« 今,茂木にいます。 | トップページ | 比較的涼しかった一日。 »

2009年7月21日 (火)

やっぱり,「煙を吐く鉄の馬」が好き。(真岡鐵道SL)

RAWデータの現像に思いのほか時間がかかってしまい,レスポンスが丸一日遅れてしまいました。
(というか,毎回毎回 写真撮り過ぎ,,,)

機関車からもくもくと吐き出される煤を全身に浴びながら撮ったカットを見返していますが,蒸気機関車って独特の存在感がありますね。
何処となく「無機質」な感じのする 電気機関車やディーゼル機関車と比べると「生きている」ような感じが,”鉄ちゃん”にとどまらず 人々をいまだに惹きつけて止まないのでしょうか。
エコだの,CO2削減だの,環境問題が五月蠅く叫ばれている中,こうも環境に悪い 前世代の遺物(?)を愛でるのはアレなような気がしますが(笑) 音やにおいで”一体感”を味わえる 恐らく唯一の存在。
大方の機関車は,製造されて60~70年近く経っている”老兵”ばかりですが,これからも末長く走ってもらいたいと 願わずにはいられません。

記事の都合上,今回のレポートは 鉄ネタ専門ブログ「Side-B」の方で徐々にご紹介して行きたいと思います。
宜しければ,そちらにてお付き合い下さい。

 

1907092

|

« 今,茂木にいます。 | トップページ | 比較的涼しかった一日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/45693251

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり,「煙を吐く鉄の馬」が好き。(真岡鐵道SL):

« 今,茂木にいます。 | トップページ | 比較的涼しかった一日。 »