« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

ナイトスナップ(酉の市・11/29)

楽しみにしていた京都旅行から早 一週間が過ぎ,2008年という年もあと1ヶ月余りで終わろうとしています。
身の回りは景気の悪い話で溢れていますが,せめて写真を撮る事だけはこれからも忘れないようにしたいものです。

さて,昨日は土曜日でしたが,自分の会社は営業の締めがあった関係で出勤日。
せめて 帰りぐらいは何処かへ…と,(自分にしては)早めに会社を退社し,帰り道の神社で開かれていた「酉の市」へカメラ片手に寄り道をしてきました。
普段は本当に静かな神社なのですが,この日ばかりは熊手を売る店や屋台が軒を連ね,実に賑やかです。
売り子の人たちの威勢の良いかけ声と相まって,巷の(色々な意味で)寒い雰囲気を束の間忘れられそうな感じが,またいい。

30110840 30110841 30110842 30110843 30110844

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色のない風景(京都旅行・おまけ)

サブ機・「GR Digital」による京都のモノクロスナップ集です。
高感度域でノイズが多い事を逆手に取ってモノクロで撮ると,また味のある写真が出来上がる。
個人的にも,GRはモノクロで撮る機会が多いのです。

30110830 30110831 30110832 30110833 30110834 30110835 30110836 30110837 30110838 30110839

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(8)東福寺その二

東福寺の紅葉風景,第二弾です。
紅葉の具合は,場所によってこれからだったり 丁度ピークだったり。
青から黄,そして赤色。この色の移り変わりを愉しむのも,またいいものです。

願わくは,来年もこの風景に出会える事を祈りつつ…

30110820 30110821 30110822 30110823 30110824 30110825 30110826 30110827 30110828 30110829

| | コメント (0)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(8)東福寺その一

さて,道中最後の日が始まりました。
あれだけ楽しみにしていた今回の旅行も,人の波に揉まれているうちに あっという間に最終日。
もっと色々と撮って廻りたい,時間がもっと欲しい,,,と切実に思います。

前の記事で書いた通り,自分の不手際の所為で予約が取れた新幹線は,正午発の便。
何処か観光スポットを廻るとすれば,京都駅から極近い場所を厳選して午前中に一箇所だけ…という事になります。
紅葉風景を撮ることが今回のメインの目的ですから,やはりそれなりの場所を…と考えていた所,思い当たった場所が 今回ご紹介する東福寺でした。
個人的にもう何回も訪れている京都ですが,このお寺を訪れるのは 実は初めてのこと。
「紅葉の名所」という評判は聞いていたものの,実際は如何…という事で,今回実際に行って見ることに。


大きな地図で見る

ここも,あまりに有名すぎる場所ですので(笑)敢えて多くは語らず,撮った写真からあの時の雰囲気を感じて頂く事としましょう。

今回を含め,あと2回で今回の京都旅行の連載(?)は終わりと致したく。
お付き合いいただき,有難うございました。

30110813 30110814 30110815 30110816 30110817 30110818 30110819

| | コメント (0)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(8)清水寺(*夜間公開)その二

三重塔を過ぎ,本堂の有名な「清水の舞台」を通り,釈迦堂・奥の院へ…という拝観コースの各撮影ポイントから順番に撮ったのが下のカット。
建物の詳しい説明は今更ながら不要かと思いますので(あまりに有名すぎて 自分のような素人が説明できる余地がない・笑),夜景の幻想的な雰囲気を少しでも感じて戴けましたら幸いです。

去年の同じ時期にもKiss Digital Xでここの夜景を撮影したことがありましたが,昨年撮った画像と比較してみると,撮像素子のサイズが大きい分だけ やはりEOS5Dの生成する画像の方が より懐の大きい表現が出来るように思います。
ISO1600という高感度での撮影ですが,これでもノイズは殆ど問題ないレベル。
あの時見た光景を殆どそのままモノに出来てしまうので,こういう夜景を撮るのが俄然楽しくなってきます。
予想外なことばかりで今回 迷惑をかけまくりだった友人にも喜んで貰えたようで,ホッとしました。

友人と自分も 納得の行くまでじっくりと夜景を撮っていたら時間はあっという間に過ぎてしまい,お開きの時間に。
他にも訪れたい場所はありましたが,今日の行程はこれで全部終了です。

3011086 3011087 3011088 3011089 30110810 30110811 30110812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(8)清水寺(*夜間公開)その一

