを入れることが出来なかったのですが… 100-400mm(f4.5-5.6L IS USM)を使って もっと遠方からたぐり寄せて撮れば 何とかなるかも?
明日は,この組み合わせでトライしてみようかしら。

2906101

そして、昼休みの「27号」なんですが…思い切りしくじった(汗)
撮影定点を決めるためにウロウロしていたら列車が来てしまって…慌ててカメラを向けたものの、ご覧の通りの結果に。
ええくそ、達成感がないなぁ…。
夜の便で、もう一度トライしてみようかな。

2906102

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月29日 (火)

何とか撮れる「253系成田エクスプレス」が、もう一本。

社外に出られる時間帯に撮れる「253系成田エクスプレス」は一本のみ、と 以前書きましたが、良く調べてみると、 昼休みに辛うじて撮れる便がある事に気づきました。
大船の方からやって来て12:50に品川着となる「27号」。
列車が走る姿を間近に見ていながら、何で今まで気づかなかったんだろ。
…というワケで、今日はEOS7Dをわざわざ仕事場に持ち込んで(不良社員;)、「27号」の通過をスナップ気味にパチリ。
土日の二日間 京急旧1000系の撮影にうつつを抜かしていましたが、この系列も 今月でおしまいなんでしたっけ。
今だ以て普段と変わらず黙々と営業に励んでいる姿を見ると、その実感は全くないのですがね…。

処で、このEOS7D、フィーリングが最高。
軽快なシャッター音に加え、連写に強く 高感度でも画質が極端に悪化することがないので、ついついシャッター切りたくなります。
EOS5D Mark2もこのクオリティで仕上げてくれたら 購入対象と成り得たんですが、如何せん間抜けなシャッター音がなぁ… 撮るモチベーションを下げてしまうんですよね。

2806101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

京急旧1000系を追いかけて,再び大師線へ。

昨日の送り込み回送のシーンを偶然ながらも撮ることが出来たので、これでお終いにしようか…とも思っていたのですが、「あと一日撮れる!」と思うと どうにも「写欲」を押えきれなくなってしまって(笑) 再び京急大師線へと足を運びました。
昨日は京急川崎駅構内での撮影だけで完結してしまったのですが、今日は沿線から「走っている姿」を撮ろうと思い、途中何回か下車しながら撮り歩き。
一回限りの「臨時運用」と違い、 一般営業運用として何回も往復している事から アングルをじっくりと考えて撮ることができ、実に充実した撮影になりました。
往復で40分未満のミニ路線、という条件もプラスに働いたかな。

メインのEOS7D+70-200mm f4L IS USM と  サブカメラのE-P1+M.ZUIKO 14-45mm f3.5-5.6 で膨大な数のカットを撮りまくったせいで、RAW現像には結構な時間がかかる見込み。
とりあえず、「ハイライト」のカットを数枚ペッタンして、残りは 現在休眠状態にある「Side-B」の方でご紹介して行きたいと思います。

2706101 2706102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

もうすぐ引退する車両が、もうひとつ。(京浜急行・旧1000形)

253系「成田エクスプレス」の終焉がもうすぐに迫っている中、地味ですが、もう一つの車両が全廃の運命にあることを思い出しました。
京浜急行の”顔”として、これまで50年あまりの間活躍してきた「旧1000形」。
6/28の最終運用をもっていよいよ全廃されてしまうそうで、何とかこの車両の「最後の姿」を記録出来れば…と 思い、残った仕事を片付けに仕事場に行くついでに狙って見ることにしました。
運用情報などのアナウンスなどは調べてみても全く無く、ここだったら遭遇できるはずだ!…という”賭け”に出る他はなかったのですが… 幸運にも、今回はそれが”ビンゴ!”だったようで(笑)
ホームに降り立って20分位後、それは何の前触れ?も無く 渡り線を下ってきたのでした。

