« 身はたとい武蔵の野辺に朽ちぬとも。(松陰神社)2 | トップページ | とりあえず,今回はお開き という事で。 »

2008年10月13日 (月)

名門・井伊家の菩提寺(豪徳寺)

寄り道を繰り返していたら,いつの間にか夕方に。
秋になって,めっきりと陽が落ちるのが早くなりましたので,今回は豪徳寺の周辺までで”お開き”となってしまうでしょうか…。

一匹の飼い猫が縁で(所謂”招き猫”の伝説),名門の大名・彦根 井伊家の菩提寺となった豪徳寺。
前述の吉田松陰を「安政の大獄」で弾圧・処刑して 後に水戸浪士に桜田門外で殺害される 大老・井伊直弼の墓もここにあります。
弾圧した側と弾圧された側が直線距離でほど近い場所に葬られているというのも 何かの奇妙な縁かもしれませんが,現在NHKの大河ドラマで放映されている「篤姫(天璋院)」の時代の一部を味わうことができます。

譜代大名の菩提寺だけあって,佇まいも立派。
近年,立派な木造の三重の塔が建立されるなど,新しい動きも見られます。
余談になりますが,ここを訪れた方,この三重の塔をよーくご覧になってみてください。
ちょっと面白いものが彫られているのです(笑)

13100812 13100813 13100814 13100815 13100816

|

« 身はたとい武蔵の野辺に朽ちぬとも。(松陰神社)2 | トップページ | とりあえず,今回はお開き という事で。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身はたとい武蔵の野辺に朽ちぬとも。(松陰神社)2 | トップページ | とりあえず,今回はお開き という事で。 »