常寂光寺での撮影を一通り終えたので撤収の準備をしていたところ,保津峡で列車の写真を撮っていた友人から電話が。嵐山の方に戻って来たようです。
嵐電の駅前で落ち合って 一旦京都駅の方まで戻る事にしたのですが,前述の通り 予定外な事ばかりで…

3011081嵐山一帯は今まで自分が見たことも無いほど観光客でごった返しており,付近の道路は冗談抜きで”足の踏み場も無い”ほど。 
バスは当然として,嵐電をはじめとする公共の交通機関は大行列状態。
嵯峨野線で戻ってきた友人曰く,JR嵯峨嵐山の駅ですら 入場規制がかかっていたそうです。

3011082 仕方がない…少し歩いた先で電車に乗ろう,という話になりまして,渡月橋の前から左に曲がって桂川の川沿いを暫く道なりに歩き,車折神社の境内を突っ切った先にある嵐電の駅(車折神社駅)から電車に乗ろうとしたのですが,来る電車が悉く超満員状態で,おまけに”乗車拒否”すらされる始末(泣)
一体何時になったら電車に乗れるんだ,,,

何本か超満員の列車を見送った後 臨時の単行列車に辛くも乗り込むことが出来てホッとしたものの,乗換えで使った 京都に出る地下鉄(市営烏丸線)は,これまたラッシュ時の中央線ですら真っ青な位の混雑振り。
いや,参りました…。京都の人口,普段の倍以上になっているんじゃないのか,,,

それだけで話は終わらず,取り返しの付かない「読み違い」が再び。
この尋常じゃないごった返し振りを見て流石に心配になり,明日の新幹線の座席を予約しておこうという事になったのですが,駅の窓口で聞いてみると,夕方の便はグリーンも含めて「のぞみ」から「こだま」,悉く指定席が予約済み(!)
辛うじて残っているのがグリーンの喫煙席だけだったのですが,高い金を払った挙句 臭い煙草の煙で2時間も燻蒸されるのだけは流石に勘弁,,,。
かといって,疲労困憊した身体で再び2時間以上 立ちんぼになるのも嫌,,,
この時点で 指定席が辛うじて取れるのが正午近辺の列車。それも,グズグズしていたらいつそれも押さえられてしまうか分からない…。
予定では,明日(24日)は奈良方面へ遠征に出かけることにしていたのですが,事情を鑑みると そこに行くだけの余裕はとても取れそうに無い…。
大変口惜しい事ではありますが,列車の事情を最優先させ,明日は旅程を午前中で切り上げることにしました。
今までなまじ「行き当たりばったり」で何とかなっていた手前 今回も問題ないだろうと高を括っていたのですが,今回はそれが悉く裏目に出る事に。
自分だけの問題で済めば「運が悪かった」だけで済まされたでしょうが,今回は友人が一緒(しかも,自分が誘って…)。
貴重なお金と時間を使わせ 挙句に得たものが「不愉快」だったとしたら,彼に何と申し訳のない事をしてしまったんだ…と,居た堪れない気持ちになりました。
しかし ここまで来てしまった以上,後の旅程を何とか無事に終わらせる事だけを考えるしかない。
さしあたっては,これから行く予定である「清水寺」の夜間特別拝観を何とか無事に終わらせる事が目標になったのですが,「清水寺」と言えば「京都」の代名詞と言っても過言ではない スポット中のスポット。
まともに見て回ることができるんでしょうか,,,

PS
その日の夕食は,何処も凄い行列で短く済ませられる場所が見つからず,結局「ドトールのサンドイッチ」と「コンビニの弁当」ですた。
ホント,京都くんだりまで行って何やってるんだ,,,(泣)

-----
さて,(無理やり)気を取り直して,清水寺の夜間拝観です。
ドトールで手短に燃料補給を済ませた後,駅前からタクシーに乗り 清水寺の真下あたりで下ろして貰いました。


大きな地図で見る

運転手さんに教えて貰ったとおり,そこから石畳の細い通りを登って行くと丁度五重塔の辺り。
塔をかすめ 右にそれて上がっていくと,丁度清水寺の参道に合流する「三寧坂」へと出るのですが…3011083やっぱり凄い人の列が!(汗)
ここまできた以上 意地でも見て行くつもりでいましたので,当然列に並びましたが…何とも嫌なものです。
一時間か一時間半か…それだけ並べば境内に入れるだろうと覚悟していましたが…あれれ,仁王門に近づくにつれて渋滞がどんどん解消して行くではないですか。
どうも,みやげ物の物色目的で人が立ち止まることによる「自然渋滞」だったようですが…良かった,これだったら撮影に十分時間を使う事が出来そうだ!

次回のエントリにおいて,今回撮影した清水寺の夜景をじっくりとご紹介したいと思います。

3011084 3011085

| | コメント (2)

2008年11月29日 (土)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(7)常寂光寺 その二

空いっぱいに広がる極彩色の乱舞を眺めながら上の方へ。
昨年の今頃 夢中になって撮った鐘楼付近のモミジは,今年も変わらず見事な色づきでした。

2911086 2911087 2911088 2911089

| | コメント (0)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(7)常寂光寺 その一

2911081 ほどよい具合に色づいた紅葉を眺めながら,天龍寺の境内北側をかすめて常寂光寺へ。
去年もKiss Digital X片手に訪れたこの場所ですが,あの鮮烈な赤色に彩られた風景を思い出すとやはり無性に来たくなってしまう場所なのです。

 


大きな地図で見る

 

 

今年も期待を裏切らず,あの鮮烈な黄色と緋の色に彩られた”絶景”は健在でした。
京都のスポットを今まで色々廻ってきましたが,ここと比肩する紅葉の名所はちょっと中々無いのではないか…と思います。
しかし,日本の楓(イロハモミジ)の何と「雅(みやび)」なこと。
この鮮烈な緋の色の紅葉といい,葉の形といい,寺社を引き立てる「名優」だと思います。

29110822911083

2911084 2911085

| | コメント (0)

2008年11月28日 (金)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(6)野宮神社

2811086 保津峡の風景を一通り撮り終えたあと,嵐山方面の紅葉風景を撮るため 友人とは後ほど別の場所で落ち合う事にして,自分はここを列車で離脱。一つ前の嵯峨嵐山まで戻ることにしました。
昨年も訪れた嵐山方面ですが,常寂光寺を始めとする”紅葉の名所”が多いため 混んでいるのを承知で何度でも足を運びたくなってしまいます。

最初に訪れたのは,JR嵯峨嵐山駅から常寂光寺方面に歩いて行く途中でふらりと立ち寄った小さな神社,野宮神社。


大きな地図で見る

「縁結びの神様」として 巷では有名なようですが,ここの紅葉風景がちょっと良さげだったので,色々なアングルから撮って見ることにしました。

2811087 2811088 2811089  

 

 

 

 

天龍寺の境内の北側を抜け,常寂光寺へと足を進めます。

| | コメント (0)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(5)保津峡のトロッコ列車

二日目の朝がやって来ました。
昨晩は,草津のホテルに到着したのが夜の11時過ぎ…そこからカメラのデータのバックアップをやったり,バッテリーの充電をやったり,更にはこのブログの文章を考えたり…色々やっていた所為で,ベッドに入ったのは夜中の三時頃…。
前日も,会社の業務で深夜まで拘束されていた所為で二時間位しか寝ていないので,体力的にちょっときつい…(汗)
しかし,綺麗な紅葉風景を絶対撮ってやる!という気持ちの方が強い所為か,ロケ地に行くとアドレナリン全開(?),疲れも忘れてしまいます。
帰った途端,燃え尽きてボロボロになってしまうかも知れませんが…(笑)

朝は,相方の友人が保津峡(ほづきょう)の鉄道風景を撮りに行くというので,それに同行。
京都に撮影に来るようになって数年になりますが,こっちの方まで来るのは 実は初めてです。
保津峡というと真っ先に思い浮かべるのが,貨車を改造したかわいいトロッコがゴトゴト走る観光列車にライン下り。
撮影対象が今まで寺社の境内に集中していたため,こう言った風景を撮る事はあまり考えたことが無かったのですが,「京都の風景」というカテゴリで考えてみると 当然こう言ったものも含めるべきなわけで。たまには趣向を変えてみるのもまた違った発見があるので面白いかも知れませんね。

京都駅で嵯峨野線(山陰本線)に乗り換え,亀岡方面に20分ほど。
目眩がしそうなほど高い鉄橋の上にしがみつくように存在する無人駅・保津峡駅。


大きな地図で見る

風景写真を撮る人や鉄道写真を撮る人が「定点」としてよく利用するそうで,なるほど 確かに絶好の撮影スポットです。

2811081 2811082 2811083  

 

 

