« ファイナル・カウントダウン,いよいよ。(3) | トップページ | 通常モードへ回帰。(梅花@豪徳寺) »

2010年2月28日 (日)

さようなら,「500系のぞみ」。

昨年の11月頃から ほぼ毎日のように何らかの形で写真を撮り続けていた「500系のぞみ」ですが,ついにお別れの日が来てしまいました。
明日からは,いつもの時間に「あの場所」でカメラ構えて待っていても あの特徴的な青い車両はもうやって来ないのか…と思うと,一抹の寂しさがこみ上げてきますね。

今日を迎えるにあたって,どういう形で500系を見送ろうか…と 数日前から色々考えていたのですが,駅構内や”撮影のお立ち台”での大混雑ぶりを想像すると,ちょっと…(一年前の「富士・はやぶさ」で懲りました…)。
”撮り鉄”慣れしている友人に昨夜電話をして色々アドバイスを貰うも,なかなかアイデアが纏まらず…。そんな時に「多摩川の川べりだったらどうだろう…」という話がふと出て来たので,これに賭けてみよう!と決めまして,みぞれ混じり?の冷たい雨が降る中,三脚と機材を担いで 東急多摩川線「沼部駅」へ赴くことに。
そう言えば,あの”沼部のお立ち台”だけじゃなく,多摩川の川べりという選択肢も今までに出て然るべきだったのですが… こんないい場所,今まで何故思いつかなかったんだろ。

自分が現地に到着したのは,上り「のぞみ6号」が現地を通過する約20分前頃だったのですが,天気の悪さを反映(?)してか ギャラリーの数は想像した程ではなく。
撮影場所の”争奪戦”と言った 良くありがちな殺伐とした状況は起こり得無いと判断したので,三脚を使ってアングルも厳格に決めることにします。

まずは,上り「のぞみ6号」のカットを。
鉄道橋から少し離れた場所から,中望遠域で狙ってみます。
前述の友人からは,「流し撮りで狙ってみたら?」と言われたのですが,最後の最後で”冒険”するだけの勇気も無く,ここは極めてオーソドックスなスタイルで。

2802101 2802102

30分後の折り返し「のぞみ29号」は,上のロケポイントから上流寄りに数百メートル程離れている「丸子橋」の上から望遠ズームで狙ってみることに。
パン(カメラアングルの水平方向回転)で先頭車両をひたすら追いかけてみました。

2802103 2802104

2802105

 

まぁ,”可もなく不可もなく”という出来でしょうが…「500系のぞみ」最後の姿をこうして無事に写真に収めることが出来て良かった。
未来永劫 再び目にすることの無い光景だけに,自分にとって貴重な”思い出の1ページ”となってくれることは間違いありません。

|

« ファイナル・カウントダウン,いよいよ。(3) | トップページ | 通常モードへ回帰。(梅花@豪徳寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/47692775

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら,「500系のぞみ」。:

« ファイナル・カウントダウン,いよいよ。(3) | トップページ | 通常モードへ回帰。(梅花@豪徳寺) »