« 色々「お役立ちグッズ」を仕入れに。 | トップページ | 久々に「鉄分」を満喫した日。 »

2010年2月16日 (火)

上野を去りゆく、2つの夜行列車。(寝台特急「北陸」と急行「能登」)

端から深夜残業 という状態に、いささか参りましたが… 今度のダイヤ改正で運行終了がアナウンスされている上野発の2列車の発車時間に、今から行っても十分間に合うことをふと思い出しまして。
今日は大人しく家へ帰る筈だったのですが、気まぐれで予定を変更し、E-P1片手に上野駅に立ち寄ることにしました。

いや、見事なまでの「国鉄スタイル」です。
自分が小さかった頃と殆ど変わらない、 懐かしい佇まい。
在来線優等列車が賑やかだった頃の時代の”名残”がそこにはまだ残っているかのようだったのですが…「古さ故に注目される」というのも、何だか”時代遅れ”を晒し者にされているようで、ある意味「不憫」と感じたのも、また事実。
21世紀を10年過ぎた時点で、今だに昭和30年代の面影を残す車両が優等列車で活躍している事自体が”奇跡的”で賞賛されるべき事なのではあるのですが…

1502101 1502102

|

« 色々「お役立ちグッズ」を仕入れに。 | トップページ | 久々に「鉄分」を満喫した日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/47580697

この記事へのトラックバック一覧です: 上野を去りゆく、2つの夜行列車。(寝台特急「北陸」と急行「能登」):

« 色々「お役立ちグッズ」を仕入れに。 | トップページ | 久々に「鉄分」を満喫した日。 »