« 再び、日常へ。 | トップページ | あっという間に9月(汗) »

2007年8月19日 (日)

超低コストなノートPCクーラー。

持ち歩き用のPCとして、去年の5月 日本へ戻ってきた際に東芝の「Libretto」を購入し 使っているのですが、こいつが少々問題があって…
恐らく、ほかのメーカーのノートPCでも同じ問題を抱えているとは思うのですが、筐体の冷却・放熱が足りていないのか、手で持てない位に熱くなってしまう。
CPUの放熱フィン上にファンは付いているようですが、能力が充分ではないのか 酷いときには常時動作しっぱなしの時もあります。
それだけで済めばいいのですが、この猛暑の時期。過熱して動作が不安定になるは、エラーを連発するわで往生し…。 すぐに逆上せ上がってしまうLibrettoくんが余りに気の毒なので、何か冷却を補助できるものを…と思って 色々探し回ってみたのですが、「ミニPC」という特殊なカテゴリに属するLibrettoにピッタリのモノが無い。

色々(無い)知恵を絞ってみた結果、PCマニアにはお馴染みのファンモータユニット(デスクトップPCの電源ユニットにくっ付いて回転して風を送っているアレです)を使って超簡単な補助送風ユニットを作ってみる事にしました。
部品の入手は、秋葉原の総武線沿いにある「ラジオデパート」で全て事足りました。

1) ACファンモータ... 中国メーカ製(XFAN?)8センチ角、AC100~120V入力、リード付
2) ファン用フィンガーガード
3) AC100V用プラグ
4) フィンガーガード固定用ビス・ナット若干

以上の材料費は、税込みで1300円程。
組み立てそのものはねじ回し一本だけで簡単に組み上がり、作業時間そのものもたった五分ほど(!)。
使い方も非常に単純で、下の写真のように、ファンの送風側をPCに向けて置くだけ。
1808071 ヒネリのない意匠ながらも効果は絶大で、過熱による動作異常も何処へやら、非常に安定して動いてくれています。
音も大変静かで、また 長時間の連続稼動も保証の範囲内なので USB接続のおもちゃの扇風機などと比較しても安心して使えます。
ノートPCの過熱による動作異常に悩んでおられる方は、試されてみては如何?

|

« 再び、日常へ。 | トップページ | あっという間に9月(汗) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び、日常へ。 | トップページ | あっという間に9月(汗) »