« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月28日 (月)

買ったぞ!

自分のカメラコレクションを売ったお金で、念願?のSACD/CDプレーヤーを買いました。
今回買ったのは、デノンの「DCD-CX3」。
昨今のデノン製品らしく、しっかりとした造りは 匡体が小さくても健在。
デザインも実に質が高く、見ていて惚れ惚れとしてしまします。
今日は時間が無く、セットアップして聴く所まで行けませんでしたが…明日が楽しみだ!

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

資産売却,再び。

先日,オーディオに久しぶりに熱が入り始めている事を1/14のエントリで書きましたが,余剰資産(?)で溢れている身の回りを少し整理しなければ…と思い,まず初めにカメラの資産を中心に売却してきました。
今回,売却してきた資産は…

1. Leica M2
2006年10月に ドイツの中古カメラ市で購入したものでしたが,帰国してから 一度も使うことなく死蔵していたので,この機に売却。
カメラ屋の担当者さん曰く,①ファインダークモリ②低速シャッタで完全に幕が広がり切らない という査定マイナス要因があったのですが,以外にも高く引き取ってもらえました。
流石は「腐ってもライカ」ですね。

2. Leitz(Canada) Summilux M35mm f1.4 + フード
スペインに行った際にスナップで使用した,有名な「癖玉」。
レンズの状態そのものには問題はなく,リミット一杯の高価格で引き取ってもらえました。
自分はクラシックレンズ といったものにはあまり拘りがある方ではなく,寧ろ 現代的な性能で実用に耐えるものの方が望ましい と考えますので,今回の放出となりました。
現在,この画角をカバーするMマウントレンズは,「Color-Skopar 35mm f2.5 P2」があり,これをHexar-RFとのコンビネーションで使用していますが,気が向けば,「Leica Summicron 35mm f2 Asph.」若しくは「Carl-Zeiss Biogon 35mm f2」のようなレンズを検討してみようと考えています。

3. Rollei 35
良く コレクションアイテムとして出てくる 有名なコンパクトカメラですが,結局 これも一度も使う機会に恵まれず,,,これも今回放出しました。
露出計 ないし 機構そのものは全く問題無く,これも高く引き取ってもらえました。

4. Sigma 30mm f1.4 EX DC(for Canon)
APS-Cサイズのデジタルカメラ用の短焦点レンズ。
昨年に純正の「EF-S 18-55mm f3.5-5.6 IS」を手に入れたのを機に 死蔵状態となり,これを機会に放出しました。
開放付近で像が甘めなのを除けば レンズメーカ製品らしからぬしっかりとした出来で,個人的には手放すのは惜しいかな…と後ろ髪を引かれたのですが,思い切って放出しました。
状態も問題なく,これもリミット一杯の高価格で引き取ってもらえました。

以上,トータルで 下取り価格は16万円強なり。
デノンのCD/SACDプレーヤ「DCD-CX3」を余裕で買える資金があっという間に出来ちゃった(笑)
既に 部屋を整理して このCDプレーヤを置くだけのスペースは空けてありますので,あとは 購入して設置するだけ。
早速,来週にでも行って来ようと思っています。

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

Ich bin müde, schrecklich müde(疲れたよ、酷く疲れた)

タイトルは、自分の好きなドイツの作曲家・メンデルスゾーンの最期の言葉からの借用なのですが、本当 そう言いたい心境です。

しかし、何ですかねぇ。
現場ラインが必死に窮状を訴えても 全く耳を貸そうとしない者。
全てが行き当たりばったり的で、近視眼的にしか物事を見られない者。
相変わらず意味のない仕事を増やして効率を著しく下げようとする者。
こういう輩を相手に何かアクションを取ろうとするのは、本当 グッタリします。
自分のキャラクタ自体が、あまり 集団行動を好む方ではないだけに、余計 そう思うのかも知れませんが、、、。

憂さ晴らしで、また カンザクラを探しに近場をぶらついてみるかなぁ。
2月に入れば、伊豆の河津桜と菜の花も見ごろになるしな…。

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

オーディオ熱,プチぶり返し。

ここの所,iPod + iTunesで「聞き流す」程度のことしかやっていなかったのですが,ここに来てどういう訳か オーディオ熱がちょっとばかりぶり返しつつありまして(笑) ちょっとずつではありますが,あれこれゴソゴソやっています。

(1)スピーカユニットの取替え+ツイータの追加

ドイツで,英国B&Wの上等なスピーカを手に入れてはいたのですが,自分の部屋は手狭で置くスペースが無い…。
(現在,居間に鎮座中&家族が使用中)
仕方なく,大学生の頃自作したスピーカを使用していたのですが,これに使っているフルレンジユニット・FE127が今一大味で,弦楽器の「すすり泣くような」感じが出ない。
そこで,グレードアップ という事で,FE127と同じメーカ・フォステクスから発売されているハイエンドフルレンジ・「F120A」へ交換してみました。
これにプラスして,高域を延ばすことを目的に 同じフォステクスのリボンツイータ「FT7RP」を1.5μFのコンデンサをかまして接続。

まだ 「馴らし」の段階で,本当の結果はもっと時間が経たないと分からないのでしょうが,それでも 音色の激変ぶりは驚くべきものでした。
ヴァイオリンやフルートといった 艶?の乗った音色がしっかりと表現できているのもポイントの一つで,聞き込んで行けば もっと柔らかい音になって行くかもしれません。

(2)コンデンサヘッドフォンセットの購入

日本が誇るブランド・「スタックス(STAX)」のコンデンサ型ヘッドフォン。
オーディオを始めた時から欲しかったものだったのですが,中々きっかけが掴めず…先日 やっと手に入れることができました。
自分の購入したものは,スタックスのラインアップの中ではエントリークラスになる「SRS-2050」というドライバ+ヘッドフォンのセットですが,それでも一般のダイナミック型と一線を画す 繊細な響きと緻密な音は コンデンサ型ならではのもの。
オーケストラの広大な臨場感なども実に生々しく,今まで何度となく聞いてきたCDがまるで別モノのようです。

この他,CDプレーヤーの購入を考えているのですが(今まで愛用してきたデノンのDCD-1650SRは 家族が居間で使用中なので),設置スペースの都合から 幅が30センチ以下の製品に限られる というかなり難しい選択になりそうで…。
かといって,何処となく子供っぽくて音的に変な味付けをされているミニコンポなどは論外ですので,選ぶとすれば しっかりとした造りをしたオーディオ専業メーカ製のものになるのでしょうが…探してみると これが中々難しい。
色々探してみた中では デノンの「DCD-CX3」かラックスの「D-N100」の何れか ということになるのでしょうが,それぞれ 持ち味があって捨てがたく,これから 店頭でじっくりと品定めをしてみたいと思います。

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

深川・七福神巡り

何か特別なことをするでも無く,一週間 という,うちの会社にしては珍しく長い休みは あっという間に最終日を迎えてしまいました。
あれ程待ち遠しい長期?の休息だったのですが…

さて,今日は天気も良かったので,家族と一緒に 深川(清澄白河)の七福神巡りへと行ってきました。
初詣は何処も込んでいるので 正直 あまり積極的に行こうとは思わないのですが(人込みに酔います,,,),やはり 「新年」というスタートですから。やはり 「験」を担いでおかないとね。

もちろん,道すがら スナップを撮りたかったので,自分はカメラを持参。
ボケ味を優先したかったので,今回はフルサイズのEOS5Dです。
今回撮ったカットの幾つかをご紹介したいと思います。

0601081

富岡八幡宮(恵比寿)

Canon EOS5D + EF24-105mm f4L IS USM
AF/AE, ISO100, f11, Δ0Ev, 手持ち撮影, Silkypix3によるRAW現像

0601082

富岡八幡宮(恵比寿)

Canon EOS5D + EF24-105mm f4L IS USM
AF/AE, ISO100, f10, Δ+1/3Ev, 手持ち撮影, Silkypix3によるRAW現像

0601083

富岡八幡宮(恵比寿)

Canon EOS5D + EF24-105mm f4L IS USM
AF/AE, ISO100, f6.3, Δ+1/3Ev, 手持ち撮影, Silkypix3によるRAW現像

 

 

 

0601084

深川稲荷神社(布袋尊)

Canon EOS5D + EF24-105mm f4L IS USM
AF/AE, ISO100, f10, Δ-2/3Ev, 手持ち撮影, Silkypix3によるRAW現像

 

 

 

0601085

深川神明宮(寿老神)

Canon EOS5D + EF24-105mm f4L IS USM
AF/AE, ISO100, f5.6, Δ-1Ev, 手持ち撮影, Silkypix3によるRAW現像

 

 

 

そう言えば,’毘沙門天’の近くにあったお寺で,冬桜(十月桜でしょうか?)が丁度満開になっているのを見つけました。

0601086

冬桜

Canon EOS5D + EF24-105mm f4L IS USM
AF/AE, ISO100, f5.0, Δ0Ev, 手持ち撮影, Silkypix3によるRAW現像

道端で見つけた,ほんのり春の色。
やがて,梅が咲き始め,そして桜… 待ち遠しい春は,徐々にやってくるのでしょう。

| | コメント (0)

久しぶりの更新になってしまいましたが。

本家サイト(http://homepage2.nifty.com/~yoshi-i2)のギャラリー追加を行いました。
一昨年のGW, 大学時代の友人・S君の旅行に合流させてもらう形で行ったバルセロナ観光の際に撮ったカットです。
この時の自分にしては珍しく(?) ポジとモノクロによる銀塩がメイン。 デジタル(GR)は補助で使用しています。

当時撮ったカットを 今回改めて見返してみましたが,やはり 銀塩フィルムの持つ「味」って良いと思った次第。
デジタルって撮ったその場で見られるし,また すぐに加工→アップが可能なので,ブログ更新の時など 大変便利なのですが,上がってきた「絵」を見ると 何処か物足りない。
その理由を上手く 簡潔に説明できないのがもどかしいのですが,,,

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

ぎりぎりまでバタバタしていた所為で,何も更新するネタを作れないまま 新年を迎えることに…。
年末の忙しさというのは何とも嫌なものです。

今年も,公私共々色々ありそうな予感ではありますが,変わらぬお付き合いの程 宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »