« 明けきってしまいましたが、、、 | トップページ | 空いていると思ったのにorz... »

2007年1月 5日 (金)

撮り初め in 鎌倉。

昨年末 何処かへ季節のものを撮りに行こうと思っていたのですが、色々片付けなければいけない事があったりして 結局カメラを持ち出すことさえ叶わず…。
とりあえずひと段落したので、何処かへ撮影に出かけよう…ということで、凡そ半年ぶりに北鎌倉-鎌倉周辺へカメラ片手に行ってきました。
天気も絶好の「撮影日和」で、2007年の「撮り初め」にはもってこいの日でした。

花の綺麗なお寺、それも冬の季節の花が咲いているお寺、ということで、「駆け込み寺」として有名な「東慶寺」、その近くにある「浄智寺」を選んでみましたが、水仙と蝋梅がちょうど見頃。
2005年の末にmeteさんとご一緒した際には、それらはまだほんの咲き始めで数えるほどしかなく、寂しい思いをしたものですが、今年はほぼ例年並のようでホッとしました。

今回は、この二つのお寺で撮影したカット、そして 道すがら撮影したスナップなどを交えて写真をご紹介したいと思います。
カメラは、昨年の11月以来の出番となるEOS20D、レンズは花撮りの定番・「EF 100-400mm f4.5-5.6 L USM」「SIGMA Macro 50mm f2.8 EX DG」「EF 100mm f2.8 Macro USM」「EF 17-40mm f4L USM」の4本。

i) 東慶寺(北鎌倉)

0501071・1月の初めにも関わらず、もみじの紅葉をまだ見ることができた。

Canon EOS20D + EF100-400mm f4.5-5.6L USM
AF / AE(Partial), ISO200, f5.6, Δ-1/3Ev, RAW

0501072・同じく、もみじの紅葉。痛みの少ない箇所を選んで一枚。

Canon EOS20D + EF100-400mm f4.5-5.6L USM
AF / AE(Partial), ISO200, f5.6, Δ-1/3Ev, RAW

0501073・寒い中 健気に咲くカンザクラの花。 毎年咲くのを楽しみにしている花。

Canon EOS20D + EF100-400mm f4.5-5.6L USM
AF / AE(Partial), ISO200, f5.6, Δ-1Ev, RAW, トリミング

0501074・水仙・・・八重咲きのような、ちょっと変わった品種。

Canon EOS20D + EF100mm f2.8 Macro USM
MF / AE(Partial), ISO200, f3.2, Δ+2/3Ev, RAW

0501075・水仙(2)・・・透明感のある花弁が清楚な感じを漂わせる。

Canon EOS20D + EF100mm f2.8 Macro USM
MF / AE(Partial), ISO200, f3.2, Δ+1/3Ev, RAW

 

 

0501076・水仙(3)・・・標準的な日本水仙。

Canon EOS20D + EF100mm f2.8 Macro USM
MF / AE(Partial), ISO200, f3.2, Δ+1/3Ev, RAW

 

 

0501077・蝋梅・・・瓦屋根をバックに。

Canon EOS20D + SIGMA Macro 50mm f2.8 EX DG
AF / AE(Partial), ISO200, f3.2, Δ-1/3Ev, RAW

0501078・蝋梅(2)・・・

Canon EOS20D + SIGMA Macro 50mm f2.8 EX DG
AF / AE(Partial), ISO200, f3.2, Δ-1Ev, RAW

 

 

 

ii)浄智寺 

0501079・蝋梅・・・この蝋梅は黄色が少し強めである。

Canon EOS20D + SIGMA Macro 50mm f2.8 EX DG
AF / AE(Partial), ISO200, f5.6, Δ+1/3Ev, RAW

05010710・もみじの紅葉・・・控えめなもみじの木に近づいて、そっと一枚。

Canon EOS20D + SIGMA Macro 50mm f2.8 EX DG
AF / AE(Partial), ISO200, f2.8, Δ-2/3Ev, RAW

05010711・蝋梅(2)・・・

Canon EOS20D + EF100mm f2.8 Macro USM
AF / AE(Partial), ISO200, f2.8, Δ-2/3Ev, RAW

