« 京都・桜スナップ(13)・祇園界隈 | トップページ | ご無沙汰していました »

2008年4月24日 (木)

老朽化の兆し?

先日 毎月恒例?の皮膚科の診察を受けた際に血液検査をやったのですが,何と尿酸値が高いとの結果が。 まさか,この歳で痛風ですか?(泣)

父親が痛風で,遺伝的に自分もなる可能性はあったのですが… それより 不規則 かつ不安定な食生活が原因になっている可能性も。
年齢的に そろそろ 身体的な衰えが来る頃でもあるので,気をつけないといけないな…。
あと,深夜労働とPCに噛り付きっ放し という最悪のパターンから早く脱却しないと!
(あとは,身体を動かすことですよね,,,)
あぁ,,,めっきりと老け込んだ気分…(ーー;)

|

« 京都・桜スナップ(13)・祇園界隈 | トップページ | ご無沙汰していました »

コメント

DCD-CX3で検索して引っかかったので時々拝見しているのですが・・・。
尿酸レベルの件は医者にかかれば安心かも。経験上コントロール可能なの
で、大して気にすることもないかと思います。私は20代から尿酸がハイレ
ベルで---もっと他のことでハイレベルならいいのに---、40歳過ぎた頃に
通風の発作が出ましたが、医者にかかって薬を飲んでいると全く問題あり
ません。(そこそこ飲酒して6mg/dL前後を維持。ビールは控えてます。
今日はワイン1本飲んじゃいました。)
ところでDCD-CX3はどうなりました?(笑)

投稿: うふ | 2008年4月30日 (水) 00時46分

うふ様

はじめまして!ここの過疎ブログの管理人をしております よしひろと申します。
(お返事が遅れまして,申し訳ありません,,)
尿酸の件,結果を聞いた時には目の前が真っ暗になりましたが,まだ 薬に走るほどの程度では無いようです。
自分は それ程お酒を飲む方では無く,またそれ程過度の暴飲暴食をするタイプでは無いので,大丈夫かと思っていたのですが…やはり ダメですね。

DCD-CX3の件ですが,今年の1月末に購入しまして,ヘッドフォン(スタックスSRS-2050)主体に使用しています。
クラシックにジャズ,ポピュラー…と満遍なくジャンルを聞く私にとっては,変な味付けの無い機械の方が良いと思い,色々比較視聴して この機種に決めたのですが,ラックスのD-N100も甲乙つけ難く 最後の最後までかなり悩みました。
外観の質感といい,個人的には申し分の無い機種だと思いますが,従来のデノンサウンドからすると 少し腰の高めな感じのする音かな?
私は今までDCD-1650SRを使って来ましたが,他のデノンファンの方がどのような評価をしているのか 気になるところです。
ちなみに,アンプとスピーカは自作。学生の時に大枚はたいて製作した300Bのシングルアンプ+フォステクスF120A+FT7RPですが,これで聞くジャズのボーカルは最高ですよ!

投稿: よしひろ | 2008年5月 4日 (日) 21時11分

よしひろ様
血中尿酸レベルは体質(遺伝?)の要素も大きいみたいです。私は、今よりず~っと健康的な生活をしていた20うん年前からハイレベルですし(自慢にはならん!)、通風発作が出てから食生活にかなり気を配ってもさっぱり下がりませんでした。

DCD-CX3の件、催促してしまってすみません。
私はちょっと早く、1月初旬に、大きさ(小ささ)最優先で、そこそこのクラス&ほどほどの価格ということで試聴もせずに購入しました。こういう選択基準だとほとんど対抗馬がありませんね。従来のデノンサウンドというのがどういうものか私には分かりませんが、あまり癖がなくクリアな音が気に入っています。ひとによってはちょっと硬めな音と感じるかもしれませんね。不満な点は表示モード(トラック番号とか曲の進行時間)が固定できないことくらいです。あと、やけに熱くなりませんか?---電源入れて2-3時間放置するだけでもいい湯加減くらいの温度になります。spa
私は、リスニングの方は9割以上ヘッドホンで、ヘッドホンアンプ2台とヘッドホン5台ほどを使っています。

投稿: うふ | 2008年5月 8日 (木) 23時07分

うふ様

血液検査した際に,先生の方からも「体質的」の様な事を言われまして,これとどう付き合って行くべきか まだ正直わからないのですが…
とりあえずは「様子見」という所ですが,リスクを減らす努力をした方が(それも今から)良いに越したことは無さそうですね。

DCD-CX3,この機種を選んだ理由の一つが うふ様と同じく 「省スペースだから」というものでした。
(とにかく,収納スペースが無いもので;)
これと似たサイズのものを探そうとすると,ミニコンポを除けば ラックスで1機種,海外のもので数機種…とかなり限られてしまいますが,それぞれに魅力があり,最後の最後まで悩みました。
トータル的な質感と,個人的に使用実績のある 重心が低くて密度の高い「デノンサウンド」を買って(?)最終的にCX3に決めました。
しかし,うふ様のおっしゃるように,この機種 天板が凄く熱くなりますね。フルサイズコンポと比べると 中の実装密度が高くなるために仕方の無い所なのでしょうが(天板がアルミなのは,放熱器として機能させるためなのかも知れません),そんなに電力を使用しない たかがCDプレーヤで何故こんなに??と,ちょっと不思議な所ではあります(笑)

ヘッドフォン,どういった機種をお使いなんですか?
私も帰宅が深夜になることが多くなってきた昨今,リスニングのメインはヘッドフォンになりそうな感じなので…。

投稿: よしひろ | 2008年5月12日 (月) 13時03分

よしひろ様

なんかタイトルと離れつつありますが(笑)。

DCD-CX3、やっぱり熱すぎですよねsun。サイズが小さいこともあるでしょうが、さらに消費電力が22Wと、DCD-1650AE(20W)よりも大きいんですね。DCD-1500AEは16W。体積あたりの消費電力(密度)はDCD-1650AEの約2.9倍、DCD-1500AEの約3.7倍にもなります。これから暑くなってくるので放熱に気を配らないといけないですね。

ヘッドホンがメインなのでヘッドホンにはある程度投資しています。
よく使う順で、
 AKG K701 :メイン1
 beyerdynamic DT880(旧タイプ) :メイン2
 audio-technica ATH-A900Ti :気分転換に
 Sennheiser HD595
 Sony MDR-F1 :夏専用
その他にSonyのを1台持っていますがほとんど使っていません。
スピーカーと比べると比較的安価で場所もとらないので、ついつい数が増え気味です。世間(2ちゃんねる)ではヘッドホンスパイラルと呼ばれています(苦笑)。ヘッドホンによってかなり音は変わりますし、音楽のジャンルによって相性もありますので、店で試聴された方がよいと思います。ちなみに私が聴くのはボーカル(特に女性POPS、J-POP)、イージーリスニング系?が主で、クラシックではピアノ、チェロなどのシンプルなものです。

ヘッドホンアンプは、
 インターシティ HD-1L :メイン
 Perreaux SXH2
の2台です。

投稿: うふ | 2008年5月14日 (水) 23時09分

うふ様

DCD-CX3は現在 積み重ねをせずに単独で設置してあるので,とりあえず放熱の心配は無いのですが,将来的に真空管式のバッファ(プリ)アンプを自作して上に置く予定にしているので… 離して設置する為の台を考えないといけなくなるかも知れませんね。
(あまり熱くなると,CD-Rなどに焼いた音源の寿命が気になってしまいます)

ダイナミック型のヘッドフォン,いろんなジャンルを満遍なく聞くことから,モニタ的に使えるものを考えているのですが,バリエーションが結構あって これという一品を選ぶのは大変そうです。
第一候補は,SACDに対応している ソニーの「MDR-SA3000」あたりを考えているのですが,音的な傾向がCX3と合うかどうか…

投稿: よしひろ | 2008年5月16日 (金) 12時55分

よしひろ様

よよよヨっ、実は・・・ほとんど使っていないSonyのヘッドホンというのが・・・MDR-SA3000です(汗)---箱に入れてしまいこんでます。DCD-CX3とのマッチングという点では強めあう組み合わせだと思います。世間の評判は悪くないようですが、私の印象はかなり中高音よりで、いわゆるシャリシャリです。解像度というのか音の切れは非常によいですし、音の広がりや定位もよいので、クラシック、ジャズといった器楽曲ならけっこう相性がよい場合もあると思います。しかし、少なくても女性ボーカル向きではないです。器楽曲でも低音はいまひとつ期待できないかと。接続するアンプにトーンコントロールがあればうまく調整可能かもしれません。装着感は松クラスだと思います。ということで試聴必須モデルですね。
(念のため、ご参考までに、私は年齢相応に高音は13kHzちょっとくらいまでしか聞こえません。)

投稿: うふ | 2008年5月16日 (金) 21時55分

うふ様

あれま、ユーザの方だったんですか(笑)
貴重なレポートを頂きました。
今使っているテクニクスのダイナミック型ヘッドホンもそうなのですが(RP-F880という ドイツで購入したものです)、モノによっては 結構癖のある音を持っているものがありますよね。
それが、たまたま試聴した環境だと聞こえなかったり…
いつも思いますが、スピーカーやヘッドホンなどは本当 「これだ!」と思う一品を選ぶのは難しいと感じます。
それが、オーディオという世界の難しさであり、醍醐味?であると思いますが。

投稿: よしひろ | 2008年5月18日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都・桜スナップ(13)・祇園界隈 | トップページ | ご無沙汰していました »