 

 

 

亀岡方面のホームから川面を眺めると,奥の方にトロッコ列車の線路が。
カメラの露出設定と構図を決めた後,静かに列車が来るのを待ちます。

2811084 2811085  

 

 

行きと帰り,何回かトライしましたが…上手く?引っかかってくれたのが上の2カット。
「紅葉の中を走るトロッコ列車」がお題目でしたので,紅葉を多く入れるように構図を決めたのですが…ちょっと散漫になってしまったかな?
列車が丁度構図の真ん中で撮れると良かったのですが,手前に植わっているイチョウの木に隠れてしまうので,,,。

| | コメント (0)

2008年11月27日 (木)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(4)高台寺

27110812三千院を後にして,近場にある「宝泉院」など 他の寺院の庭園をSさんと廻っていましたが(写真撮影が禁止されていましたので,残念ながら写真はありません…)陽も沈んでしまい,また 自分もSさんも先の予定がありましたので,この辺で切り上げて京都市街まで戻ることに。
移動手段はバスしかないのですが,前にも書いた通りバス停は待っている人で”超”のつく行列。しかも,昼間の時よりも酷くなっているようです…。
整理をしていたバス会社のスタッフさんに聞いてみると,行列に並んで京都駅行きのバスに乗れるまで約1時間半(!)。次の予定している場所まで無事に辿り着けるんでしょうか。。

運良く滋賀県側から来た出町柳駅行きのバスが来てくれたおかげで,思ったよりも短い時間で大原を発つことはできたのですが,ここで更なる問題が。
道路が大混雑していて,バスが動きません…。
電話で,友人とは京阪電車の出町柳駅で落ち合う事にしましたが,このまま行くと 大幅に到着が遅くなるだけでなく,予定していた夜間拝観にも行けなくなってしまうかも…
行程を短縮する最後の方法として,バスを降りて叡電の「八瀬比叡山口」駅から出町柳駅まで一直線で出る方法に賭ける他はなくなりましたが,果たして上手くいくだろうか…?
結論から言うと,これで正解でした。
混雑や遅延も全くなく,実にスムーズに終点の出町柳駅まで辿り着くことが出来たのでした。
あの時,判断を誤ってそのままバスに乗り続けたら,恐らくこの日の夜は何処にも行けなくなっていたかも,,,。
ここでSさんとはお別れをして,首を長くして待っていた友人と京阪電車の改札で落ち合い,恐らく本日の最後の目的地になるであろう 祇園方面へと一直線。
カメラの試し打ち(?)も兼ねて,高台寺の夜景を撮りに行くことにしていたのです。
-----
さて,清水寺と並ぶ祇園方面の観光の名所・高台寺。


大きな地図で見る

昨年の春の際も夜間特別公開で夜桜を撮りに来た事がありましたが,秋の季節にこの特別公開を拝観したのは(自分の記憶が間違っていなければ)初めてのはずです。
スムーズな入場を(淡くも)期待して行ったのですが,やっぱり読みが甘かった(泣)
切符を買う前の所で,やはり物凄い行列…。
この調子だと,写真を撮るために場所を確保するのも一苦労かもしれないな…。

ここ 高台寺で撮影した中で(辛くも)引っかかってくれたのが下のカット。
当然ながら三脚や一脚を使っての撮影は禁止されていま したので,ISO800以上の高感度モードにして手持ちで撮ったり,杭の上にカメラを置いてセルフタイマーで撮ったり…結構涙ぐましい(?)努力をしています。
しかし,「撮ったその場で画像をチェックできる」デジタルカメラと 手ぶれ補正機能の付いたレンズの組み合わせの,こういう撮影シーンでの何と頼もしいこと。
銀塩カメラ時代にはこういうシーンを撮ることは事実上不可能に近かっただけに,「文明の利器」のありがたみが身に染みます。
尤も,「銀塩でしか撮れない」ものも まだ沢山ありますので,銀塩をデジタルに完全に置き換えるには至っていない自分ですが。