05010712・蝋梅(3)・・・蝋梅の花の特徴である、透明感のある黄色。
        この透明感を写真で上手く表現することは意外に難しい。
Canon EOS20D + EF100mm f2.8 Macro USM
AF / AE(Partial), ISO200, f2.8, Δ+1/3Ev, RAW

05010713・水仙・・・

Canon EOS20D + EF100mm f2.8 Macro USM
AF / AE(Partial), ISO200, f2.8, Δ+1/3Ev, RAW

05010714 ・水仙(2)・・・

Canon EOS20D + EF100mm f2.8 Macro USM
AF / AE(Partial), ISO200, f2.8, Δ-1/3Ev, RAW

05010715 ・水仙(3)・・・

Canon EOS20D + EF100-400mm f4.5-5.6L USM
AF / AE(Partial), ISO200, f2.8, Δ-1/3Ev, RAW

 

iii)スナップなど その他(鶴岡八幡宮,etc...)

05010716・井戸の手押しポンプ(浄智寺にて)・・・
東京などでも、少し昔まで当たり前のように見ることの出来た井戸の手押しポンプ。
今なお 現役で使用されている姿を見て懐かしさを覚える。

Canon EOS20D + SIGMA Macro 50mm f2.8 EX DG
AF / AE(Partial), ISO200, f2.8, Δ-1・1/3Ev, RAW

 

05010717・石塔(浄智寺)・・・
鎌倉が歴史の舞台として産声をあげてから大凡800年余り。
物言わぬ 無名の歴史の語り部たちは、その存在をさりげなく主張するかのように そこに静かに佇んでいた。
Canon EOS20D + SIGMA Macro 50mm f2.8 EX DG
AF / AE(Partial), ISO400, f2.8, Δ-1・1/3Ev, RAW

05010718・墓所(浄智寺)・・・
古く、苔生した墓石。
主が永遠の棲家としたそこは、不思議な安らぎと静寂に満ちていた。

どうか、今年も穏やかに過ごせます様に-
写真を撮った後、静かに頭を下げた。
Canon EOS20D + SIGMA Macro 50mm f2.8 EX DG
AF / AE(Partial), ISO400, f2.8, Δ-1・1/3Ev, RAW, トリミング

05010719・鋳物の郵便ポスト・・・
長い年月に渡って使い込まれた鋳物の郵便ポスト。
古都・鎌倉の風景に欠かせないものの一つ。

Canon EOS20D + Canon EF100-400mm f4.5-5.6L USM
AF / AE(Partial), ISO200, f4.5, Δ-1・1/3Ev, RAW

05010720・鶴岡八幡宮・舞殿にて(御判行事)
元は、鎌倉武士 出陣の際の「縁起担ぎ」として始まった行事の一つ。

 
Canon EOS20D + Canon EF100-400mm f4.5-5.6L USM
AF / AE(Partial), ISO200, f4.5, Δ-1・2/3Ev, RAW

05010721・鶴岡八幡宮・舞殿にて(御判行事)・2

Canon EOS20D + Canon EF100-400mm f4.5-5.6L USM
AF / AE(Partial), ISO400, f4.5, Δ0Ev, RAW

|

« 明けきってしまいましたが、、、 | トップページ | 空いていると思ったのにorz... »

コメント

花の写真に レンズを4本も持っていかれるのですか
流石ですね~私だと精々2本ですね 変えるのが面倒になってしまって(反省)其の使える範囲の写真しか撮らないのは
勿体かな

投稿: ミツバツツジ | 2007年1月13日 (土) 17時36分

通常、50ミリと100ミリのマクロレンズを持って行けば、大抵の花は撮れてしまうものなのですが、色々と欲が出てしまうもので…気づくと重装備になってしまいます(笑)
でも、この手の撮影で使うレンズは、決まって常連の2-3本ですね。

投稿: Yoshihiro | 2007年1月15日 (月) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明けきってしまいましたが、、、 | トップページ | 空いていると思ったのにorz... »