« 春をいっぱい,見つけた。(おまけ) | トップページ | 夏日のような暖かさでした。 »

2010年3月16日 (火)

見た目は普通ながら,「隠れた名品」です(Microsoft Arc Keyboard)。

お前,キーボードなんて腐るほど持ってるだろうに…また無駄遣いしたのか!!と怒られそうですが(笑)
メンブレンキーボードらしからぬキータッチの良さに惹かれてつい買ってしまいました。

朝から晩までPCと睨めっこしている仕事柄,マウスやキーボード等 入力装置の感触に対しては人一倍こだわりがありまして。
安いメンブレンタイプのキーボードに良くありがちな,キーを押した時の沈み込む感じや剛性感の無さが好きになれなくて(キータッチのメリハリの無さが 打っていて疲れる),今までメカニカルタイプのキーボード(FILCO Majestouch とFILCO ZERO)をずっと使ってきたのですが,「キーのガチャガチャ言う音が五月蠅い!」という苦情が周囲からついに出てしまい,仕方がない…メンブレンタイプの音の静かなヤツで使用感に納得の行くモノを探して見るか…と 先日量販店を見て回った時に,発売されて間もないこの製品に出会ったという次第。

人によって好みには幅があるかとは思いますが,タイプミスの少ないアイソレーションキーデザイン,適度に剛性感とストロークのあるキータッチ,手に合わせて 中央がこんもり盛り上がったエルゴノミクスなデザイン…実に打ちやすい。
メカニカルキーのタッチに慣れていて,今更メンブレンのフニャフニャした感触になんて戻れないよな…と 内心思っていた自分ですが,こういう”技アリな逸品”,待っていたんですよ。
キータッチにこだわりたい方,PCを”日常の文房具”として使っている方に十分お奨めできるキーボードだと思います。

1503101

|

« 春をいっぱい,見つけた。(おまけ) | トップページ | 夏日のような暖かさでした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/47823357

この記事へのトラックバック一覧です: 見た目は普通ながら,「隠れた名品」です(Microsoft Arc Keyboard)。:

« 春をいっぱい,見つけた。(おまけ) | トップページ | 夏日のような暖かさでした。 »