夜景を一通り撮り終わった頃には,既に夜の10時近く。
ホテルのチェックインもありますので,今日はこれでお開きにしなければなりません。

2711081327110814 271108152711081627110817

| | コメント (0)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(3)三千院 その二

三千院でのカットの続きです。
ここも撮り方を変えて色々遊べたのでしょうが,今回はこの位で。。

2711087 2711088 2711089 27110810 27110811

| | コメント (0)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(3)三千院 その一

2711081 2711082大法院を後にし カメラ片手に暫く境内を散策していた所,落ち合う予定のSさんより携帯メールが。間もなく京都駅に到着されるようです。
こちらも,それに合わせて妙心寺を発ち,再び嵯峨野線に乗って京都駅へ。
Sさんとは京都駅の改札出口付近で待ち合わせでしたが,観光客でごった返していた割にはすんなりと見つける事ができました。
Sさんとお会いするのは9月末の東京以来ですから,2か月振りでしょうか。
日記ブログを拝見していると物凄い激務ぶりが心配になるのですが,お元気そうで何より安心しました。
-----
さて,京都駅前よりバスに乗り揺られること一時間余り,場所は洛北・大原。
ドイツに行く直前の2003年に一回こちらを訪れた事がありましたが,あの時は土砂降りの雨でしたっけ。
今度は天気もまずまずで,これだったら良い「絵」が撮れそうですが…やっぱりここも物凄い観光客の人込み(JR東海のポスターで今回「三千院」が紹介されていた影響があったかも)。バス停なんか,人待ちで物凄い行列なんですが…無事に市内に戻れるのかなぁ。。
ま,とりあえずそんな心配事は余所へ置いておいて,観光を愉しむことにしましょう。

まず訪れたのは,大原を代表する寺院・三千院。
ここの紅葉風景のカットをご紹介したいと思います。


大きな地図で見る

場所によって紅葉の状態に前後があったものの,”旬”の紅葉を愉しむことができました。

2711083 2711084 2711085 2711086

| | コメント (0)

2008年11月26日 (水)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(2)妙心寺・大法院 その二

大法院の庭園でのカット,第二弾です。
「引き」で全景を狙っても良し,対象に近づいてみても良し,色々な「味わい方」のできる庭園です。
本音をいうと,もっと遊んでみたかったところですが…全景のカットがうまい具合に撮れましたので,今回はこれで良しとしましょうか。

2611085 2611086 2611087 2611088 2611089  

 
 
 

大法院を後にして,暫し境内を散策することにします。

| | コメント (0)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(2)妙心寺・大法院 その一

2611081 退蔵院を後にし,紅葉のスナップカットを撮りながら境内をあても無く歩いていた所,「大法院庭園 秋の特別公開」の看板が。
この塔頭を拝観する機会に恵まれたのは,今回が初めてです。
これは見なければ損でしょう!…という事で,早速この場所へ。


大きな地図で見る

この塔頭の庭園はじっくりと写真でご紹介したいため,2回に分けてご紹介したいと思います。
もみじの緋の色が辺りに映えて 実に見事な「絵」を作り出していました。

2611082 2611083 2611084

| | コメント (0)

2008年11月25日 (火)

2008年秋・京都紅葉撮影旅行~(1)妙心寺・退蔵院

さて,話は22日の土曜日まで遡ります。
超満員だった行きの「のぞみ3号」で2時間の行程丸ごと立ちんぼになってしまい,ツアー開始早々からちょっとお疲れ気味。
先が思いやられるなぁ,,,。
8時30分頃 定刻で京都に到着してから 今回同行してくれた友人に電話をしてみると,彼も無事に後の列車で京都に到着した様子。
烏丸口(中央口)で待ち合わせをし,しばしこれからの予定を話し合った後 夕方落ち合う事としました。
友人は,これから洛北の貴船まで叡山電鉄の写真を撮りに出かけるそうです。

自分は,この日中 別の方と行動を共にする事になっていたので,このままその方が到着するのを待っていたのですが,連絡があって,トラブルから京都への到着が遅れるとの事。
落ち合えるのは昼前後になるとのお話でしたので,この時間の空きを使って 手堅く 「定番」の観光スポットを廻ってみることにしました。
京都駅から嵯峨野線(山陰本線)で数駅,花園駅の近くにある「妙心寺」。
もう,今まで何度も足を通った場所ですが,観光シーズンに合わせて特別公開をする塔頭がありますので,また違った発見があるかもしれません。

最初に足を運んだのは,常時公開となっている塔頭「退蔵院」。
半年前の桜のシーズンにも来ましたね,そう言えば…。


大きな地図で見る

ここの庭園は春夏秋冬を通じて楽しめる設計が成されているので,このシーズンは紅葉が綺麗なはずです。

2511081 2511082 2511083  

 

 

 

 

 

紅葉の色づきは場所によって結構バラつきがあるようで,ここのご自慢の庭園・「余香苑」では紅葉はこれからという所。
自分の見立てでは,12月の初旬が見ごろのピークになるかな,という感じでです。

退蔵院を離れ,とりあえず境内を歩き回ってみることにします。

| | コメント (2)

2008年11月24日 (月)

京都旅行の余韻。

あれだけ楽しみにしていた3日間。
今年の春の時と比べて遥かに時間をとったつもりでしたが,過ぎるのはあっという間でした。
今回の旅行で撮ってきたカットを見ながら,余韻に浸っている所です。

「読みが甘い」という誹りを免れないかもしれませんが,今回の旅行は自分にとって「想定外」なことばかりでした。
今までのケースと違い「3連休」である事を頭に入れず,行きの列車では指定席の予約が満杯で取れなくて 2時間の全行程丸ごと立ちんぼになってしまった事。
交通が不便であることを分かっていながらも名の知れた観光スポットへ行ってしまい,大混雑でバスに乗るのに2時間近くかかってしまった事。
夕飯を食べようとしたけれど何処も行列で,その日は軽食とコンビニの弁当で我慢せざるを得なかったこと。
帰りの新幹線の切符を前日予約しようとして全然席が空いておらず,結局最終日は当初の予定を大幅に切り上げて昼一番に発たざるを得なかった事。
自分が考えたことは 他の京都を訪れた人たちも恐らく考えたことだった,というまでの話かも知れませんが,とにかく京都の名だたる観光地は今まで見たことも無いほど観光客で溢れ返っており,足の踏み場もないほど。
じゃあ,今回の旅行では全く愉しめなかったのか,と言われればそんな事はなく,色々な出会いもありましたし,美しい風景に出会い 良い写真も多く撮ることが出来た。
結果から言うと,行って大正解だったと思います。
現在,EOS5Dで撮影したRAWデータを順番に現像している所ですので,これから数回に分けて 今度の紅葉狩り旅行の模様をこちらでご紹介して行きたいと思っています。
暫しお付き合い頂ければ幸いです。

最後になりますが,今回の旅行で一日目の日中にお付き合いいただいたさやか様,そして3日間付き合って貰ったさんらいず氏にこの場を借りてお礼申し上げます。

2411081PS
イメージ音楽は,現在 JR東海の「うましうるわし 奈良」キャンペーンで使用されている曲「Again(Night)」。
原曲は,クラシックの定番として有名なボロディンの「ダッタン人の踊り」ですが,これに現代的な歌詞とアレンジが追加され しっとりとしたジャズ調の曲になっています。
「Time Again, Take my heart to a gentle place...」という出だしで始まり,旅情を静かに唄ったこの曲。
ライトアップされて暗闇から浮かび上がる夜景を眺めながら この曲を頭に思い浮かべました。
JR東海のWebサイトでこの曲のPVが聴けますので,ぜひお試しを。

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

京都旅行のカメラ機材

待ち焦がれた旅行まで,あと2日。
直前でバタバタしないように今日位から全部準備しておこうと思っているのですが…特に機材の選択には毎回のように悩みます。。
前回の時(2007年)は,Kiss DigitalXに標準ズーム(18-55mm f3.5-5.6 IS),これだけでほぼ撮り切ってしまったのですが,今回は期間もちょっとばかり長いので,万が一のことも考えて「バックアップ」も用意したい所。
目下,EOS5D+EF24-105mm f4L ISをメインに,Kiss DX+18-55mm f3.5-5.6とコンデジのGRDをサブにしたいと考えているのですが…今持っているバッグに上手く収まるかな?
望遠マクロや100-400mmなどの望遠ズームは今回持って行く予定が無いので,いつものネイチャー物の撮影よりかはコンパクトになりそうですが。
希望としては,銀塩でもカットを押さえておきたいので,M6などのRF機を一つ持って行くことを考えているのですが,スペースが許せるかどうか…。
家へ帰ってから,カバンを前に 色々悩んで見ることにします。

| | コメント (0)

2008年11月19日 (水)

都会の中の秋景色。

急に冷え込んできた所為か,自分の仕事場の近くでも木々の紅葉が見られるようになってきました。
ケヤキとイチョウ,それにサクラが今 シーズンです。

辺り一面 無機質なコンクリートで覆われた,所謂「東京砂漠」のまっただ中ですが,こんな場所にも晩秋の知らせは忘れず来てくれるものだ,とちょっと感心。
毎日忙しさに追われて,ともすれば身近の風景を見過ごしがちな昨今,ちょっと一息入れてカメラ片手に周りを散歩して見るのも良いものです。

1811081 1811082 18110831811084 

| | コメント (0)

2008年11月17日 (月)

Librettoのメモリが直った!

