« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月24日 (木)

老朽化の兆し?

先日 毎月恒例?の皮膚科の診察を受けた際に血液検査をやったのですが,何と尿酸値が高いとの結果が。 まさか,この歳で痛風ですか?(泣)

父親が痛風で,遺伝的に自分もなる可能性はあったのですが… それより 不規則 かつ不安定な食生活が原因になっている可能性も。
年齢的に そろそろ 身体的な衰えが来る頃でもあるので,気をつけないといけないな…。
あと,深夜労働とPCに噛り付きっ放し という最悪のパターンから早く脱却しないと!
(あとは,身体を動かすことですよね,,,)
あぁ,,,めっきりと老け込んだ気分…(ーー;)

| | コメント (8)

2008年4月19日 (土)

京都・桜スナップ(13)・祇園界隈

今まで 2週間に渡って続けてきた 「京都・桜スナップ」シリーズ,今日で最終回とさせて頂きます。
たった半日の滞在でしたが,振り返ってみると実に内容の濃い滞在だったな,と。
また,全てにおいて最良の条件に恵まれたのも幸運でした。

さて,今回の撮影旅行の最後は,祇園の「ねねの道」界隈を散歩。
ライトアップされ浮かび上がる満開の桜が,幻想的で綺麗でした。

1804081祇園(ねねの道)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO200, f11, Δ-1.1/3Ev,

1804082祇園(ねねの道)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO200, f11, Δ-1.1/3Ev,

1804083圓徳院(祇園)

Canon EOS5D + Canon EF17-40mm f4L USM
M/AF, ISO400, f5.6, 1/8Sec.

1804084祇園(ねねの道)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
M/AF, ISO400, f5.6, 1/8Sec.

1804085祇園(ねねの道)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
M/AF, ISO400, f5.6, 1/8Sec.

 

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

京都・桜スナップ(12)・円山公園

あれだけ 首を長くして待ち焦がれた京都の桜めぐりも,いよいよフィナーレ間近。
日帰りと言う,実に慌しい?スケジュールなのにもかかわらず それでも非常に満足の行く一日だったと思います。

さて,’桜のトンネル’を後にし,嵐電の終点・「四条大宮」駅からバスで 祇園方面へ。
八坂神社を抜け 祇園へ至る 桜の夕景を収めておきたかったのです。
交通渋滞もあり,所定の停留所に到着したのは バスに乗ってから約40分後。時間的に結構なロスです。
やはり,電車で移動した方が良かったかな…?(ーー;)
しかし,八坂さんを越え 円山公園の有名な枝垂桜の前に来た時,振り返ってみて 思わずため息が出そうな光景に丁度 遭遇できたことに気が付きました。
こんなに見事な夕焼けを見たのって,本当 久しぶりだなぁ。

1704081円山公園の枝垂桜

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ-1.1/3Ev,

1704082祇園・龍池山大雲院付近にて

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ-1.1/3Ev,

1704083祇園・龍池山大雲院付近にて

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ-1.1/3Ev,

 

| | コメント (0)

2008年4月16日 (水)

京都・桜スナップ(11)・嵐電北野線’桜のトンネル’

龍安寺を見終わった後,京都駅まで戻ろうと再び嵐電北野線に乗り,運転席から何となく前を見ていた所。
その風景は,突然に目の前に現れたのでした。

1604086嵐電北野線’桜のトンネル’

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f9.0, Δ0Ev,

桜の雲海をかき分けるようにして進んで行く電車。
思いもかけず,また素晴らしい風景に出会ってしまいました。
という訳で,ここで予定を変更し 途中下車。

1604087嵐電北野線’桜のトンネル’

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f9.0, Δ+1/3Ev,

ここが,’桜のトンネル’と言われる 花見の名所と知ったのは,撮影ポイントへ行ってから。
夜間は鮮やかにライトアップされるそうですが,残念ながら 今回は時間がありません…。

1604088嵐電北野線’桜のトンネル’

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
M/MF, ISO100, f5.6, 1/320Sec., トリミング
 

 

 

1604089嵐電北野線’桜のトンネル’

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
M/MF, ISO100, f7.1, 1/320Sec., トリミング
 

 

 

| | コメント (2)

京都・桜スナップ(10)・龍安寺

嵐山を歩き回った後 嵐電で来た道を戻り,龍安寺へ。
有名な「石庭」に桜があったのを思い出して,どうしてもそのカットを押さえておきたかったのです。
よく言えば「気まぐれ」,悪く言えば「行き当たりばったり」。
自分の京都旅行スタイルなのですが,こんなのも意外と面白いものです。
意外なものにばったりと出会えたりしますからね(笑)

行ってみると,石庭を彩る桜は今がピーク。読みが当たった!
石庭の真中にほんのり赤く浮かび上がる枝垂桜が,大変に色っぽく見えました。
贅沢を言うと,曇りの日で少し暗めの条件が良かったかな。 重厚な感じがもっと良く出せたかな,と思うのですが。

1604081龍安寺(石庭)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ0Ev, C-PL使用

1604082龍安寺(石庭)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f10.0, Δ0Ev, C-PL使用

1604083龍安寺(石庭)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ-1/3Ev, C-PL使用

石庭を出て,境内にある広大な池「鏡容池(きょうようち)」をグルッと一周。
残念ながら,池は改修中のようで 水が殆どありませんでしたが,池を囲むように植えられている 満開の桜を満喫。

1604084龍安寺(鏡容池)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f13, Δ0Ev, C-PL使用

1604085龍安寺(鏡容池)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ+1/3Ev, C-PL使用

 

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火)

京都・桜スナップ(9)・嵐山周辺

天龍寺を後にし,竹薮をくぐって常寂光寺までの間を暫し散歩。
秋の紅葉の季節にも来た場所ですが(過去のエントリを参照ください),あの時の喧騒が打って変わって静寂そのもの。
見るべき桜が無いのか?と言われればそんなことは全く無く,常寂光寺では見事な枝振りの枝垂桜の豪快な咲きっぷりを愉しむ事が出来ました。

1504081嵐山周辺

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f13, Δ+2/3Ev, C-PL使用

1504082常寂光寺の枝垂れ桜

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f13, Δ+2/3Ev, C-PL使用

 

| | コメント (0)

京都・桜スナップ(8)・天龍寺(ii

天龍寺境内でのカットの続き。
何処を見回してみても,春爛漫でした。

1404086天龍寺

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f13, Δ+1/3Ev, C-PL使用

1404087天龍寺

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ+2/3Ev, C-PL使用

1404088天龍寺

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ+1/3Ev, C-PL使用

 

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

京都・桜スナップ(7)・天龍寺(i

退蔵院でのカットを一通り収めたあと,再び嵐電に乗り,終点の嵐山へ。
天龍寺をはじめとする 嵐山周辺の桜のカットを撮っておきたかったので。

観光スポットとしては余りにも「スタンダード」な天龍寺ですが,春の桜,秋の紅葉はやはり 風景スナッパーとしてはやはり外せぬ所でありますので。
今回桜のシーズンに訪れるのは初めてでしたが,境内に植わっている桜の見事な咲きっぷりに暫し 見とれました。

1404081天龍寺

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ+1/3Ev, C-PL使用

1404082天龍寺

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f13, Δ-1/3Ev, C-PL使用

1404083天龍寺

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f13, Δ+1/3Ev, C-PL使用

1404084天龍寺

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ+1/3Ev, C-PL使用

1404085天龍寺

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f13, Δ+1/3Ev, C-PL使用

 

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

京都・桜スナップ(6)・妙心寺退蔵院(余香苑)

暫し 平野神社でのスナップを楽しんだ後,嵐電北野線に乗って,「妙心寺」へ。
紅葉のシーズンを含め 何度か来ている塔頭・「退蔵院」の名庭園「余香苑」の枝垂桜を見に行くのです。
Webサイトでの開花予想はかなり遅めだったので,果たして見頃になっているか… しかし,実際に行って見ると 心配は無用でした。
枝垂桜の流れるような咲きっぷりを十二分に堪能することができました。
 
ここの庭園,予約者のみ 夜間のライトアップ公開を行っているようですが…幻想的でさぞかし綺麗なんだろうなぁ。
今回は時間が無く,涙を呑んで諦めますが…是非とも一回は!
 
1304081妙心寺(塔頭名不詳)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ+2/3Ev,

1304082妙心寺(退蔵院)・枯山水庭園

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ0Ev, 現像時に露光微調整

1304083妙心寺(退蔵院)・枯山水庭園

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f4.5, Δ0Ev,

1304084妙心寺(退蔵院)・余香苑庭園

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ0Ev, 現像時に露光微調整

1304085妙心寺(退蔵院)・枯山水庭園

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ+1/3Ev, C-PL使用

| | コメント (0)

2008年4月11日 (金)

京都・桜スナップ(5)・平野神社(ii

平野神社でのカット,第二弾です。
そういえばこの神社,変わった品種の桜がたくさんあることでも有名。
それぞれ 違った魅力があって,ちょっとした桜の博覧会のようです。
 
1104081平野神社

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f5.6, Δ+1/3Ev, 現像の際に露光微調整

1104082平野神社

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f8.0, Δ+1/3Ev,

1104083平野神社

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ+2/3Ev,

1104084平野神社

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f14, Δ+1/3Ev,

1104085平野神社

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f14, Δ+1/3Ev,

1104086平野神社

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ0Ev, 現像の際に露光微調整

 

| | コメント (0)

2008年4月 9日 (水)

京都・桜スナップ(4)・平野神社(i

一通り哲学の道を回った後,道を一旦引き返し そこからタクシーで嵐電「北野白梅町」近くの平野神社へ。
時間があれば,高いタクシーなど使わず 路面電車に揺られて…と行きたい所ですが,今回はゆっくりと移動している時間がない。効率を優先した訳です。
 
さて,この平野神社,自分がここを訪れるのは初めてのこと。
以前からここは,京都の風景撮影の第一人者・水野克比古(みずの・かつひこ)氏の写真集などで知っており,桜のシーズンには是非…と思っていたのですが,今年 やっと訪れることが叶いました。
一面 桜・桜・桜…桜尽くしの境内は,写真で見たそれとはまた異なる’彩’を湛えていて壮観でした。
ここのカットはじっくりとご紹介したいため,2パートに分けてのご紹介とさせていただきます。
 
1004081平野神社

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ+1/3Ev, 現像の際に露光微調整

1004082平野神社

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f5.6, Δ-1/3Ev,
 

 

 

1004083平野神社

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ+1Ev, 現像の際に露光微調整

1004084平野神社

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ+1/3Ev, 現像の際に露光微調整
 

 

 

1004085平野神社

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f5.6, Δ0Ev,

| | コメント (2)

京都・桜スナップ(3):哲学の道

暫く 境内での桜スナップを愉しんだ後,永観堂をかすめながら 「哲学の道」へ。
昨年も 同じシーズンにここを訪れていますが,その時は肝心の桜が咲き切っておらず,大変寂しい思いをしたものですが…

0904081哲学の道(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f14, Δ+1/3Ev,

0904082哲学の道(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ+1/3Ev,

0904083哲学の道(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ+1/3Ev,

今年は,幸運にも満開のタイミングに遭遇することが出来たようです。
両岸をコンクリートで固められ 普段は無機質な感じが否めない小川も,桜の花霞が加わると 全然見え方が違ってくる。不思議なものです。

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

京都・桜スナップ(2):南禅寺境内

見事な枝垂桜を横に見ながら,南禅寺の境内へ。
山門近辺は特に桜の花が多く,建物を入れ込んで撮影すると味わい深い?カットが撮れます。
…そう言えば,昨今の京都観光ブームの立役者(特に関東圏では)である JR東海「そうだ 京都,行こう。」キャンペーンのポスター,今年は南禅寺山門でしたね。

0804081南禅寺山門(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f13, Δ+1/3Ev,

0804082南禅寺境内(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f13, Δ0Ev,

0804083南禅寺境内(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ0Ev(現像の際の微調整あり)

0804084南禅寺境内(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ0Ev(現像の際の微調整あり)

0804085南禅寺境内(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ0Ev

 

| | コメント (0)

京都・桜スナップ(1):蹴上~南禅寺山門

さて,六日の京都桜スナップの模様,記憶が鮮明なうちに 書き記しておきたいと思います。
あまりグズグズしていると,感動も過去のものになってしまいますからね。

8時10分頃 京都駅に到着した後すぐ地下鉄に乗り継ぎ,まずは花見の’定番’蹴上インクライン界隈へ。
昨年も来た場所ですが,その時はシーズンを外してしまい,肝心の桜は5部咲き程度の寂しい状態…
今回は,きっと満開でいてくれるはずです。

0704081蹴上インクライン(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ+1/3Ev,

0704082蹴上インクライン(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ+1/3Ev,

期待の桜は,まさに丁度満開。
今までずっと待ち望んでいながらも,見る事叶わなかったシーンに,やっと 出会うことが出来ました。
おまけに,雲一つない快晴なんて,何て幸運なんだろう!

インクライン界隈を一通り眺めた後 南禅寺方面へ。
道すがら,あちらこちらで見られた 「身近な春の色」をスナップで愉しみました。
生活に寄り添って咲いている花も,敢えて人工のものを入れ込んで写してみると 思いの他引き立って見えるのが不思議。
京都では特にそう感じるのですが,自分の「贔屓」なんでしょうか。

0704083蹴上(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f11, Δ+1/3Ev,

0704084南禅寺山門入口にて(東山)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f14, Δ+1/3Ev,

次回は,南禅寺の境内のカットをご紹介します。

| | コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

「つかの間の夢」からの帰還。

朝6時の始発の新幹線に乗り,ほぼ半日歩き通し…何処か 夢の世界にいるような感覚がまだ抜けずにいます。
という訳で,桜のシーズン真っ只中の京都から帰ってきました!

当初,EOS Kiss DXでのお気楽散歩になるかも…と言いましたが,やはり折角行く桜の京都…やはり妥協はしたくない!…と言うことで 今回 思い直してEOS5D+EF24-105mm f4L ISの組み合わせを持ってゆくことにしました。
振り返ってみると,このコンビで大正解だったと思います。
画質もさることながら,通常 手持ちでは不可能な条件でもバシバシモノに出来てしまうのは大変有難い。
三脚が使える場所がどんどん限られてきている昨今,こういった「手ぶれ補正(IS)」機能が備わっているレンズは,是非積極的に使って行きたいところです。

今回,廻った場所は,順に

1)南禅寺
2)哲学の道
3)平野神社(北野白梅町にある,桜の神社)
4)妙心寺退蔵院(余香苑)
5)天龍寺
6)嵐山周辺 及び常寂光寺
7)龍安寺(石庭 及び 周辺)
8)嵐電 ”桜のトンネル”
9)八坂神社 及び 円山公園
10)圓徳院 及び 祇園周辺

…よく,半日でこんなに廻れたものだ(苦笑)

今回撮ったカットは,全部で約300枚ほど… 全てRAWでの撮影のため,全てご紹介するまでに少し時間がかかるかも知れません。
とりあえず,記念までに 写真を一つペッタン。

0604081石庭(龍安寺)

Canon EOS5D + Canon EF24-105mm f4L IS USM
AE/AF, ISO100, f16, Δ-1/3Ev,

| | コメント (1)

2008年4月 3日 (木)

Windows用Safari

リンゴユーザにはお馴染み SafariのWindows版が出ているのを知ったので,自分のモバイルに入れてみました。
アップルらしい 洗練されたインターフェースがWindowsでも使えるのはうれしい。
フォントも,Macらしく アンチエイリアスが利いてくれるので,目に優しく いい感じ。
動作が軽く 反応が早いのも,嬉しい事実でした。
これを使ってしまうと,何処か野暮ったいIEにはもう戻れないなぁ…

| | コメント (2)

2008年4月 2日 (水)

少しは楽になるかと思ったのに,,,

部署を4月から移り,少しは自分の負荷が減ることを期待していたのですが…減るどころかますます増えてしまう。マジでカンベンしてください,,,(泣)
これで,有休も自由に取れない,土曜は出勤,さらには薄給… 一体,自分は何処にストレスのはけ口を求めたらいいんだ…(ーー;)
こんなに働かせられているんだから,さぞかし生産的な事をやっていると思われているかもしれませんがね,内容はホントどうでもいいような内部文書の作成ばかり。
こんな しょうもない事ばかり実務部隊にやらせているから,いつまで経っても業績が上向かないんだよ この会社は…。
いい加減に気づけ!鈍感な経営陣共め…

スミマセン,思いっきり毒を吐いてみたくなったので,,,

| | コメント (4)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »