« PCの熱対策。 | トップページ | LibrettoU100が… »

2008年8月21日 (木)

「ベストな答え」は、意外なモノから。

先月にEIZOのワイドモニターを導入した 自宅のPCですが、ケーブルの質が悪いのか、それとも 信号線の中間に接続しているPC切り替え器で信号が劣化しているのか… アイコンなどの縁などに浮き出るゴーストが気になって仕方が無い。
「高解像度対応」などを謳った市販のケーブルをいくつか買って変えてはみたものの 全体としての画質はさほど変わらず、これは思い切ってDVIデジタル接続を入れなければダメか、、、と諦めかけていたところ、意外なモノでこの問題があっさりと解決してしまいました。
答えは、「オフィスで以前使用していた液晶モニタに標準で添付されていたVGAケーブル」。
見た目は安っぽく何処にでも転がっていそうな感じの、本当に何の変哲もないケーブルなのですが、これで接続してみると、あれだけ対策で苦しんでいたゴーストがあっさりと消えてしまった。
ノイズも全くなく、画質も 今までテストしてきたケーブルの中で一番「ベスト」でした。
今まで このケーブルに結構お金をかけてきて全然ダメだったのに、これがこんなにもあっけなく、しかもお金をかけずに解決してしまったのですから、いままでの無駄なコストと努力は一体、、、という感じです。
「価格の高低は、必ずしも品質を反映したものに非ず」とは良く言われますが、こういう事があると、一般ユーザとしては判断する基準をどう置いたらいいのか 迷ってしまうと思うのですが…

|

« PCの熱対策。 | トップページ | LibrettoU100が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCの熱対策。 | トップページ | LibrettoU100が… »