« 一週間が無事に終わった。 | トップページ | ”目で見たまま”のイメージに近づけるために(HDRイメージ)・再び。 »

2009年7月27日 (月)

”目で見たまま”のイメージに近づけるために(HDRイメージ)。

とあるデジタルカメラのムックを見ていたら,「HDRイメージ」なるものが掲載されていて,興味を引かれました。
ご存じの通り,デジタルにとどまらず 銀塩フィルムなどのカメラでは「イメージ」として表現できる光の強さの範囲(ダイナミックレンジ)が人間の目に比べると狭く,普通に撮っただけでは どんなに調整・加工しても ”目で見た光景”に近づけることは不可能。
写真の”宿命”と言えるこの問題を,アンダー~適正~オーバー,露出時間を変えて階調をずらした写真を何枚かソフトウェア上で合成する事により ダイナミックレンジを拡張したイメージを生成する…というのが,このHDRイメージの概要なのだそうです。
最近,夜景など 明暗差の激しい被写体を撮る事の多い自分。
これは,試して見ないわけにはいきません(笑)

HDRイメージを生成するソフトウェア「Photomatix Pro」がトライアル版で試用可能であることが分かったので,赴任間もない頃 大聖堂の街・ケルンで撮った夕景の写真をベースにHDRイメージを生成してみる事にしました。
段階露出(ブラケッティング)こそしていませんが,RAW現像で
①極端に露出調整をアンダーに持って行ったもの
②標準露出
③極端に露出調整をオーバーに持って行ったもの
の3枚のJPEG画像を抽出して,これを「Photomatix」上で合成してみる事に。
左が標準露出のカット,右がPhotomatixで合成したものですが(※試用版の制限で,イメージ上にウォーターマークが出てしまっています),結構良い感じ!
現地で見た時の感動がよみがえって来るようで,デュッセルドルフで撮った夜景の写真など もう一回作り直してみたい衝動に駆られます。

このソフト,ダウンロードで買うと 一ライセンスが\15,000円程するので,衝動買い という訳にもなかなか行きませんが… 本格的に使って見たいので,是非欲しい!

2607093 2607094

|

« 一週間が無事に終わった。 | トップページ | ”目で見たまま”のイメージに近づけるために(HDRイメージ)・再び。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/45752800

この記事へのトラックバック一覧です: ”目で見たまま”のイメージに近づけるために(HDRイメージ)。:

« 一週間が無事に終わった。 | トップページ | ”目で見たまま”のイメージに近づけるために(HDRイメージ)・再び。 »