先週末に修理依頼に出したLibretto用の1GBメモリモジュールですが,メーカより代品が戻ってきました。
最初,2週間くらいかかるかも,,,と言われていたので,22日から予定している京都旅行までには間に合わないと思っていたのですが,こんなに早く戻ってくるとは。ちょっと嬉しい誤算?です。

肝心の現物ですが,Librettoに組み込んで見たところ異常な動作をすることも無く,今のところ問題は全く無い様子。
トラブルシュートをする際,バックアップイメージでシステムのロールバックを行ってしまったので,いくつかのアプリケーションやドライバを再インストールする作業を行っているのですが,このペースだと 1~2日位で完全に元の環境に戻すことができそうです。
良かった…これだったら,京都に持って行くことができそうだ!

| | コメント (0)

2008年11月14日 (金)

ホントに勘弁して,,,,

今日も,余裕で終電だった,,,。
昨日は打ち合わせ用の資料A,今日は会議用のプレゼン資料B… 本当に退屈でくだらない ドキュメント作成要求のオンパレード。
この手の資料を作るだけのPCスキルも知識もないくせに,要求レベルだけはどんどんエスカレートしてくるし… 本当にこんなものを幾つも作らないと,たった何十分かそこらの会議も出来ないのか??
パソコンでこういった資料を作る事が会社業務のスタンダードの一つになったのは,Windows98が普及してきた頃からだと思いますが,正直 これらのツールがない時代のことを想像できません。
PCが「文房具」として一般に普及し それなりの知識があれば誰でもそこそこのドキュメントを作成できるようになりましたが…でも,本当にこれって「便利な道具」になり得ているんでしょうか?
こんなどうしようもない愚痴(?)ですらPCを使って書き,一時もPCの前から離れられなくなっている自分ですが,最近 自分を気づかず不幸?に陥れている元凶はコイツらだと思うようになってきて…。

| | コメント (0)

2008年11月12日 (水)

勢いありすぎて…?

庭に咲いている菊の花が,ただいま満開。
大抵の植物がこれから冬の支度に入るこの時期に目を愉しませてくれているのですが,勢いよく咲きすぎてしまったのか 殆どの花が柵から身を乗り出して咲いてしまっていて…(笑)
このカットの撮影者は,最近 とにかく会社で酷使されがちで半ば萎れかけている?のですが(苦笑)ほんの一時でもいいから こうパーっとフレッシュにハジケてみたいな,と花を見てふと思ったのでした。
1111081

| | コメント (0)

2008年11月10日 (月)

気分はすでに旅行気分?

ネイチャースナッパーにとってはまさに戦場に赴く侍の気分?
最後のクライマックス・紅葉シーズンの始まりです。
本音,もっとあちこちに行きたいのが本音ですが,土曜日が無駄に出勤日になってしまったり(怒),はたまた他の用事が入って行く時間がなくなったり… 。
有給をむりやり使ってでも行きたいのが本音ですが,それをすると棒茄子の査定に響いてしまいそうだしな,,,(グループ内でまことしやかに囁かれる”伝説”)。
ま,遠出しなくても電車で1~2時間揺られれば味わえる身近な場所もありますし。楽しみ方次第,なんでしょうけど。

今年も,例年に漏れず 京都行きは忘れず行く自分(笑)
いつもは,気まぐれでフラッと行く「一人旅」でしたが,今度は大学時代の友人と一日目の夕方から合流する予定。
いつものスタイルとはまた違った廻り方ができそうな感じです。
限られた滞在時間を有効に活かすためにも,今度はある程度スケジュールを決めておきたいと思っているのですが…さて,どこを重点的に廻ろうかな?
めぼしいガイドブックやWebサイトを見てみても 撮り甲斐のありそうな場所ばっかりで,困ったなぁ…

| | コメント (0)

2008年11月 7日 (金)

Librettoのメモリモジュールが,,,。

突然死されました(泣)

昨日,昼休み中にブログの記事を書いていた時,突然見たこともないようなエラーメッセージを出したかと思うとブルースクリーン。
それ以降は,どんなにやっても起動の途中でエラーが出て停止,セーフモードすらまともに立ち上がらなくなりました。
最初,HDDのフィジカルクラッシュかシステムファイルの破損では…と思って,回復コンソールからチェックと修復を試みてみたのですが,HDD自体は健康そのもので問題なし。システムファイルそのものにも問題はないようです。
更に,外付けのHDDに取ってあったバックアップイメージから,正常動作時の状態にシステムを戻して試してみましたが,やはり同じエラーが出てしまいます。
これだけトラブルシュートをやってもまだ問題が解決されない,となると,あと考えられるのはメモリモジュールの異常くらいなのですが…今時,こんなものがこんなにあっけなく死んでしまうものなのか?
Librettoにオリジナルで取り付けられていた256MBのモジュールを取り付けていざ起動。

正常に起動した。。

色々チェックをかけてみても致命的なエラーは出ず,正常そのもの。
原因はメモリか!
学生以来,何回かパソコンを自作したり改造したりすることをやってきましたが,メモリが原因の不具合というケースは初めてです。
下手をすると,本体を修理に出さなければいけないかも,,,と思いかけていただけに,個人で対策の出来るレベルの不具合であったことが分かって,一安心です。

今回故障してしまったメモリモジュールは,大手メーカのリテール品で6年の保証付き。
買って2年以上経っていますが,「クレーム」扱いで交換してもらえます。
デスクトップPCなどでは,値段を安くあげるために保証なしのバルク品などを良くチョイスしたりしていますが,こういう時に長期保証付の正規品って助かるんだよね。
少々高くつきますが,故障時の「保険」と考えると安いかも。

| | コメント (0)

2008年11月 3日 (月)

色々と考えた結果。

今まで量販店に何度となく行き,色々製品を見て回ったのですが…ノートPCを買い替える計画は,とりあえず延期とすることにしました。
多少非力ではありますが(特に,1.8インチHDDに起因する転送能力の遅さがきつい,,,),個人的に手持ちのLibrettoとLoox Uに匹敵する使い勝手の良いPCが見つからないので…。
バッテリの交換やシステムの再インストールを行ってリフレッシュをし,最低2年間は使ってあげようと思います。

その代わり?として,デジタルカメラ関係のアクセサリを2点ほど購入しました。
量販店のポイントが結構たまっていたので,現金で支払った額はごく僅か。
特した気分です(笑)

1.キヤノン Media Storage M80
デジタルカメラで撮影したデータのバックアップや画像チェックが行えるストレージビューワ。
エプソンやASKAといったメーカからも類似した製品が出ており,当然それらも候補として考えていたのですが,本機種を選んだ理由は「EOS5Dと同じバッテリ(BP-511)が使いまわせるから」。
旅行などにバッテリの充電器を何種類も持って行くのは結構嵩張ってイヤなもの。
カメラと同じバッテリが使えるのは助かります。
容量も80GBもありますので,サイズの大きいEOS5DのRAWデータも余裕で持って歩けます.

2.EOS5D用の方眼マット
手持ちで撮影をする機会が多いのですが,後で撮ったカットを見てみると アングルが微妙に傾いていたり…
レタッチの時に傾きは直せないことはないのですが,やはりファインダーを覗いた時に水平出しは正確に行いたいもの。
こういうマットが使えるのは,やはり助かります。

| | コメント (0)

2008年11月 1日 (土)

ホンマに堪忍してや、、、。

体調が最悪だというのに、本日も絶賛終電帰宅です。ええ…(泣)
最近、「時間軸」なる言葉を社内でお題目のように唱えるマネージメントが多いのですが、「行き当たりばったり」という言葉と間違えているんじゃない?と思いたい今日この頃。
思い出したように突然降ってくる資料作成の指示に朝から晩まで振り回されっぱなし。
おかげさまで、プライベートな事がまるで出来ません(怒)
自分の所属は管理部門なので、やっている業務自体に「お金」を生み出すものは何も無い。
ExcelとAccessをいじくっているだけでお金貰えるなんて、営業時代の自分から見たら 何てつまらない事やっているんだろう という感想しか持てないのですが…おかげさまで?Officeの使い方はここ半年の間でかなり上達しました。嬉しい事やら、悲しいことやら、、、(苦笑)

明日(というか、もう「今日」だ…)から3日間、連休。
秋の色を味わいに?どこかに行きたい所ですが…天気は良いんでしょうか。
ここの所、天気が不安定で雨になりがちなので、ちょっと心配。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »