« EOS5Dが直った | トップページ | 100万ドルの夜景 »

2009年2月 2日 (月)

星空を見て想いを馳せたあの頃を。

生憎と 薄雲が出ている日ではありましたが,病み上がりのEOS5Dのテストも兼ねて 自宅のベランダから空を見上げてみました。
水銀灯などの「光害」が著しい都会の空ではありますが,じっと目を凝らして見上げてみると,かすかにいくつかの星が。
カメラを三脚に据え付けて星空を撮っていると,20年ほど前 小学校の理科の課題で星空をオペラグラスで夢中になって観察していた あの頃を懐かしく思い出しました。
そういえば,父親の一眼レフ(ミノルタのSR-T101)を借りて 慣れない手つきで星空を撮ったなんて事もありましたけ。
当時は,写真に関する知識は殆どゼロ。勿論 出来上がった作品は酷い出来でしたが…
思えば,「写真」に対する憧れと興味は,あの頃から始まっていたのかも知れません。

あの頃の「ときめき」をもう一度。
最新の機材を片手に,本格的に星空を撮りたい!と無性に思ったのでした。
0202091

|

« EOS5Dが直った | トップページ | 100万ドルの夜景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133631/43939166

この記事へのトラックバック一覧です: 星空を見て想いを馳せたあの頃を。:

« EOS5Dが直った | トップページ | 100万ドルの夜景 »