« SL乗り鉄、再び。 | トップページ | 秩父・乗り鉄紀行(2) »

2008年7月15日 (火)

秩父・乗り鉄紀行(1)

渋谷駅の東横線改札口から,一日は始まりました。
友人たちと9時ちょっと前に待ち合わせの上,東京メトロ・副都心線から西武池袋線直通の急行へ乗って,飯能駅へ。
今まではJRへ乗り換えを一々していたものが 乗り換えなしでここまで来れるようになったのですから,本当 便利になったものです。
将来的には,東横線の車両も副都心線に乗り入れるようになるので…ひょっとすると,自分の利用駅である都立大学から飯能まで 一本で来られるようになるかも?
(何処かで運行が乱れると,全線のダイヤが悲惨なことになってしまいそうですが,,,)

ホームで待つこと10分あまり,飯能から西武秩父まで行く専用の列車(4000系)がホームへ滑り込んできました。
2週間前に乗った東武の快速用列車と同じ,ボックスシートの2ドア車。西武秩父線は秩父方面への「観光用路線」としての側面も持っていますので,こういうシチュエーションが大いに旅情(?)をかき立ててくれます。

やがて,出発。
山肌を縫い,ある時は長い随道を抜け…列車は次第に高度を上げながら,山里深い場所を走って行きます。
埼玉というと 東京に程近い都会的な場所を想像しがちですが,秩父の方までくると まるで別世界のよう。
梅雨時にしては日差しが珍しく強い日なので,新緑が目に眩しいです。

一時間ちょっとして,今回のメインである 秩父鉄道との乗換駅・西武秩父駅に到着。
乗り換えの時間までまだ余裕がありましたので,駅前の食堂で昼食を摂りつつ しばし休憩。
みやげ物店で家族への土産物を買ったり 列車の中でつまむ食べ物を買ったりしながら 秩父鉄道の御花畑駅へと移動しました。

-----

*さて,写真入りのレポートは,丁度ここから始まります。
何故ここまで写真を一枚も撮らなかったのか? と言われそうですが…友人と「鉄談義」で盛り上がってしまって シャッター押すのを忘れてしまったから(笑)
「撮り鉄」的に勿体無い!といわれそうですが… ’真打ち’はこれからやってきますからね。

1307081御花畑駅にて

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO200, f9.0, Δ0Ev, 手持ち撮影

東武伊勢崎線を使って工場へ出張する時,必ず羽生(はにゅう)駅で目にする秩父鉄道の車両。
実際に乗るのは,今回が初めてです。
昔ながらの懐かしい光景がそのまま残る駅舎といい,良い意味で「昭和の雰囲気」があちこちに。
当初の予定では,寄居まで行った後 東武東上線に乗り換える予定でしたが,この日は秩父鉄道の所有するSL・C58 363号機が「パレオエクスプレス」として走るということを聞き,また この列車に余裕をもって乗車できることから,大幅に予定を変更して始点の三峰口駅からこのSL列車に乗ることにしました。
乗継駅である御花畑から「行って戻る」形になりますが,これもまた 「乗り鉄」ならではの愉しみですね。

1307082

御花畑駅にて

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO200, f8.0, Δ0Ev, 手持ち撮影,トリミング

 

 

御花畑から三峰口までは,今となっては旧国鉄101系の貴重な生き残りである1000系電車のお世話?になりました。
一部冷房改造されてはいますが,登場当時の原型をほぼとどめるその姿。よくぞ今まで,という感じです。
数十年前にタイムスリップしたかのような味わい深い(?)三峰口の駅舎と一緒に,記念撮影。

1307083三峰口駅にて

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO200, f9.0, Δ-1Ev, 手持ち撮影

1307084 三峰口駅にて(1000系 秩父鉄道オリジナル塗色)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO200, f10.0, Δ+1/3Ev, 手持ち撮影

1307085

三峰口駅駅舎

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO200, f10.0, Δ-1/3Ev, 手持ち撮影

三峰口駅構内の奥では,今回の主役・C58が次の仕業のための準備を既に終え,客車連結に際して「機回し」を行おうとしている所でした。
次回のエントリは,このC58の機回しの模様をご紹介しようと思います。

|

« SL乗り鉄、再び。 | トップページ | 秩父・乗り鉄紀行(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SL乗り鉄、再び。 | トップページ | 秩父・乗り鉄紀行(2) »