« 早春の薫(大倉山公園梅園) | トップページ | 大倉山梅園にて(中判カメラによる撮影) »

2007年2月 6日 (火)

……(脱力)

…結局、予想した通りの結果になってしまいました。
こんなにも、この人物との冷静で理論的な議論が難しいなんて… 出席したメンバー一同、会議の後に落ち込んでしまい、その雰囲気はまるで「お通夜」のようでした。

しかし、仮にも部内を取りまとめる役割の「部署長」という立場の人物がこんなにも現状を把握出来ていないとは(把握しようとしない?)…これでいいのか??
あれだけ 我々の深刻な現状を会社の上層部にまで直訴したというのに、それでも、こんな問題人物をヘッドに据え付けたままにしておくとは… 会社の存続を本当に危うくする以外の何物でもないと思うのだが。
親会社の思惑もあったりして、首を簡単に挿げ替えたりできないことは百も承知なのだが、会社の考えていることが全く以って理解できない。
こんな中途半端な状態でダッチロール的な業務運営を強いられるくらいなら、いっそう 破綻してゼロからのスタートとなってくれた方が…

|

« 早春の薫(大倉山公園梅園) | トップページ | 大倉山梅園にて(中判カメラによる撮影) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早春の薫(大倉山公園梅園) | トップページ | 大倉山梅園にて(中判カメラによる撮影) »