2606101 2606102 2606103  

大きい正面窓に丸い”おでこ”、そして”おでこ”から飛び出して付けられたヘッドライト… 間違いない、お目当ての車両です!
この「旧1000形」、明日(6/27)金沢文庫以南で臨時列車の運用に充当されるというニュースを聞いていたので、ひょっとしたら今日は久里浜の車庫で 眠りっぱなしかも…と思っていただけに、これは嬉しい”サプライズ”だわ。
ホームに居た”お仲間”の人に聞いてみると、臨時で使用されるのはもう一編成残る6輌?の方らしく(車庫に入庫していたのを確認されたそうです)、この4輌編成は午後になってこちら 大師線の方に送り込み回送されたそうで、ひょっとすると、この4両編成は このまま最終日の28日までこちらに留まることになるのかな?(確証はないですが…)

渡り線を下ってきた車両は、スイッチバックを行うべく  我々のいる「降車ホーム」へと入線。
どうせなので、車両の”顔”をどアップで狙ってみることにしました。
 
2606104 2606105
 
ホームに入線してすぐ折り返し、奥の方にある留置線へと入って行きました。
 
2606106 2606107

パンタが上がりっぱなしだった事に加え 方向幕の表示が変えられていた事から、ひょっとしたら営業運用があるかも?…と期待して、 1時間半あまりの間カメラを構えて粘ってみたのですが、流石にダメだったようで。
今日の撮影は、これにて”お開き”となりました。
でも、「回送」とはいえ 走っている姿を写真に収めることができたのですから、予想以上の収穫。
個人的には大満足して 現地を後にしたのでした。

P.S
今回の撮影が、EOS40Dに代わって新しく導入したEOS7Dの運用第一日目となりました。
明るく見やすいファインダーに 小気味のいいレリーズフィーリング、そして 高感度域でもノイズが極めて少ない 高い画質。 実に頼れる”相棒”です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

「夢の超特急」を見守り続ける,「日本の鉄道の父」(品川・東海禅寺 大山墓地)。

二日前に記事に書いた ”日本の鉄道の父”・井上勝 のお墓ですが,昼休みに 食事を摂りに出かけるついでに立ち寄ってきました。

「無理問答」で名高い 沢庵禅師の墓所を通り過ぎて,丁度三角形の敷地の先端あたり。
その墓所は,東海道新幹線の軌道のちょうど傍にありました。
「陸蒸気(おかじょうき)」の時代から悪戦苦闘の末 日本の鉄道網の礎を築いた”パイオニア”。
色々な紆余曲折を経て 数十年後に「ユメのかたち」として結晶した”弾丸列車”・新幹線の姿を見て一体何を思うだろう…と ふと考え,丁度やって来た700系車両を背景にパチリ。
これが500系だったらもっと良かったのですが… 時すでに遅し。

2506101  

帰り際,東海道線側に咲いている見頃の紫陽花を見て,鉄道と絡めて撮りたいな…と思い,やって来た京浜東北線の電車を背景に入れ込んでパチリ。
線路脇に掛かっているケーブルを何とか外してみようと悪戦苦闘してみたものの,結果はダメ。
もっと ローアングルから狙わないと駄目だったかな…。
来週,もう一回再挑戦してみようと思います。

2506102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

今はなき「八幡宮の大銀杏」(鎌倉・鶴岡八幡宮)。

過去に撮ったデジタルカメラのカットを見返していたら、今年 強風で倒れてしまった 鎌倉・鶴岡八幡宮の「大銀杏」が写っているのに気づきました。
左のモノクロは、2005年の年末に元写真仲間の方と訪れた時にEOS20Dで撮ったもの。
右のカラーが、2006年5月に 何カ国かを跨いだ”運び屋”をやるために一時帰国した際、息抜きで鎌倉を訪れた時にGR Digitalで撮ったもの。
この風格ある姿は既に喪われ「過去の思い出」となってしまっただけに、結果 貴重な記録として手元に残ってくれました。

2406103 2406104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は,月一回の通院の日。

まるで 「病院に行きたがっている」ような書きっぷりですが(苦笑)そのついでに色々と立ち寄れる余地が生まれるので,結構 満更ではないかも知れませんね。

病院で順番待ちをしている最中 表に抜け出して、手持ちのDP2で何枚かをパチリ。
欝陶しい空気を吹き飛ばしたくて,ちょっと爽やかな感じを 一枚目で狙ってみました。

2406101 2406102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

今日は、久しぶりの外食。

仕事を半ば無理矢理放り出して、品川駅前のホテル内にある中華料理店へ。
自分の都合が今まで付かなかった所為とは言え、本当 久方ぶりの外食でしょうか。
色々と散財の絶えない?今日この頃ですが、それが満足感のあるものだったら、それで良し。
たまにはこういう”息抜き”も必要ですね。

2306101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

束の間の「花&歴史散歩」(品川神社界隈)。

ちょっと動くだけで汗ばむ程の蒸し暑い日中でしたが、普段と違う”写真ネタ”が欲しくなって、 昼休みに カバンに常備のE-P1片手に道草撮影をしに出かける事にしました。
旬の花が撮りたいなぁ…という事で、「いつもの場所」とは違うスポットが無いか探していたのですが、丁度ぴったりな場所を見つけました。
それが,京急線「新馬場駅」から歩いて数分の場所にある、ここ「品川神社」です。
この近くへは今までに何度か来たことがありますが、こんな良さげなスポットがあった事を見逃していたなんて、まさに「灯台下暗し」。
境内のあちこちに植わっている紫陽花は、今まさに見頃になろうとしている所でした。

そういえばこの神社の裏手には、明治の元勲で「自由民権運動」の推進者としても名を残した旧土佐藩士・板垣退助(いたがき・たいすけ)のお墓がある事を、後で調べて知りました。
歴史の授業でも習った事のある 日本史上の偉人の史跡がこんな身近にあったなんて…。
そういえば、来る途中には「官営品川ガラス工場の跡地」なんて碑もあるし、更に調べていくと、 「日本の鉄道の父」とも呼ばれ 我々”鉄ちゃん”にとっては神様にも等しい 旧長州藩士・井上勝(いのうえ・まさる)のお墓も何と近くのお寺の境内に。
普段何気なく働きに来ている場所は、ちょっとした歴史散歩のできる”ヒストリック・サイト”でもあったのですねぇ。
 

2206102 2206103 2206104 2206105 2206106 2206107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の「253系 成田エクスプレス」。

仕事場まで歩く時に見かけた253系「成田エクスプレス」。
いつもと変わらず、黙々と毎日の仕事をこなしていますが…あと一週間余りで引退してしまうなんて、ちょっと信じられないよなぁ。

2206101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

またもやハズレたり…

いつもより早く仕事を切り上げる事ができたので, 有楽町の某量販店に ”探しもの”を見つけに出かけたのですが,やっぱり無かったよ,,,(泣)
あんなものがどうして置いていないのか 理解出来ないのですが… やっぱり新宿西口へ行くしかないのか…。

今日は写真を撮るモチベーションがあまり持てなかったので,帰り際に有楽町のホームから二枚ほどパチるだけでおしまい。
まぁ,無駄にハードディスク容量を潰すこともないでしょ。
あ…そういえば,RAWデータ保存用のRAIDドライブ,ボーナス出たら買わないと。
現行の320GBのドライブは 残り容量があと僅かで,このまま行くと秋口を待たずして満杯になりそうな勢いなので…

2106101 2106102  

<蛇足ながら、パソ関連の呟き二発:

  1. VAIO 「Type T」、何でシリーズ消滅してしまったの??ソニーのノートPCの”シンボル”的な存在だったのに、、、
    その割には、「Type G」という パッケージ的には時代遅れのモノがいまだにラインアップされているし… ソニーの開発陣、ひょっとして迷ってる?
  2. U100から待たす事5年余り… Librettoの新型「W100」が出た!
    電子ブック的な使い方が出来るなど、使い勝手の良さはどうであれ 今までの「パソコン」の概念を覆すような内容にちょっと興奮。
    この「Libretto」、東芝のPCビジネスにおける「打ち上げ花火」的な要素の大きい製品ですが、先代の「U100」では昨今の「ネットブック」の原型とも言えるスタイルを遙か前に提案しているし(内容は遙かに高級ですが)、意外とPCパッケージのコンセプトを先取りしている事が多いんじゃないかな。
    今度の「W100」は 今話題の「iPad」とはちょっと毛並みの異なる電子端末的なコンセプトを提案していますが、本音 「iPad」よりも使いやすいんじゃないかと思います(個人的には、ですが)。
    あのパッケージをうまく活かせるような 文庫本の電子書籍がたくさん出てくれると良いんですが…ちょっと厳しいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

スベテ、キエタ。(旧・交通博物館跡)

かつての「思い出の場所」は、以前訪れた時から一ヶ月あまりが経ち 完全な”無”に帰していました。
自分の中での「交通博物館」も、この時をもって完全な”終焉”を迎えられたのでしょうか。

2006102 2006101_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

A Day To Remember(忘れ得ぬ日)。

公開されているもの、非公開になっているものも含めてかれこれ8年以上もの間書き続けているWeb日記を見返していたら、今日が ドイツ赴任に向けて成田を飛び立った記念すべき(?)日だったことを思い出しました。
2004年ですから、既に6年前… 本当に月日の経つのは早いものです。
飛行機に乗るのも初めて、外国に行くのも初めて、そして赴任するのも初めて、という 何もかもが「初めて尽くし」だったあの日… 思い返すのも赤面もので、あのザマで良くお役目を仰せつかったものだ…と、振り返るとこっ恥ずかしい限りなのですが、振り返って見てそう思えるって事は、今の自分がその当時よりも確かに成長している証し、と言えなくもないのか。
卒業や入学、そして入社など「人生の転機」になる出来事はこれまでいくつかありましたが、自分にとって本当の意味での「ターニングポイント」は、まさに”この日”だったんじゃないかと。
働いていた事務所はとうに無く、その当時の上司も既に引退して悠々自適の日々、現地人の同僚も辞めて今や音信不通…と、その当時を語れるものはバラバラに逸散してしまい、残されたのは何枚かの写真と日記にある当時書いた文章、そして今でも鮮明に残っている頭の中の思い出だけ…ですが、”一生モノ”の大切な記録かもしれません。

今、そのドイツには 自分の小学校の頃の幼馴染みが赴任しているのですが、そう言えば 彼もあと少しで1年になるのか。
メールはたまにしか来ないし、写真送れ!と言ってもちいとも送ってやこないし(笑)何やってるのか あまりこっちには伝わって来ないのですが…そういえば、彼にも(ちょっかい出しに?)会いに行きたいし、その当時の毎日を思い返すためにも またあの国に行きたいなァ…と 最近ずっと思い続けているのですが… これって「現実逃避」したいという願望の現れなのかな!?
確かに、毎日深夜残業だし お金はカツカツだし…で、生活に潤いが無い事は事実なのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

何とか、今日が無事に終わりますように。

あぁ…”恐怖の週末”がまたもや来てしまった…。
資料作りで難航して深夜まで残ることがほぼ100㌫決定しているので,会社に行く足取りも何処か億劫です。

昼休みは別件で用があり 写真を撮るだけの時間が持てそうにないので,出勤時にバスの乗換え地点の周辺で GR Digital片手に”お手軽スナップ”で何枚かをパチリ。
撮ろうと思えば,幾らでも題材はあるもんです。

1806101 1806102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

昨日に引き続き、GR Digitalでお気軽スナップ(追)。

いつもよりほんの少しだけ早くオフィスを出られたので、火曜日から置きっぱなしだった道着を片手に道場に一直線。
僅か30分余りしか体を動かすことが出来ませんでしたが、行かないよりはマシでしょうか。

道場の稽古が終わってから、ちょっと探し物があったのでそのまま渋谷東口へ。
お目当てのものは残念ながら見つからず 無駄足に終わってしまったのですが、何かしてから帰ろうと思い、手持ちのGR Digitalで何枚かモノクロスナップをパチリ。
そういえば、この見慣れた東横線のターミナルの風景も、もうちょっとしたら「過去の思い出」になってしまうんでしたっけ。
ここもちゃんと記録しておかないとな。

1706103 1706104 1706105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日に引き続き、GR Digitalでお気軽スナップ。

荷物の関係から今日も”定番のカメラ”は持ち歩かず、生き返ったばかり?のGR Digitalのみで”日々ネタ探し”の一日です。
バスの窓越しから 目に映った光景をさり気なく切り取って見ようと思ったのですが、当たり前のように撮るのも面白くないなぁ…と思い、今日は高感度モードによる”ラフなモノクロ風味”としてみました。
このGR Digital、(個人的意見ながら)一番面白いと思えるのはカラーよりもモノクロの方で、特にISO200-400前後の感度では粒子の粗いフィルムで撮ったような感じも出せる事から 意外とモノクロモードで撮る機会も多いのです。
 
1706101 1706102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

初代GR Digital再起動。

SIGMA DP2とE-P1が嫁いで(?)来て以来 めっきりと出番の無くなってしまった リコーの「GR Digital(※初代)」ですが、気紛れから ”再起動”させて見ることにしました。
一時は二束三文を覚悟で放出も考えていたのですが…ドイツ赴任中からずっと一緒だったヤツですからね。このカメラと一緒に回った思い出深いシーンの数々を思い出すと”未練”が生じてしまい、 今までそれに踏み切れないでいたのです。

このカメラ、画質は古さとイメージャーサイズ相応…という感じではありますが、外観の質感と操作感は今でも一級もの。
愛着をもって所有出来るコンデジの”最右翼”の一つ、と断言出来ます。

1606101 1606102 1606103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

朝の「253系 成田エクスプレス」。

とうとう 関東でも梅雨入りが宣言されたようですね。
暫くは、雨を避けて撮影するような毎日が続きますかねぇ。
ま、「雨だからこそ撮れる写真」というのもありますから、退屈する暇は全然無さそうな感じですが。

閑話休題:
今朝はバスの通りが混んでいそうな感じだったので、 急遽 電車での通勤に切り替えたのですが、その途中で見た253系「成田エクスプレス」。
慌ててカバンの中からE-P1を引っ張り出して一枚パチリ。
そう言えば、自分が社外にいる時間帯で唯一 253系による仕業に出会えるのがこの時間の便なんですよねえ。

新宿から 山手貨物線(埼京線)を走ってきた列車は この渡り線を通って 横須賀線へと入って行くのですが、この光景が 往年の名作アニメーション「銀河鉄道999」のワンシーンのよう。
奥行きを感じさせるアングルと言い、自分が好きな「鉄道風景」の一つです。

1406101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

そろそろ,梅雨入りですかね。

午後から,通勤定期の更新も兼ねて自転車で外出したのですが,その途中 E-P1片手に道草ショット。
梅雨のシーズンを待ち侘びているかのように,紫陽花が徐々に色づきを増してきていました。
そういえば,今年は 梅雨入りの時期が例年に比べて遅い気がするなぁ…。
遅れた分 いつまでもダラダラと居座り続けられて冷夏に陥る,なんてことが無ければいいんですが。

そういえば,よく行くカメラ屋の向かい側にある花壇で,見事なユリの花が咲いているのも見つけました。
そういえば,紫陽花だけでなく ユリもシーズンなんでしたっけ。
日本って,身近な場所に何かしら”旬の花”が咲いている事が多いから,撮るネタにホント困りませんね。

1306101 1306102 1306103 1306104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Welcome Back To The Earth, 「はやぶさ」!

その一際明るい「流れ星」は、課せられた任務を完全に全うした探査機が今際の際に見せた見事な「散り様」のようにも見えました。
7年前に旅立った直後から数々のトラブルに見舞われ、一時は帰還が絶望視すらされていたものの、その度に奇想天外かつ絶妙な”機転”で切り抜ける… その全てを羅列すると、到底この場では書ききれませんので割愛しますが、下手なTVドラマや映画なんかよりも遙かに面白いこんな「冒険譚」、そうたくさんあるものでは無いでしょう。
一個の”機械”である「はやぶさ」を 「人間の人生」に例えるのは 気恥ずかしい感じもするのですが、色々な「ヒント」と「励まし」を貰ったように思います。

…で、取るに足らない 撮り散らかした写真を汚く貼り付けるか、物欲まみれの他愛もない呟きばかりのこの日記で、お前は何故珍しく殊勝な事を書いているのかって?
仮にも「モノ作りの会社」に勤めて飯を食っている手前、「事業仕分け」などという 目くらましのサーカスの餌食になって次々と”ユメの花”の芽が摘まれようとしている現状に危機感を覚えたもので。
そのツケが後になって何倍にもなって帰ってくるような一時の「パンとサーカス」よりも、大輪の花を咲かせる可能性を秘めた「ユメの花」の種を蒔き続ける方が、国としてやるべき重要な事なのでは無いかと思うのですが。
誰も彼もが 目先の”餌”に踊らされがちで、この現状を果たして「危機」と捉えているか 非常に不安になるのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

さよなら、EOS40D。

1206101_2 去年の5月に 高倍率ズーム(SIGMA 18-125mm f3.8-5.6 DC OS HSM)と一緒に購入して以来 鉄道写真をメインに活躍してもらったわがEOS40Dですが、今日をもって正式に”お役御免”となりました。
思い返せば、たった一年あまりの短い付き合いでしたが、このカメラで本当 あれこれ撮ったものです。
このカメラに纏わる一番の思い出は、ほぼ毎日の如く(?)、去り行く「500系のぞみ」を追い掛け回した事でしょうか。
今までメインとしてきた「風景もの」だけに留まらず 「鉄道写真」という新しいフィールドに自分の目を向けさせてくれた という意味においても、このカメラに出会えたことは本当に良かった。
色々 ”デジタルカメラらしい新機軸”を盛り込み始めた最初期の製品ゆえ (ちょっと間抜けなシャッター音も含め)あれこれ荒削りな部分が散見されたのも事実でしたが、概して使い易いカメラだったと思います。

このEOS40Dの後継機となるのは、”IMAGE MONSTER”ことEOS7D。
今まで付き合ってきたデジタル一眼たちと比べ 色々な部分で面目を一新したこのカメラで どんな”新しい光の世界”を見られるのか。
今から楽しみです。

EOS40Dで撮った最後の写真は、金曜日の深夜、 会社帰りに気紛れ?から立ち寄った「すずめのお宿」で撮った数枚のカット。
ISO3200の最高感度&モノクロモードで撮ったものですが、ノイズも十分少なく まだまだ現役を張れる実力の持ち主だな、と改めて思った次第。
本音、手放すのはまだ時期尚早かな、、、とも思ったのですが…

1206102 1206103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

最近のお気に入り。

市販されている紅茶飲料って 水っぽかったり妙に甘かったりであまり感心した事は無いのですが,久々に飲みごたえのあるモノを見つけました。

仕事の合間,別の目的で持ってきていたEOS40D+SIGMAの50ミリマクロでパチリ。
50ミリでも等倍まで迫れるので,結構使い易いのです。

1106101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

再びナイトウォーク@すずめのお宿。

「バスの乗り間違い」という訳ではなく,今日は狙ってこちらにやって来ました(笑)
昨日 手持ち&ラフモノクロームで撮った風景を,今度はしっかり置いて長時間露光で狙ってみようと思ったので。

住宅地のど真ん中にある場所にもかかわらず,中は静寂そのもの。
そんな”静寂感”を 色をしっかりと出す事で表現してみようと思いました。
時折風がふいて竹の葉がサワサワと音をたてる様が涼しげで,実に心地よい。

0906101 0906102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

A World Without Colors.(事の成り行きで,碑文谷・サレジオ教会~すずめのお宿 プチウォーク)

乗り継ぎ地点で,やって来たバスに行き先も確認せずつい乗り込んでしまったのですが,やっぱり系統を間違えてしまったようで…。
バスは通りを逸れると,行きたい方向と反対へ行こうとするではないですか。
仕方がないので途中で下車し,”プチ・ウォーキング”も兼ねて 自宅まで歩く事にしました。
ついでに,カバンの中に”常備”しているE-P1を取り出し,スイッチをオン。
途中にある幾つかのスポットで お手軽?なナイトスナップを撮って帰ろうと思いつきました。
散々こき使われて仕事疲れしていても,「写真を撮る」という目的が加わると 何故か疲労を忘れてしまいます。
(そして限界まで攻めてしまい,週末はほぼ”寝たきり状態”になる…笑)

普段は持ち歩いている「MODOPOCKET797」を今日はうっかり家を出る際に忘れてきてしまい, 何処かに置いて長時間露光する事も出来ない事から 高感度モード+手ブレ補正の手持ち撮影で行う事にしたのですが,高感度モード時のノイズを逆に利用してやろう…と思いつき,”ラフモノクローム”で撮る事にしました。
敢えて 「色を切り捨てる」事で” 夜”である事を強調してみようと思ったのですが…こういうのも奥が深くて面白いですね。

0806101 0806102 0806103

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

再び,新宿西口へ。(E-P1 in ファンタジックフォーカスモード)

オフィスを(無理やり)逃げ出して,一路”マイ・ベストプレイス”・新宿西口へ。
カメラのオプション品を探しに行きつけのカメラ店に行くため…だったのですが,ひょんな事から意外なものを手に入れちゃった(笑)
ま,それをご紹介するのはまたの機会という事で…。

帰り際,昨日DP2で狙った場所から,今度は手持ちのE-P1( with M. ZUIKO 17mm f2.8)で同じアングルを撮ってみることにしました。
人工的な”光の世界”を強調してみたくて,E-P1に備わっているアートフィルタ「ファンタジックフォーカス」を当ててみたのですが,こういう極端にハイキーな感じもイイ。
「EOSを持っているのに,なぜこのカメラを買ったのか?」…とたまに聞かれるのですが,その理由の一つに「このアートフィルタ群の表現が面白いから」,というのもあるかも知れません。

0706101 0706102

追記;
はずかちー、タイトル間違えちゃったよ。。
正しくは「on」ではなく「in」です。
ここの所、英語使う機会 以前と比べるとグンと減ったからなぁ…
何モノも、使っていないとボケてくるものですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

再び,「成田エクスプレス」253系を撮る。(埼京線・恵比寿駅)

昨日に引き続き,午後から外出ついでに 「成田エクスプレス」の253系を狙いに行きました。
今度は しっかりと撮ることを目標にしていますので,携帯したカメラは EOS40D+EF70-200mm f4L IS USMのセット。
今まで500系の撮影にも使ってきて実績のあるものだけに,信頼が持てる組み合わせです。

ちょっと前まで当たり前のように走るのを見てきたこの車両も,(東京では)もうすぐお別れ。
こんな光景も,もうすぐ”思い出の一ページ”になりますね。
左が「41号」、右が「47号」です(どちらも成田空港方面)。

0606101 0606102_2

そういえば,列車が来るのを待っていた時に,ちょっと珍しい?お客さんが。
今更ながら?の「国鉄カラー」・183系です。
ちょっと自分の記憶と違うな…と思っていたら,前頭部の逆三角の「特急シンボル」が無いんですね。
ちょっと間の抜けた感じ,と思うのは,恐らく自分だけでは無いでしょう。

0606103

さらにおまけで,253系の”後継”となる E259系を。
馬面,というか,前頭部のボリューム感がスゴイ。

0606104

少々余談になりますが,本当 久々にキヤノンご謹製の「Digital Photo Professional(DPP)」を使って現像をやってみました。
最新のバージョン(Ver. 3.8.1 for Windows)をインストールしたのですが、かつてのバージョンで不満があった部分、「こんな機能が欲しい、こんな調整が出来て欲しい」というわがまま(?)がほぼ満遍なく追加されていたのが嬉しかった。
かつてのキヤノンの付属ソフトというと、とにかくアンフレンドリーで投げやりな印象で(ニコンのソフトと比べると尚更その印象が強かった)、それ故 サードパーティー製の「Silkypix」をメインに今まで4年ほど使い続けてきたのですが、これだったら十分に「素晴らしい!大満足!」と言えると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DP2で切り取る、「光の世界」。(新宿西口にて・夜景)

本日の外出の”最終寄港地”となった 新宿にて。
雑然とした「東京の光景」は、夜になると また違った姿を見せてくれます。
SIGMA DP2でそれを切り取る事が、今の自分のちょっとした楽しみ。

0606105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

久々の「鉄ネタ」ですが。(もうすぐ引退・「成田エクスプレス」253系)

オフィスに向かう途中、気まぐれで”例の場所”へと足を運びました。
今月末で「成田エクスプレス」を引退する初代空港アクセス特急車両・「253系」の走る姿が撮れればいいなァ…と思ったので。
今日の手持ちのカメラが元々 鉄道撮影用としてはあまり適していない「DP2」だったので、撮れる「絵」はごく限られていたのですが、そこは「撮れるように撮ってみよう」という”割り切り”で。

そういえばこの253系、何処かに転用される事もなくこのまま全車廃車になる運命か…と思いきや、2編成が何と長野電鉄で”第二の人生”を送ることになったようで。
「成田エクスプレス」改め、 さながら「アップルエクスプレス(?)」という所でしょうか… 信州の緑深い山々を背景にのんびりと走る都会的な特急車両、というのも、絵的にはなかなか面白いかも知れませんね。

0506102 0506103 0506104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

そろそろ「梅雨のシーズンの始まり」なのですが。

相変わらず 奇妙なまでに涼しい毎日。
何処か,今年の天気はおかしいですねぇ。
本音,この状況がずっと続いて欲しい所ですが,水不足や作物の不作などのことを考えるとそうもいかないでしょうから…。

昨日 終わらせ切れなかった仕事を片付けるために,午後から仕事場の方に出向いたのですが,バスの乗り換えポイントでふと見かけたガクアジサイ。
花が咲き出していました。
今だ そんな素振りも見せない天気ですが,そろそろ梅雨が本格的に始まるのでしょうか。

0506101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事だから仕方の無いこと、とは言え。

今日はひょっとしたら日が変わる前に帰れないかも、、、と 少々心配していたのですが、何とか滑り込みでセーフ。
月初の処理やら 資料の作成やらで終日あれこれ引っ張り出され 盛大に負荷をかけられた所為か、思考能力が著しく低下中。
正直、この日記ブログの文章を考えるのも辛いです。
しかし、「習慣」の成せる技かな… 疲れていても 何か一日に起こったことを書き留めておかないと 一日が終わったような気がしないんですよね。

今日は、最近の自分にしては珍しく(?)、通勤に電車を使いました。
家を出るのが少し遅れてしまったのが原因なのですが…久々?に乗る 朝の満員の電車は 眠くて頭がクラクラしている身には少々辛い(笑)
何か 「Today's Shot」のネタになる光景が何処かに転がっていないかな…と思い、DP2をすっと手に持ちながら歩いていたのですが、駅前のビルの中を通りすぎる際に目に止まった「よさげな風景」を一枚パチリ。
このパノラマ的な開放感、個人的には好きです。

0406101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

陽気に誘われて出てみたものの。

気紛れから「あの場所」に赴いてみたものの,これと言ったネタは見つからず。
”旬のネイチャーネタ”に乏しい事もあるのでしょうが… 別の”撮り場”を開拓して見る必要があるのかなぁ。
そう言えば,初代の「成田エクスプレス(N'EX)」の車両が近いうちに全車引退になるようで,これも撮れる内に撮っておかなければなァ,と思っているのですが。

0106101 0106102  

今日は,退社がてら剣の稽古に行こうと思っていたのですが,急な会議の資料作成の指示が入ってしまった為 目的を果たせず…。
代わりに 途中寄り道をするために帰りのルートを変更したのですが,その際に”一日の締め”と言う事で もう一枚パチリ。
そう言えば自分のDP2,ファームを最新の”Ver.1.05”へとアップデートしました。
変更した箇所は「ISO400における画像の最適化」という事ですが,そう言えば 輝度ノイズ(シャドウ部に発生する砂のようなノイズ)が心なしか良くなっているような。
基本,このカメラは「ISO100で撮るカメラ」と思っているのでISO400以上で撮る機会は滅多に無いのですが…早いシャ速を稼ぎたい時とか,ある程度高感度に強くなってくれるに越した事はないですからね。

0106103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »