« ちょっと弄りすぎたかな…?(笑)2 | トップページ | 今日は,ちょっと撮り方を変えてみた。 »

2010年2月11日 (木)

コンパクトなマイクロフォーサーズ機だからこそ,撮れるもの。

今日は最後の臨時「500系のぞみ」が走る日だったので,さぞかしギャラリーが多いだろう と覚悟して「あの場所」まで赴いたのですが…あれ?? 自分を含めてたった3人。
東京駅やその他の有名な「お立ち台」はどうか分かりませんが…悪天候が予報されていただけに撮影を見送った”撮り鉄”の人が多かったのでしょうか。
お陰様で(?),場所取りを心配せず 比較的自由に写真を撮れたのが良かったですが。

今日の得物は「EOS40D + EF100-400mm f4.5-5.6L IS USM」 と「E-P1 + M.ZUIKO 14-42mm f3.5-5.6」のコンビだったのですが,広角~標準域で写真を撮る事がメインになった為,結果的に小回りの利くE-P1が大活躍でした。
下の写真などは「E-P1だからこそ撮れたもの」と言った方が良いかもしれません。
光量が少なく,ある程度のシャ速を稼ぐためにISO400-640という高感度モードで撮らざるを得なかったのですが,ノイズも十分に少なく  全く問題のない出力。
マイクロフォーサーズ機というと,「コンパクトデジ以上 デジ一未満」を求める”ライトユーザー”向けの機械 というイメージが今まであったのですが,一眼レフの「サブカメラ」として十分に使える性能を持つものであるという確証が今回はっきりと持てました。

1002101 1002102

|

« ちょっと弄りすぎたかな…?(笑)2 | トップページ | 今日は,ちょっと撮り方を変えてみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/47542218

この記事へのトラックバック一覧です: コンパクトなマイクロフォーサーズ機だからこそ,撮れるもの。:

« ちょっと弄りすぎたかな…?(笑)2 | トップページ | 今日は,ちょっと撮り方を変えてみた。 »